西荻窪「鮨いさお」へ行く。










懇意にさせてもらっている予約困難人気鮨屋「鮨いさお」で食事。


今宵も大将いさおさんの美味しいつまみとにぎりをいただく。


西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_12455946.jpg
西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_12454954.jpg















まずは、昆布とハマグリの出汁の茶碗蒸しと、北海道ホタテと昆布の松前風、三陸の生わかめと沖縄の海ぶどう


茶碗蒸しの中には、甘鯛、ズワイガニ、上には気仙沼のフカヒレ。


「いさお」さんの茶碗蒸しは、この小さな器に旨味が凝縮されていて、めちゃくちゃ美味しい。


西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_12463136.jpg
西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_12461129.jpg
西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_12463787.jpg
西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_12462572.jpg














お造りは、千葉の天然シマアジ、氷見の寒ブリ、長崎のサワラ、北海道のつぶ貝の4種。


西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_12500946.jpg
西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_12501441.jpg
西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_12501932.jpg















続いて、お酒のあてとして、余市のあん肝、富山の白エビ、鹿島の煮ハマグリ、北方四島の塩水ウニの4種。


西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_12503294.jpg
西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_12503726.jpg
西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_12504174.jpg
西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_12505023.jpg
西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_12505502.jpg















焼物は、襟裳のキンキの塩焼き。とても脂乗ってて、美味しい。


西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_12510706.jpg
西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_12511318.jpg














対馬のノドグロの蒸し寿司。


ぐちゃぐちゃに混ぜて、ノドグロの脂と旨味をシャリに絡めていただく。


西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_12561206.jpg
西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_12561797.jpg
西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_12562245.jpg
西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_12562891.jpg
















にぎりは、銚子のとろ赤身づけから。


西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_12574524.jpg
西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_12575092.jpg
西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_12575725.jpg
西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_12580141.jpg
















スミイカヒラスズキ


西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_12581513.jpg
西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_12582003.jpg
西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_12582952.jpg
西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_12583499.jpg















たいら貝と岩手のとろイワシ


西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_12584421.jpg
西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_12584819.jpg
西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_13003602.jpg
西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_13004205.jpg















にぎりの合間に、「鮨いさお」さん名物のうしお汁


本日のお魚である、甘鯛、タイ、キンキなどのアラを余すことなく使って旨味をだし、それを丁寧に濾して出してくれるお椀。


具はシンプルにネギだけだが、このうしお汁の中にたくさん具が入っているかのような旨味を感じる。


西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_13001580.jpg















佐賀のコハダと長崎の車海老


西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_13005641.jpg
西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_13010124.jpg
西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_13011242.jpg
西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_13011838.jpg














ウニの産地違いの食べ比べ。


宮崎のムラサキウニ(軍艦)と函館のムラサキウニ(手巻き)。


どちらも美味しかったが、函館の方が濃厚で甘くて好み。


西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_13012559.jpg
西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_13013143.jpg
















最後は、松島の穴子と、目の前で美味しい部分を叩いて作ってくれるねぎとろ巻


「鮨いさお」さんの〆の穴子とねぎとろがめちゃくちゃ美味しいので、いつも最後の最後まで最高潮な気分で終われる。


西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_13065108.jpg
西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_13070344.jpg
西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_13071153.jpg
西荻窪「鮨いさお」へ行く。_f0232060_13071814.jpg


























いつも応援ありがとうございます。



ついに「メシクエLV34」の本が出ました!!



■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」

【Amazon書籍10部門で1位!】
Amazon書籍5部門でベストセラー!】


Kindle版は100円にて購入できます!
ミシュランフレンチ「シンシア」オーナーシェフ石井さんの3時間に及ぶ、食と料理の対談も収録。
↓↓





■「メシクエLV34」インスタ

メシクエには載せていないお店や内緒の話はインスタでやってます!
コチラ↓↓


















by meshi-quest | 2024-04-09 08:08 | 西荻窪
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新の記事
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。
at 2024-05-21 08:08
三鷹「kuval」へ行く。
at 2024-05-20 08:07
神戸・元町「洋食クアトロ」へ..
at 2024-05-19 08:07
元町「anthem (アンセ..
at 2024-05-18 08:07
神戸・三ノ宮「シェ シロ」へ..
at 2024-05-17 08:07
西荻窪「和食なない」へ行く。
at 2024-05-16 08:07
西荻窪「西荻窪はや人」へ行く。
at 2024-05-15 08:07
早稲田「旧雨(キュウウ)」へ..
at 2024-05-14 08:08
京都・烏丸「きう」へ行く。
at 2024-05-13 08:07
吉祥寺「CRAFT MILK..
at 2024-05-12 08:07