京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。











懇意にさせてもらっている人気京都和モダンフレンチ「祇園びとら、」でディナー。


昨年2023年冬に、同じ祇園内ではあるが移転&リニューアルオープンをし、以前よりも広い席にて、内容もパワーアップしてスタートをしている。




移転先は、窓から白川沿いの満開の桜が見える場所になり、移転後初の春となる今回が「びとら、」初めてのお花見コースとなる。


京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_12433261.jpg
京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_12434555.jpg
京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_12433817.jpg
京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_12435037.jpg
京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_12435542.jpg
京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_12435930.jpg















本日使われる新鮮な野菜の説明。


特にスナップエンドウはみずみずしくて、茹でなくても生でも食べられる。

京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_12453836.jpg
京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_12454568.jpg
京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_12455116.jpg
















「びとら、」は和モダンフレンチなので本来はフランスワインがメインなのだが、


私が来るのに合わせて、特別に私が大好きなイタリアワイン「L’Arco」を入れておいてくれた!


お茶も好きなので、私が大好きな玉露ボトリングティー「玉兎」も入荷しておいてくれて、ありがたい。


マネージャーソムリエの吉村さん、いつもありがとうございます!


京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_12460099.jpg
京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_12460566.jpg
京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_12451460.jpg
















お花見おまかせコースの1品目は、お造りから。


お造りは、ボタン海老初ガツオ平貝の3種、


野菜は、旬の山菜からタラの芽、こごみ、うるい、わらびなど。


ソースが変わっていて、豆腐のソースとキウイ酢味噌


京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_12505044.jpg
京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_12510483.jpg















今回のお花見コースから、移転前の「びとら、」の名物だった「キャビアの佃煮」が復活!


私を含めて常連さん達からの熱いラブコールで復活したのだそう♪


1人1缶でこのキャビアの佃煮がもらえて、好きな料理に好きなタイミングで自分でキャビアを乗せる。


京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_12502434.jpg
京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_12503578.jpg
京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_12504146.jpg
















早速、お造りにもキャビアの佃煮を乗せてみた!


キャビアの旨味と塩味に、佃煮の甘味とコクが加わって、贅沢な調味料になっている。


好きな時に好きなように加えられるのがとてもいい。


京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_12511050.jpg
















2品目は、これまた名物の「牛のなめろう」


個人的に「びとら、」の料理で一番好きで、コースに無くても必ず用意してもらっている一品。


黒毛和牛をサッと炙り、奈良漬けなど香味素材と合わせて、シェフが目の前で叩いて、なめろうにしてくれる。美味しい有明海苔に巻いて、そのままいただく。


「びとら、」も自他共に認めているほど見た目は地味だが(笑)、これがめちゃくちゃ美味しい。絶品。


京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13052973.jpg
京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13055577.jpg
京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13060095.jpg
京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13053571.jpg
















3品目は、雲井釜の中川一辺陶氏が作られた玉手箱の器に入った雲丹釜


下にはスクランブルエッグと出汁のジュレ、上には甘味ある雲丹の組み合わせ。


京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13092562.jpg
京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13131241.jpg
京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13130261.jpg















この料理にもキャビアの佃煮がよく合う!


京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13124839.jpg















4品目のコースの真ん中に肉料理が来るのも、「びとら、」の特徴。


通常はメインディッシュとしてコースの最後に来る肉料理だが、お腹いっぱいで肉まで美味しく食べれない方もいるので、


和えて肉料理=メインディッシュを撤廃して、コースの真ん中に1つの料理として出すことで、他の料理と同じように美味しく食べてもらうという考え。


この日は、黒毛和牛のヒレ(左)とロース(右)とたけのこをほうじ茶で瞬間燻製したもの。


京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13132234.jpg
京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13132878.jpg
京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13134598.jpg
京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13135108.jpg
京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13135886.jpg
















5品目は、春キャベツのすり流し。


春キャベツで作ったチップをクルトンの代わりにスープに入れていただく。


京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13215733.jpg
京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13220768.jpg
京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13220267.jpg
京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13221782.jpg
















6品目は、ホタルイカ素麺パスタ


出汁のジュレでいただくさっぱりとした素麺。


これにも間違いなくキャビアの佃煮が合いそうなので、たっぷり乗せていただく。


京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13223418.jpg
京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13224285.jpg
















7品目は、甘鯛の鱗焼き。


付け合わせはアスパラとアスパラ菜、ソースはヴァンブランソース。


鱗がサクサク、パリパリで、とても美味しい。クリーミーで濃厚なソースともよく合う。


京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13250676.jpg
京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13251473.jpg
















甘鯛にもキャビアの佃煮がとてもよく合う。


京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13253973.jpg
















8品目は季節の炊き込みご飯で、この日は生でも食べられるスナップエンドウそら豆


京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13260100.jpg
京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13260680.jpg
京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13254747.jpg















炊き込みご飯と共に、ご飯のお供の小鉢が出てくる。


赤ワインとあんこで煮込んだ牛のしぐれ煮、昆布とキノコのトリュフ風味炒め、カシューナッツとエシャロットの和え物、ワインビネガーで作った漬物など。


京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13303929.jpg
京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13304618.jpg
京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13305158.jpg
京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13305628.jpg
京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13310284.jpg
















炊き込みご飯の他に炊き立ての白米の用意もあり、新鮮な卵をつかったTKGに、イクラカラスミのトッピングもできる。


京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13320288.jpg
京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13320979.jpg
京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13322417.jpg
京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13321527.jpg















私はシンプルなTKGに、キャビアの佃煮を。すごく美味しい!


京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13323258.jpg
















9品目は、広島県の奇跡のレモンと言われる「宝韶寿」を使ったレモンソルベと、塩レモンチーズケーキと、目の前で点ててくれるお抹茶。


京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13324137.jpg
京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13324638.jpg
京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13325324.jpg
















年明けに出張が決まって予約をした時には、4月はもう桜は見れないだろうなあと思っていたけど、


奇跡的に今年は桜の開花が遅れて、本当にど真ん中の一番綺麗な時に「びとら、」のお花見コースをいただくことが出来た。


しかも、ほとんどの方が3月下旬に予約をしていたようで、こんなに満開で綺麗な桜を後半は貸切で見ることができた。桜を独り占め。


運がいいなあ。ありがたい。


京都・祇園「祇園びとら、」へ行く。_f0232060_13331229.jpg















■「祇園びとら、」


















いつも応援ありがとうございます。



ついに「メシクエLV34」の本が出ました!!



■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」

【Amazon書籍10部門で1位!】
Amazon書籍5部門でベストセラー!】


Kindle版は100円にて購入できます!
ミシュランフレンチ「シンシア」オーナーシェフ石井さんの3時間に及ぶ、食と料理の対談も収録。
↓↓





■「メシクエLV34」インスタ

メシクエには載せていないお店や内緒の話はインスタでやってます!
コチラ↓↓















by meshi-quest | 2024-04-22 08:07 | 京都
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新の記事
元町「anthem (アンセ..
at 2024-05-18 08:07
神戸・三ノ宮「シェ シロ」へ..
at 2024-05-17 08:07
西荻窪「和食なない」へ行く。
at 2024-05-16 08:07
西荻窪「西荻窪はや人」へ行く。
at 2024-05-15 08:07
早稲田「旧雨(キュウウ)」へ..
at 2024-05-14 08:08
京都・烏丸「きう」へ行く。
at 2024-05-13 08:07
吉祥寺「CRAFT MILK..
at 2024-05-12 08:07
京都・丸太町「ヒルランタン」..
at 2024-05-11 08:06
花修行~池尻大橋「dom」開..
at 2024-05-11 08:05
神宮丸太町「cenci (チ..
at 2024-05-10 08:08