カテゴリ:未分類( 452 )










肉食獣には有名な会員制&紹介制


大人気焼肉店「新進気鋭」の新店舗でディナー。


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_2225322.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_223460.jpg
















本日のメニューを目の前で。


今日のスペシャル肉は


石越産仙台牛シャトーブリアン


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_22263694.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_22264957.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_22274011.jpg
















新進気鋭特製塩サラダナムル&キムチの盛り合わせ。


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_22283397.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_22284244.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_22285366.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_2229261.jpg
















黒毛和牛のトリュフポルチーニ炙りユッケ。


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_22302193.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_22304434.jpg















厚切り牛タン


こんなに厚切りなのに、めちゃくちゃ柔らかくて美味しい!!


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_22314444.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_22315930.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_22323571.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_22324431.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_2233197.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_22331653.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_22332986.jpg
















島根県産黒毛和牛のハラミサガリ


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_22344470.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_22345924.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_22353453.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_22355177.jpg















石越産仙台牛シャトーブリアン


ジューシーで旨味があり、箸でも切れるほどの柔らかさ!


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_2238499.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_22391057.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_22393767.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_22401479.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_22402471.jpg
















鹿児島県産黒毛和牛フィレはタレで。


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_22411339.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_22413561.jpg















箸休めの無添加の赤雲丹


美味しくて、全く箸休めにならずw。


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_22423248.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_22424236.jpg















みついし和牛
サーロイン焼きすき


これは肉専用にブレンドされた絶品白飯の上に、トリュフ生卵で丼に。


めちゃくちゃ美味しい!!!


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_22433589.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_22452626.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_2245359.jpg















タン塩スープと〆のライム冷麺


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_22465531.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_2247423.jpg
















最後のデザートはジェラート


最高の肉を、一番良い焼き方と食べ方で美味しくいただける最強の焼肉店。


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_22483591.jpg
















by meshi-quest | 2020-07-10 08:08









下丸子にあるの名店「鮨 波づき」。


大将は長年「銀座久兵衛」で修業をされていた方。


下丸子「鮨 波づき」へ行く。_f0232060_21273828.jpg


下丸子「鮨 波づき」へ行く。_f0232060_21274833.jpg















基本はおまかせコース。


まずは、トウモロコシ牛乳豆腐


下丸子「鮨 波づき」へ行く。_f0232060_2129143.jpg


下丸子「鮨 波づき」へ行く。_f0232060_2129177.jpg
















玉子焼きと、赤身中トロ


下丸子「鮨 波づき」へ行く。_f0232060_2130281.jpg


下丸子「鮨 波づき」へ行く。_f0232060_21303766.jpg















の梅煮とのポン酢山かけ。


下丸子「鮨 波づき」へ行く。_f0232060_21324860.jpg


下丸子「鮨 波づき」へ行く。_f0232060_2132565.jpg


下丸子「鮨 波づき」へ行く。_f0232060_21331285.jpg


下丸子「鮨 波づき」へ行く。_f0232060_21335816.jpg
















の脂で炒めた茗荷のサラダと、


太刀魚の山椒西京味噌。


下丸子「鮨 波づき」へ行く。_f0232060_2135937.jpg


下丸子「鮨 波づき」へ行く。_f0232060_21352033.jpg
















枝豆の柔らか煮、


富山の白海老と能登もずく


下丸子「鮨 波づき」へ行く。_f0232060_21363130.jpg


下丸子「鮨 波づき」へ行く。_f0232060_21364360.jpg


下丸子「鮨 波づき」へ行く。_f0232060_21365487.jpg















口直しのワサビシャーベット


下丸子「鮨 波づき」へ行く。_f0232060_21375078.jpg
















あん肝のキャラメリゼと赤だし


下丸子「鮨 波づき」へ行く。_f0232060_21384953.jpg


下丸子「鮨 波づき」へ行く。_f0232060_21385844.jpg


下丸子「鮨 波づき」へ行く。_f0232060_2139628.jpg
















車海老中トロのどぐろ


下丸子「鮨 波づき」へ行く。_f0232060_21403814.jpg


下丸子「鮨 波づき」へ行く。_f0232060_21405294.jpg


下丸子「鮨 波づき」へ行く。_f0232060_21411262.jpg















アスパラとヤングコーンの天ぷら。


下丸子「鮨 波づき」へ行く。_f0232060_2142102.jpg
















アオリイカ


鮎の1本にぎりはなかなか食べられない珍しい一品。


下丸子「鮨 波づき」へ行く。_f0232060_21432920.jpg


下丸子「鮨 波づき」へ行く。_f0232060_21434028.jpg















子持ちシャコつぶ貝


下丸子「鮨 波づき」へ行く。_f0232060_21454719.jpg


下丸子「鮨 波づき」へ行く。_f0232060_21455985.jpg
















雲丹穴子


下丸子「鮨 波づき」へ行く。_f0232060_21473146.jpg


下丸子「鮨 波づき」へ行く。_f0232060_21474221.jpg















〆の汁物は赤だしではなく、炙り鯖のお茶漬け。


下丸子「鮨 波づき」へ行く。_f0232060_2149116.jpg
















ラストの巻物は、鮪MAX追いネギトロ


下丸子「鮨 波づき」へ行く。_f0232060_21504453.jpg















デザートはコーヒープリン


他の鮨屋さんでも食べられない料理も多く、


ボリュームたっぷりで一品料理もにぎりもとても美味しかった!


下丸子「鮨 波づき」へ行く。_f0232060_21542621.jpg











■「鮨 波づき」
https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131716/13214167/











by meshi-quest | 2020-07-09 08:07







いろいろとあって、気がつけば三崎港。


三崎港と言えば名物「三崎のまぐろ」なので、


夕食に地元の鮨屋「鮨処魚音」に立ち寄る。


三崎港の周りにはまぐろをメインとした鮨屋さんや居酒屋がいっぱいあり、


どこがいいのか全く分からないので、なんとなく看板やメニューから直感で決めた。


三浦海岸・三崎港「鮨処魚音」へ行く。_f0232060_12531852.jpg


三浦海岸・三崎港「鮨処魚音」へ行く。_f0232060_12554641.jpg


三浦海岸・三崎港「鮨処魚音」へ行く。_f0232060_12555629.jpg












鮪珍味五点盛り(1600円)を。


まぐろの港ならではの、ここでしか食べられない珍しいものばかり。


鮪卵の煮付け


鮪胃袋酢味噌


鮪ほほ肉ゆっけ風


鮪心臓煮付け


白子茹でぽん酢


食べたことのない希少部位ばかりだったが、


思ったよりクセはなくて、酒の肴の珍味系ではあるけど、食べやすかった。


三浦海岸・三崎港「鮨処魚音」へ行く。_f0232060_1344336.jpg


三浦海岸・三崎港「鮨処魚音」へ行く。_f0232060_1345296.jpg


三浦海岸・三崎港「鮨処魚音」へ行く。_f0232060_135285.jpg


三浦海岸・三崎港「鮨処魚音」へ行く。_f0232060_1351467.jpg













とろメカジキの炙り焼き。


脂乗ってて、すごく美味しい。白飯が食べたくなる味!


三浦海岸・三崎港「鮨処魚音」へ行く。_f0232060_137983.jpg













キンメダイの煮付け。


濃すぎず、薄すぎず、すごく上手に煮付けられてて、さすが港のお鮨屋さん。


三浦海岸・三崎港「鮨処魚音」へ行く。_f0232060_138498.jpg













最後は、魚音にぎり


のいろんな部位と地魚が組み合わさった


いろいろ食べれるお得なにぎり。


8貫で足りるかな・・・と思ってたが、


ここは港のお鮨屋さん、にぎり1つがかなり大きくて(笑)、


鮨大好きな私でも8貫で十分だった。


三浦海岸・三崎港「鮨処魚音」へ行く。_f0232060_13134664.jpg











◼︎「鮨処魚音」
https://tabelog.com/kanagawa/A1406/A140603/14012089/










タグ:
by meshi-quest | 2020-06-13 08:06







食べログ「東京フレンチ」で1位の点数を獲得している、


広尾「長谷川稔」の長谷川シェフがMakuakeのクラファンで展開している


大人気チーズケーキ「Cheesecake HOLIC」。










Makuakeの最高支援額を達成したとのことで、


ようやく我が家にも到着!


すごいフワフワで驚くほど軽い食感のチーズケーキ。


レモンではなく、国産ライムを使ってるのも香りや味に特徴があった。


「Cheesecake HOLIC」のクリームチーズケーキ_f0232060_18374215.jpg


「Cheesecake HOLIC」のクリームチーズケーキ_f0232060_18375887.jpg


「Cheesecake HOLIC」のクリームチーズケーキ_f0232060_18381138.jpg












チーズケーキは結構好きで、


「メシクエ」でもよく出てくるが、色んなところのをいただいててる。


このケーキもとても美味しいチーズケーキだと思うが、


正直1本4500円となると、


総合的にもっと好みで美味しいチーズケーキが他にあるかな。


ケーキは好みもあるから、あくまで個人的に思うこと。


しかし、最近いろんな店でも


クラファンでもコンビニでもチーズケーキを見かけるけど、


チーズケーキブームが来てるのかな・・・。


チーズケーキ好きとしては、


世の中にいっぱい美味しいチーズケーキが出てきてくれるのは超ウェルカム。


「Cheesecake HOLIC」のクリームチーズケーキ_f0232060_18393568.jpg


「Cheesecake HOLIC」のクリームチーズケーキ_f0232060_18394491.jpg










■Cheesecake HOLIC
https://cheesecake-holic.com/












by meshi-quest | 2020-06-06 08:05








肉食獣には有名な会員制&紹介制


大人気焼肉店「新進気鋭」の新店舗にお邪魔してきた。


住所非公開なので、うまく伝えづらいのだが、


元々1号店があって、その2号店が別のエリアにオープンし、そこにお邪魔した。


完全個室で、移動中も他部屋のお客様とは会わない。


コロナの影響もあって、本来数人で使う個室を2人で使わせてもらったので広々。


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_1923681.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_1925124.jpg













本日のラインナップはこんな感じ。


豪華絢爛!!


王様の食卓のようだw。


福島県黒毛和牛ハラミ、シャトーブリアン、タン元、


箱ウニ、黒トリュフなどなど。


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_1972172.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_1973211.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_1974338.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_1975521.jpg













まず1品目は、キムチナムルの盛り合わせ。


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_199657.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_1991713.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_1993738.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_1994931.jpg













2品目は、塩サラダ


上にはパリッパリに胡麻油で揚げたケールが乗ってて、韓国海苔のような風味。


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_19105343.jpg













3品目は、黒トリュフで和えた和牛のタルタル


いい香り!!上には金箔も。


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_1913334.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_19131598.jpg













4品目は、厚切りタン元、登場!!


見た目からして、もう美味しい確定なのだが、本当食べても美味しかった(泣)。


柔らかくて、ジュシーで、最高!!


お肉を一番よく知るお店の方がちゃんとベストで焼いてくれるのもありがたい。


美味しい素晴らしいお肉ほど、素人が焼いたら勿体無いし、お肉に申し訳ないw。


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_19163832.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_19164965.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_1917694.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_19171768.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_19173041.jpg












5品目は、お店イチオシの黒毛和牛ハラミ


「驚くと思います!」と最初に言うだけあって、


ハラミのイメージが変わるほど、驚きの美味しいハラミだった!!


上品で柔らかくて、コクはあるけど、くどくなくて。ああ、幸せ。


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_19205850.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_1922443.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_19221651.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_19222826.jpg













6品目はメニューにはないスペシャルお肉、


福島県黒毛和牛上ミノ


実はあまりミノは得意じゃなくて、たぶん普段だったら食べないのだが、


この上ミノは、ミノと言われないと分からない感じで、


私が感じるミノのクセみたいなものが一切なく、


確実に今まで食べたミノの中のNo.1だった。


この上ミノ自体も相当美味しいミノなのだと思うが、


焼き方もすごく重要だと思うので、やっぱりいいお肉はお店に焼いてもらうのが一番。


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_19245648.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_1925992.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_1925266.jpg













7品目は、黒毛和牛のシャトーブリアン


こんなに大きくて厚いのに、お箸で切れてしまうくらい。


ジューシーでこれもめちゃくちゃ美味しかったなあ・・・。


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_19284745.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_1929611.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_19292261.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_19293711.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_19295034.jpg













8品目は、箸休めと言われた箱ウニ


全く箸が休まらないww。


箸が動きっぱなしで、食べ続けてしまう。


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_19312417.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_19313548.jpg













9品目は、黒毛和牛のフィレをタレで。


これまた美味しいーーーー!!


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_19353043.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_19354325.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_19361191.jpg













10品目は、黒毛和牛の霜降り部分を贅沢な牛丼風に。


ちょうどご飯が食べたくなった時に、キタコレ。


上には黒トリュフ生卵まで。


もう言うことなしの旨さ(号泣)。


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_19393660.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_1939509.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_1940527.jpg


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_19401681.jpg













もうさっきの箱ウニも乗せちゃうぞーーーー。


本日やりきった・・・w。


我が食に一片の悔いなし!!


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_19411139.jpg












11品目はタンなかを使った牛スープ


牛の旨味が溶け出して、白濁してる。


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_11452188.jpg













12品目の〆は、ライム冷麺


すごくさっぱりしてて、ちゅるっと食べれてしまう一品。


冷麺の麺のコシ、硬さ、結構好き。


住所非公開「新進気鋭」へ行く。_f0232060_11464440.jpg










完全個室で、静かで、プライベートが守られ、


美味しいお肉もお店の方が焼いてくれるので安心して食べることに集中できるし、


デートにも大事な商談にも使えそうないいお店。


会員制&紹介制なので気軽にいろんな人にオススメできないけど、


私の友達や知り合いの肉好きには


今後私からぜひ誘って一緒に行くことになりそうな1軒w。












by meshi-quest | 2020-06-01 08:07







甲殻類をこよなく愛する甲殻機動隊として、


名古屋に来たら、どうしても行きたいお店があった。










そう、ココ。


日本一長い海老フライを出してくれる「海老どて食堂」。


名古屋「海老どて食堂」へ行く。_f0232060_186831.jpg


名古屋「海老どて食堂」へ行く。_f0232060_1862076.jpg












まずは、店内の看板でお勉強。


「海老どて食堂」の特大海老フライはシータイガーで作られてるようだ。


名古屋「海老どて食堂」へ行く。_f0232060_1875697.jpg













どこを見ても、海老フライのことばかりで、


なんだか異国の地に来た気分でもあり、オラ、ワクワクしてきたぞ。


名古屋「海老どて食堂」へ行く。_f0232060_1884630.jpg













天然大海老35センチという


日本一長い海老ふりゃ〜定食(2560円)をいただく。


長い海老フライ、キターーーーーー!!!


名古屋「海老どて食堂」へ行く。_f0232060_18104625.jpg













長すぎて、銀皿からも、盆からもはみ出してるw。


名古屋「海老どて食堂」へ行く。_f0232060_18121127.jpg












長すぎて、そのまま食べられないから、ハサミでカットするw。


名古屋「海老どて食堂」へ行く。_f0232060_18124617.jpg


名古屋「海老どて食堂」へ行く。_f0232060_18131777.jpg












最初は、正直「長い」がウリの、


味は度外視、見た目重視の海老フライかと思ったが、


変な意味ではなく、思ったよりも悪くなくて、


普通に美味しくいただける海老フライだった。


自分でかき混ぜて作るタルタルソースも面白かった。


名古屋「海老どて食堂」へ行く。_f0232060_18154834.jpg


名古屋「海老どて食堂」へ行く。_f0232060_18155769.jpg










◼︎「海老どて食堂」
http://www.ebidote-shokudo.jp/










タグ:
by meshi-quest | 2020-05-10 08:06









いつも「メシクエ」をご覧くださっている皆様へ






こんにちは。


いつも「メシクエ」をご覧くださり、本当にありがとうございます。


このような大変な時期ではありますが、


皆さんが日々「メシクエ」に変わらず遊びに来てくださり、読んでくださることが、


私の励みでもあり、冒険の源でもあります。


感謝します。














5月4日に日本政府から緊急事態宣言延期の発表がありました。


世界的に何千、何万の人が亡くなっていることを考えると、


緊急事態宣言が初めて発令された時から


日本が数週間で落ち着くには難しいだろうと思っていましたが、


とはいえ、下記でで私が下記の記事を書いた時からも、


・メシクエがコロナについて思うこと。①


・メシクエがコロナについて思うこと。②


大きく事態が変わっています。


幸いにして身近にはまだコロナの直接影響はないですが、


会社関係の知り合いの人、友達の親戚などで


コロナにかかり長期入院をされた方、亡くなった方もいて、


他人事ではなく、見えない敵と戦っているような怖さを感じます。














コロナは本当に危険なウイルスだと思います。


気を付けても気を付けすぎることはないほどだと思います。


一方で、ここまで4月頭頃から営業自粛をされてきたお店も、


さすばに1ヶ月さらに延長になると、


長期戦に耐えられるような動きをしないと行けなくなります。


仮に、養わないといけない家族がいて、子供がいて、


従業員も店舗も抱えてて、それも支えないといけない状況で、


お客さんを呼べず、お客さんも来ず、


2ヶ月無収入だったと想像したら、とんでもないことです。


もちろん飲食に限ったことではないですが、


ちゃんとここから少なくとも1ヶ月、


「全員が耐えられるやり方」を考えないといけない時期に来ていると思います。














緊急事態宣言が発令された4月中旬から


「メシクエ」ではすでに記事の入稿が終わっているメシクエストの記事の他、


テイクアウト情報を掲載させていただいています。


これは良いか悪いかではなく、


私は、私をこれまで支えて癒してくれてきた飲食の皆さんの少しでも力になりたく、


1日1軒、必ずお店を周ってテイクアウトをするようにしてきました。


私が行けるような範囲も、紹介できるような数も決まっていますが、


少しでもお近くで興味を持ってくださった方が買いに行ってくださったり、


近所でもどこかそういうお店がないか探してくれるようになったり、


何かのきっかけになってくれれば幸いです。














改めて、長期戦を見越して、全員が耐えられるやり方、


これを考えていかないといけないし、少なくとも私はそう考えています。














「メシクエがコロナについて思うこと。①」で書かせていただいた通り、


この「メシクエLV34」は


「メシクエ」を愛して応援してくれる方、


そして、冒険の場を提供してくれる飲食の皆さんがあってのメシクエストなので、


もちろん国の状況もそうですが、


飲食の方々と足並みを揃えていきたいとお伝えしていて、


それは今も変わらず、これからも変わらないと思っています。













冒険が出来なくなっているダンジョンに


無理矢理行くようなことはしないし、


私が洞窟の入口をこじ開けるようなこともそもそも出来ないんだけど、


冒険が出来るようになっているならば、ありがたく受注して、


気を付けながらもメシクエストは続けていこうと思っています。














「メシクエ」を書き始めて、かれこれもう10年以上が経ちますが、


メシクエをしたくても出来ないような日が来るとは思わず、


私も初めてのことばかりで、正直正解が分かりません。


でも、私がずっと冒険してきた場所も、


これから行くかもしれない場所も、どちらも無くなって欲しくない。


またみんなが楽しく外でご飯を食べていた日が来て欲しい。


これだけは強く思っています。


いつか落ち着いたら、ぜひお店に行っていただけたら、と願いを込めて書いています。


引き続き、ぜひ「メシクエ」をご覧いただければと思います。













2020年5月7日



職業:まほうつかい
レベル:34

成沢理恵












by meshi-quest | 2020-05-07 08:09







懇意にさせてもらっている


西荻窪の大人気イタリアン「チクロ」で食事。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1514916.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_152136.jpg












本日はいつもの岡部シェフがお休みで、


吉祥寺「パノラマキッチン」の元料理長の川野輪シェフが担当。


数年ぶりにお会いさせていただき、シェフおまかせのコースにしてもらった。










まずは、イタリアの生サラミから。


この生サラミがちょっと想像のななめ上を行く美味しさで、


サラミ独特のクセもなく、硬くなく、まさに生のサラミ。


おそらく今まで私が食べてきたサラミの中のNo.1だと思う。


こりゃ、うまいわ・・・。最強サラミ。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_15122933.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_15125687.jpg













オニオングラタンスープ


玉ねぎの旨味や甘味と、チーズを乗せたブリオッシュのパンとの相性が抜群。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_15134792.jpg












イチゴブッラータ


甘酸っぱいイチゴとクリーミーなブッラータチーズがすごく合ってる。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1527775.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_15271894.jpg












トリッパジャガイモのサラダ。


普段はあまりトリッパは好んで食べないのだが、


このトリッパはホルモンの変なクセや臭みが全くなく、すごく美味しかった。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_15292562.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_15293687.jpg












グリーンアスパラ生ハムポーチドエッグ


生ハムの塩味と濃厚な黄身をソースにしていただくアスパラは絶品。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_15332168.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_15333337.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_15334451.jpg













パスタは2品。


まずは、春が旬のホタルイカとトマトを使ったパスタ。


ホタルイカの旨味がトマトに溶け出してて、ペスカトーレっぽい感じ。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1537513.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1539333.jpg












もう1つは、春の旬のを使った爽やかなパスタ。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_15395822.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_154027100.jpg












メインディッシュは、シンプルに牛肉のステーキ。


ジューシーな牛肉に、付け合わせのパセリのソースがとても美味しい組み合わせ。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_15494093.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_15495068.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1550591.jpg












「チクロ」に併設されているカフェから美味しいカフェオレをいただき、


デザートはカスタードプリンを。


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_1551176.jpg


西荻窪「チクロ」へ行く。_f0232060_15511194.jpg

メシクエの「パノラマキッチン」の記事にも書かせていただいてたのだが、











川野輪シェフとは思い出があり、


初めて「パノラマキッチン」にお邪魔した時にパスタの塩加減の話をして、


その話を川野輪シェフと


「チクロ」オーナー菊地さん(当時はパノラマにいらっしゃった)が


すごく真摯に聞いてくださったことがきっかけで、


私も何度もお邪魔するようになり、今の私と「チクロ」さんとの深い繋がりができた。


やっぱりいいお店はちゃんとお客さんと向かい合ってくれるし、


そういうお店が多くの人に愛されて、ずっと続いていくんだと思う。








■「チクロ」
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13193818/









by meshi-quest | 2020-05-02 08:07








住所非公開の超人気会員制焼肉店「新進気鋭」でも、


コロナの影響を受けて、


自慢のお肉を使ったお弁当のテイクアウトをしている。













「新進気鋭」弁当第一弾は、


厚切りタン厚切りフィレサーロインが乗った


超豪華な焼肉イイトコどり弁当!!


【テイクアウト情報】住所非公開「新進気鋭」_f0232060_12553856.jpg


【テイクアウト情報】住所非公開「新進気鋭」_f0232060_12554712.jpg


【テイクアウト情報】住所非公開「新進気鋭」_f0232060_12555610.jpg















1つ5000円とお値段はするが、


お肉って冷めてもこんなに香りがあって、柔らかくて、美味しいのか!


と思うほど、美味しい焼肉弁当だった。


超人気焼肉店「新進気鋭」ならでは一品。


テイクアウトの弁当は同じものは出さずに、


メニューは今後毎週変えていくらしく、


お客様が飽きずに、色んなお肉の食べ方を楽しめるように工夫している。


【テイクアウト情報】住所非公開「新進気鋭」_f0232060_12575744.jpg


【テイクアウト情報】住所非公開「新進気鋭」_f0232060_12581756.jpg


【テイクアウト情報】住所非公開「新進気鋭」_f0232060_125865.jpg















「新進気鋭」大好きです!


「応援しています!!


【テイクアウト情報】住所非公開「新進気鋭」_f0232060_1325460.jpg













◾︎テイクアウト情報はコチラ!
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=10223017583891035&id=1322919203&ref=content_filter













by meshi-quest | 2020-05-01 08:07








ああ、ついにこの日が来た。










東京から名古屋まで新幹線で2時間半。


名古屋から岐阜県瑞浪駅までローカル線で40分。


瑞浪駅からお迎えの乗り合いバスを乗ること、約40分。


片道約4時間の道のりを経て、岐阜の山中へ。


まるで大人の修学旅行だ。


岐阜・瑞浪「柳家」へ行く。_f0232060_2034585.jpg


岐阜・瑞浪「柳家」へ行く。_f0232060_20352560.jpg


岐阜・瑞浪「柳家」へ行く。_f0232060_20353679.jpg















岐阜県の山奥にありながら、


某グルメサイトの全国1位を取るグルメ界の秘境。


予約の取れない山肉料理の名店「柳家」にキターーーー(≧∇≦)!!!


岐阜・瑞浪「柳家」へ行く。_f0232060_20383518.jpg


岐阜・瑞浪「柳家」へ行く。_f0232060_20385588.jpg


岐阜・瑞浪「柳家」へ行く。_f0232060_20391259.jpg















靴を脱いで座敷に上がり、大きな囲炉裏を囲みながら食事をする。


コースはおまかせのみで、


「柳家」さんが選んだその時々の新鮮で美味しい山肉をいただく。


岐阜・瑞浪「柳家」へ行く。_f0232060_20412764.jpg


岐阜・瑞浪「柳家」へ行く。_f0232060_20414468.jpg


岐阜・瑞浪「柳家」へ行く。_f0232060_20415710.jpg














まずは、野生のオナガガモのねぎまから。


「柳家」三代目のご兄弟が手際よく山肉を炭で焼いてくれる。


鴨、美味しいーーーー!


柔らかくて、ジューシーで、甘くていい脂。


にも鴨の脂が染み渡って、葱もすごく美味しい。


岐阜・瑞浪「柳家」へ行く。_f0232060_20502855.jpg


岐阜・瑞浪「柳家」へ行く。_f0232060_20504339.jpg


岐阜・瑞浪「柳家」へ行く。_f0232060_2051183.jpg


岐阜・瑞浪「柳家」へ行く。_f0232060_20513427.jpg
















箸休めの黒雀蜂の卵、幼虫、成虫の佃煮。


岐阜の山では昆虫は大事なたんぱく源とのこと。


ちょっと恐る恐るいただくが、これがとても美味しい!


たぶん蜂と言われなくても、言われても分からない感じ。


ほのかに生姜が効いた甘辛い味付けがお酒に合う。


岐阜・瑞浪「柳家」へ行く。_f0232060_20455425.jpg
















もう1つ、箸休めの塩大根


生の大根に塩を振っただけとのことだが、


大根がこんなに甘くて美味しいことを改めて気づかせてもらえる。


肉が多いので、消化を助ける意味もある。


岐阜・瑞浪「柳家」へ行く。_f0232060_20533064.jpg















続いて、オナガガモのささみとロース。


これもすごくジューシーで柔らかい。


シンプルだけに、素材の味をダイレクトに感じる。


岐阜・瑞浪「柳家」へ行く。_f0232060_20555680.jpg


岐阜・瑞浪「柳家」へ行く。_f0232060_20563216.jpg
















小鹿の時雨煮。


飛騨山椒が効いていて、赤ワインにも合うおつまみ。


岐阜・瑞浪「柳家」へ行く。_f0232060_20573647.jpg


岐阜・瑞浪「柳家」へ行く。_f0232060_20561553.jpg















45キロの雌のイノシシのロース。


イノシシの脂は結構あるけど、


甘くて、さっぱりしてて、全然しつこくなくて、すごく美味しい!


岐阜・瑞浪「柳家」へ行く。_f0232060_2105832.jpg


岐阜・瑞浪「柳家」へ行く。_f0232060_2113157.jpg


岐阜・瑞浪「柳家」へ行く。_f0232060_2121869.jpg


岐阜・瑞浪「柳家」へ行く。_f0232060_2124735.jpg















次は、小鹿のロース。


小鹿も旨味がしっかりあって、これも美味しい。


岐阜・瑞浪「柳家」へ行く。_f0232060_2133790.jpg


岐阜・瑞浪「柳家」へ行く。_f0232060_2135516.jpg
















メインディッシュは、コガモのロース。


足付きのお肉。肉の弾力がすごい。


メインになるだけあって、山肉の旨味がギュッと詰まった一品だった。


岐阜・瑞浪「柳家」へ行く。_f0232060_2165270.jpg


岐阜・瑞浪「柳家」へ行く。_f0232060_2171235.jpg


岐阜・瑞浪「柳家」へ行く。_f0232060_2172757.jpg
















〆はで出汁を取ったお鍋


鴨の旨味や脂が鍋に溶け出してて、葱や豆腐にも染み込んでる。


ずっと食べ続けられそうな感じ。


ホント美味しい、このお鍋。


岐阜・瑞浪「柳家」へ行く。_f0232060_2191739.jpg


岐阜・瑞浪「柳家」へ行く。_f0232060_2194392.jpg















お鍋と共に、みんなで自然薯ご飯をいただく。満腹、満腹。


岐阜・瑞浪「柳家」へ行く。_f0232060_21105358.jpg


岐阜・瑞浪「柳家」へ行く。_f0232060_21111565.jpg












都内でも美味しい山肉(ジビエ)が食べれるお店はあるけど、


「柳家」さんの山肉は「柳家」さんの唯一無二の味。


味や調理法、雰囲気含めて、他では味わえない。


距離的にも予約的にも何度も来れるお店ではないけどw、


4時間かけても一度味わう価値のあるお店だった。









■「柳家」
https://tabelog.com/gifu/A2103/A210301/21000023/











by meshi-quest | 2020-04-24 08:08
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン