赤坂「ねじまき料理店」へ行く。











赤坂にあるグルメな方が夜な夜な集う人気居酒屋「ねじまき料理店」で食事。


赤坂駅からも少し離れており、場所も住宅街のコの字になった不思議な路地裏にひっそりと佇む隠れ家。


静かな外側からだと全く中の状況が分からないが、中はグルメな人で満席、連日予約でいっぱいの大盛況。


赤坂「ねじまき料理店」へ行く。_f0232060_13143272.jpg
















メニューとても個性的で、作家・村上春樹さんの本の中に入っている。


手書きのメニュー表もすごくかわいく、読んでいるだけも楽しい。


何より、ものすごくメニューが豊富で、どれも魅力的。


ジャンルも、和洋中、エスニックまで幅広く、本当に本を読んでいるかのように何度もページめくっては、いつもメニュー選びで時間がかかるw。


赤坂「ねじまき料理店」へ行く。_f0232060_13200281.jpg

赤坂「ねじまき料理店」へ行く。_f0232060_13204156.jpg













まずは、いちじくの白和えと、自然農法のつるむらさきれんこんのおひたしから、


おひたしの出汁が香り良く、すごく美味しいー。


人数分に分けて、小皿で綺麗に出してくれるのがありがたい。


赤坂「ねじまき料理店」へ行く。_f0232060_13204944.jpg
赤坂「ねじまき料理店」へ行く。_f0232060_13213900.jpg















お造りは、高知県のメイチダイカツオ


メイチダイはヘベス塩、カツオはうま葱しょうがで。


赤坂「ねじまき料理店」へ行く。_f0232060_13251163.jpg
赤坂「ねじまき料理店」へ行く。_f0232060_13251653.jpg
赤坂「ねじまき料理店」へ行く。_f0232060_13252353.jpg














特製スパイスを効かせた名物の「とりの唐揚」と、手作り餃子


とり唐は常連さんが必ず頼む一品で、なんと500円で個数無制限になる(笑)。


餃子もすごく美味しい。


メニューが豊富で、ある意味ノンジャンルのお店はどれか1つはイマイチ・・みたいなものもあったりするのに、


和洋中、何でもアリなのに、どれもこれも何でも美味しいのが本当にすごい。


赤坂「ねじまき料理店」へ行く。_f0232060_13261057.jpg
赤坂「ねじまき料理店」へ行く。_f0232060_13260149.jpg
赤坂「ねじまき料理店」へ行く。_f0232060_13253279.jpg















名物おつまみの「ねじまき海苔」(自家製海苔の佃煮)と、


自家製胡麻豆腐黒まいたけハタの揚げ出し。


赤坂「ねじまき料理店」へ行く。_f0232060_13333766.jpg
赤坂「ねじまき料理店」へ行く。_f0232060_13254268.jpg
赤坂「ねじまき料理店」へ行く。_f0232060_13254958.jpg
















「ワンスプーン麻婆豆腐」と黒酢の黒酢豚


麻婆豆腐は少し辛めだが、花山椒がすごくいい香り。


黒酢豚は、ちゃんとマントウ(蒸しパン)も付けてくれるので、挟んで食べても美味しい。


赤坂「ねじまき料理店」へ行く。_f0232060_13332763.jpg
赤坂「ねじまき料理店」へ行く。_f0232060_13332140.jpg
赤坂「ねじまき料理店」へ行く。_f0232060_13353660.jpg
赤坂「ねじまき料理店」へ行く。_f0232060_13354899.jpg
赤坂「ねじまき料理店」へ行く。_f0232060_13355489.jpg















毎回私が頼んでいる名物の「ねじまき料理店のマカロニグラタン」と、


めんちカツ(牛豚)と、めんちカツ(ラム肉)


グラタンは好きなのだが、なんか外で頼むことがなかったところ(洋食屋でも他のメニュー頼んでしまう)、


ねじまきさんにお邪魔して、改めてマカロニグラタンに開眼した。


魚介の出汁がしっかり加わったベシャメルソース(ホワイトソース)に、たっぷりのチーズの組み合わせが最高。


赤坂「ねじまき料理店」へ行く。_f0232060_13360098.jpg
赤坂「ねじまき料理店」へ行く。_f0232060_13360567.jpg
赤坂「ねじまき料理店」へ行く。_f0232060_13400028.jpg















自他共に認めるハンバーグ好きの私が積極的に頼む「ねじまき料理店」さんのデミグラスハンバーグ


王道のハンバーグに、濃厚なデミグラスソース。


これだけでご飯が2杯くらい食べられるw。


赤坂「ねじまき料理店」へ行く。_f0232060_13435978.jpg
赤坂「ねじまき料理店」へ行く。_f0232060_13440567.jpg















最後は秋鮭いくら海苔ご飯で。


出来立てホカホカの炊き込みご飯。


散々飲んでいる人達の〆のご飯なので、味付けは濃いめ。


赤坂「ねじまき料理店」へ行く。_f0232060_13455622.jpg
赤坂「ねじまき料理店」へ行く。_f0232060_13460514.jpg
赤坂「ねじまき料理店」へ行く。_f0232060_13461223.jpg













本当に美味しかったなあー。素晴らしい料理店


何でも注文できて、何でも出てきて、何でも美味しいなんて、まるで童話に出てきそうだ。


こういうお店は本当に食が好きなグルメな人達で支えられてて、常連さんも多いので、


一般のグルメサイト的なところだと絶対浮上してこないし、こういうところに行く人って、もはや評価も採点とかしない。


この日は、吉祥寺で仲良くさせていただいているシェフご夫妻と一緒にお邪魔し、メニュー食べ尽くす気持ちでやってきたが、


食べたいメニューの方が多くてw、食べ尽くせなかったので、続きはまた今度!
















■「ねじまき料理店」















いつも応援ありがとうございます。



ついに「メシクエLV34」の本が出ました!!



■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」

【Amazon書籍10部門で1位!】
Amazon書籍5部門でベストセラー!】


Kindle版は100円にて購入できます!
ミシュランフレンチ「シンシア」オーナーシェフ石井さんの3時間に及ぶ、食と料理の対談も収録。
↓↓





■「メシクエLV34」インスタ

メシクエには載せていないお店や内緒の話はインスタでやってます!
コチラ↓↓

















プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新の記事
蒲田「とんかつ 丸一」へ行く。
at 2024-04-15 08:08
吉祥寺「ヨシダゴハン」へ行く。
at 2024-04-14 08:07
高円寺「エルパト」へ行く。
at 2024-04-13 08:07
京都・祇園四条「肉料理おか」..
at 2024-04-12 08:08
京都・四条「wabiya」(..
at 2024-04-11 08:07
新中野「湯気」へ行く。
at 2024-04-10 08:08
西荻窪「鮨いさお」へ行く。
at 2024-04-09 08:08
吉祥寺「simonne」へ行く。
at 2024-04-08 08:07
京都・出町柳「グリル生研会館..
at 2024-04-07 08:06
吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。
at 2024-04-06 08:05