赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。












懇意にさせていただいている予約の取れない日本料理店の名店「赤坂おぎ乃」にて、


今宵も大将荻野さんの季節感溢れる芸術的なお料理をいただく。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12390434.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12391824.jpg















皐月(5月)のテーマは、「端午の節句


迎い酒は、邪気を祓うとされている菖蒲を漬け込んだ梅酒


盃は、その昔、男性が戦に行く前にお酒を飲んで、勝負に勝つためにその盃を割ってから出陣をした信楽のもの。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12401766.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12402331.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12402901.jpg















1品目は、高知のフルーツトマト「夜須のフルーツトマト」とグリーンアスパラ、じゅん菜、独活を使った春の前菜。


上には菖蒲で作った「菖蒲(勝負)刀」が乗せられている。


菖蒲刀は菖蒲と蓬で作られていて、1人1人のお客様分がちゃんとある。こういうさりげないけど丁寧な演出が「おぎ乃」さんの素晴らしさの1つ。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12455568.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12460408.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12461648.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12462140.jpg















2品目は、噴火湾の毛蟹と北海道のバフンウニの前菜。


上には土佐酢のジュレが掛かっている。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12481527.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12482271.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12482832.jpg














3品目は、自慢の削りたての鰹節の一番出汁を使った「おぎ乃」さんの絶品椀


お椀にはあやめが描かれていて、中には、アブラメじゅん菜新玉ねぎが入っている。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12484111.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12490003.jpg















4品目のお造り、まずは愛媛の名漁師・藤本純一さんが丁寧に血抜きをされたシロアマダイ、通称「シラカワ」と、大将荻野さんが丁寧に細工包丁をほどこして甘味を引き出したアオリイカから。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12533798.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12535318.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12540083.jpg















続いて、舞鶴のとり貝はさっと片面だけ炙って、擦り立ての香り良い胡麻と共に。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12541090.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12541617.jpg
















最後は、藁で軽く炙り、備長炭で香り付けをした宮城塩釜の本鮪


上からは黄身醤油山芋海苔の佃煮


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12542937.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12544030.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12544781.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12545261.jpg















5品目は、の飯蒸し。


鮑の肝をたっぷり混ぜ合わせた肝ご飯に、あさりとしじみで出汁を取った餡が掛かっている。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12592696.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12593219.jpg















6品目は、5月の鮎解禁から始まる名物の天竜川の鮎


まだ稚鮎なので、塩焼きにはせず、さっと素揚げにして、緑酢のアフロヘアで盛り付け。


下に敷かれているのは苦みがある蓼(たで)の葉。


実は、鮎はあまり得意ではないのだが、「おぎ乃」さんのところの鮎は川魚のクセがまるでなく、美味しくて食べれる。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12595275.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12595727.jpg















7品目は、太刀魚の塩焼き。


上には、こしあぶらの山菜天ぷらと実山椒の甘露煮。下には魚醤で炒めた春キャベツ


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13034893.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13035972.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13041095.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13040441.jpg
















8品目は、名物のジオラマのような八寸


皐月(5月)のテーマの「端午の節句」にちなんで、あやめの庭園を見ているかのような情景を表したもの。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13074666.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13075204.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13125291.jpg














八寸の中身は・・・


えぼ鯛の笹の葉ちまき寿司


但馬牛のランプの炙り 新玉ねぎと胡麻酢


ホワイトアスパラガスのお浸し


たいら貝の炙りと梅ソース


たこのやわらか煮


ウスイマメのすり流し


シルクスイートの焼き芋天ぷら


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13081388.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13080822.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13082405.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13083042.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13083839.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13085101.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13084553.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13090496.jpg















9品目は、飛龍頭(ひりゅうず、がんもどきのこと)の煮物。


飛龍頭の中に入っている細い昆布が龍のヒゲを表している。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13181881.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13182593.jpg
















10品目は、〆のご飯


まずは、大将荻野さんが炭焼きしてくれるの蒲焼の名物鰻ご飯


皮がパリパリで、中はふっくらの相変わらずの絶品鰻。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13183494.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13185603.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13191329.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13190178.jpg
















もう1つは、京都辻農園さんのと、桜エビの素揚げの香り良い春が詰まった炊き込みご飯。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13181281.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13193040.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13192422.jpg















「おぎ乃」さんではご飯のお代わりが出来て、上記の炊き込みご飯の他、本鮪のづけ、卵かけご飯、自家製カラスミ、自家製ゴボウのきんぴらなど、いろんなご飯のおかずが用意されている。


・・・が、最近の私は「白飯&塩」がマイブームで、せっかくある豪華なおかずをトッピングしないという(笑)、かなりマニアックなお代わりをしている。


白飯うまーーーーい。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13193979.jpg
















11品目は、胡麻のブランマンジェ。


胡麻のいい香りと口どけ優しいクリーミーなたまらない。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13265367.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13265848.jpg















12品目は、静岡浜松の最高級メロン「天使音(あまね)マスクメロン」


メロンは大好きで色んなところでいただいてきたが、遠くで切ってる時からもう酔いそうないい香りがして、食べてもとてつもなく上品な甘さを感じる「天使音マスクメロン」が私のNo.1メロン


自家製のココナッツのアイスと共に。


本日も5月という季節を感じさせてもらえる、春から初夏への移り変わりを体験できるような素晴らしいコースだった。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13270444.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13271152.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13271816.jpg



























いつも応援ありがとうございます。



ついに「メシクエLV34」の本が出ました!!



■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」

【Amazon書籍10部門で1位!】
Amazon書籍5部門でベストセラー!】


Kindle版は100円にて購入できます!
ミシュランフレンチ「シンシア」オーナーシェフ石井さんの3時間に及ぶ、食と料理の対談も収録。
↓↓





■「メシクエLV34」インスタ

メシクエには載せていないお店や内緒の話はインスタでやってます!
コチラ↓↓













プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新の記事
台北に行く。② ~マンダリン..
at 2024-06-16 08:08
台北に行く。① ~4年ぶりの..
at 2024-06-15 08:08
西荻窪「西荻窪はや人」へ行く。
at 2024-06-14 08:07
花修行~スモークツリーのアレ..
at 2024-06-14 08:06
外苑前「Hiroya ヒロヤ..
at 2024-06-13 08:07
高円寺「シャン寿司」へ行く。
at 2024-06-12 08:07
京都・今出川「河村食堂」へ行く。
at 2024-06-11 08:08
早稲田「旧雨(キュウウ)」へ..
at 2024-06-10 08:08
吉祥寺「吉祥寺もがめ食堂 東..
at 2024-06-09 08:07
吉祥寺「お茶とお菓子 横尾」..
at 2024-06-08 08:06