新中野「湯気」へ行く。












懇意にさせてもらっているミシュラン東京ビブグルマン獲得の大人気中華料理店「湯気」さんで中華ディナー。


これまではアラカルトで黒板メニューから料理を注文する形式だったが、田口シェフの考える料理をもっと追求し、食べてもらいたいという想いから、2023年12月よりおまかせコース1本になった。


新中野「湯気」へ行く。_f0232060_16473668.jpg
新中野「湯気」へ行く。_f0232060_16480864.jpg
新中野「湯気」へ行く。_f0232060_16481326.jpg















1品目は、アラカルトメニューでも人気があった新緑ザーサイから。


新中野「湯気」へ行く。_f0232060_16493035.jpg
新中野「湯気」へ行く。_f0232060_16494063.jpg














2品目は、ピータンと甘酢ガリ。


新中野「湯気」へ行く。_f0232060_16494898.jpg
新中野「湯気」へ行く。_f0232060_16495590.jpg















3品目は、絶品「白切鶏」(パイチージー)。


来店すると100%注文している大好きな白切鶏


鶏肉の概念が変わる、鶏肉の奥深さを改めて感じる料理。コースでも出してもらえて嬉しい(泣)!


アラカルトメニューでは辛子醤油が定番だったが、コースでは葱生姜ソースで。


新中野「湯気」へ行く。_f0232060_16513587.jpg
新中野「湯気」へ行く。_f0232060_16514483.jpg
新中野「湯気」へ行く。_f0232060_16515031.jpg















4品目は、エビ春巻


サクサクの春巻の中に、エビがギッシリ。


これまで、いわゆる昔ながらの春巻というか、中が餡かけでドロッとしてて、外の皮に油をいっぱい吸ってる春巻が苦手で、初めて春巻を美味しいと思ったのは「湯気」さんのこの春巻。


これもアラカルトで毎回頼んでいたメニューなので、嬉しい。


新中野「湯気」へ行く。_f0232060_16515640.jpg
新中野「湯気」へ行く。_f0232060_16522053.jpg
















5品目は、銀杏焼売


「湯気」さんの焼売も大好きで、毎回頼んでいたので、これも出してもらえて嬉しい。


新中野「湯気」へ行く。_f0232060_16523068.jpg
新中野「湯気」へ行く。_f0232060_16523807.jpg















6品目は、スミイカ花もずくの酸辣湯。


これも2023年のアラカルトメニューでよく頼んでいた一品。


私は元々は酸味や辛味に弱いのだが、これはものすごいバランスで出来ている酸辣湯で、クセになってしまう味。


新中野「湯気」へ行く。_f0232060_17041225.jpg
新中野「湯気」へ行く。_f0232060_17043086.jpg















7品目は、黒舞茸醤油焼きそば


舞茸のいい香りが沖縄そばの麺に絡む、美味しい焼きそば。


新中野「湯気」へ行く。_f0232060_17044570.jpg
新中野「湯気」へ行く。_f0232060_17045496.jpg















8品目は、牛肉豆腐の香料煮込み。


これも2023年の秋冬のメニューで出ていた一品。


薬膳っぽい中国スパイスが香り、体が温まる煮込み料理。


新中野「湯気」へ行く。_f0232060_17050088.jpg
新中野「湯気」へ行く。_f0232060_17051449.jpg















9品目は、鶏肉里芋のココナッツ煮込み。


これも2023年の秋冬メニューでよく登場していた一品。


柔らかく煮込まれた鶏肉と、トロトロの里芋と、ココナッツの甘い香りが不思議な味わいの煮込み料理。


新中野「湯気」へ行く。_f0232060_17053008.jpg
新中野「湯気」へ行く。_f0232060_17053690.jpg
















10品目は、牡蠣レタスと卵のチャーハン


アラカルトでも毎回頼んでいた大好きなレタスチャーハンに、たっぷりの牡蠣が入ってるおまかせこーす仕様。


私は牡蠣は食べられないので、それだけ他の方へ。


チャーハン自体は、とても優しく、食べやすく、シンプルイズベストで、誰もが好きな味。


新中野「湯気」へ行く。_f0232060_17054292.jpg
新中野「湯気」へ行く。_f0232060_17055039.jpg















満足度の高いコースメニューだった。


「湯気」さんの人気メニューや季節のメニューを取り入れ、前菜、副菜、主菜、米料理、麺料理など一通り「湯気」さんを体験できる構成になっていた。


おまかせコースの切り替え後、すぐのメニューということもあり、大幅に変更をせず、アラカルトから緩やかに移行をされようとしている印象。


個人的に言えば、好きな料理を色々といっぱい食べたい派なのでアラカルトが嬉しいのだが、


お客さんによっては良い悪いは置いておいてほとんど注文しない方もいたり、


そうなるとお店としても下準備や廃棄の問題、そこにかける時間も心身的な労力もあり、さらなる料理の追求への時間と余裕がなくなるので、そういう意味ではおまかせコースの方が良いのかもしれない。


いずれにせよ、「湯気」さんの料理が食べれるのが嬉しく、どんな料理も美味しいので、何よりシェフが楽しく、やりたいことをやれているのが、お客さんにとっても一番だと思った。悩んだり、辛いと思って作っている料理は味にも出てしまうから。


次月もどんなコースメニューになるのか楽しみにお伺いしたい。




























いつも応援ありがとうございます。



ついに「メシクエLV34」の本が出ました!!



■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」

【Amazon書籍10部門で1位!】
Amazon書籍5部門でベストセラー!】


Kindle版は100円にて購入できます!
ミシュランフレンチ「シンシア」オーナーシェフ石井さんの3時間に及ぶ、食と料理の対談も収録。
↓↓





■「メシクエLV34」インスタ

メシクエには載せていないお店や内緒の話はインスタでやってます!
コチラ↓↓




















プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新の記事
台北に行く。⑩ ~ミシュラン..
at 2024-06-24 08:07
台北に行く。⑨ ~「earn..
at 2024-06-23 08:07
台北に行く。⑧ ~饒河街観光..
at 2024-06-22 08:07
台北に行く。⑦ ~司機倶楽部..
at 2024-06-21 08:07
台北に行く。⑥ ~杭州小籠湯..
at 2024-06-20 08:07
台北に行く。⑤ ~天空の茶藝..
at 2024-06-19 08:07
台北に行く。④ ~永楽担仔麺..
at 2024-06-18 08:08
台北に行く。③ ~マンダリン..
at 2024-06-17 08:08
台北に行く。② ~マンダリン..
at 2024-06-16 08:08
台北に行く。① ~4年ぶりの..
at 2024-06-15 08:08