江戸川橋「Ciotat」(シオタ)へ行く。











2022年の秋にオープンしたばかりの南仏料理レストラン「Ciotat」(シオタ)で貸切ディナー。


シェフのシュンさんは南仏で修業をされていて、


帰国後はマンダリンオリエンタル東京のフレンチ「シグネチャー」やミシュラン1つ星の名店「sincere シンシア」などで修業をされていた方。


「シンシア」はここ「メシクエ」でもよく登場していて、


拙著「お人良し~女性プロデューサーが365日外食するわけ~」でも「シンシア」オーナーシェフの石井さんと対談させていただいている。(対談内容は、ぜひ「お人良し」にて)


なので、何度も「シンシア」でシュンさんにはお会いしていたが、


こうして独立されて、今度はご自身のお店のシェフとしてお会いできるのは感慨深い。


ちなみに、店名の「Ciotat(シオタ)」とは、シェフが修業時代によく行っていたという


南フランス・プロヴァンス地方にある港町の名前ラ・シオタから取ったもので、「塩田」さんではないw。


江戸川橋「Ciotat」(シオタ)へ行く。_f0232060_12430816.jpg
















大きな目立つ看板などは出ておらず、お店の前にあるショップーカードの中の名前が看板代わり。


なんかシェフのつつましさというか、人柄が出ている感じ。


江戸川橋「Ciotat」(シオタ)へ行く。_f0232060_12431837.jpg















店内はカウンターのみだが、空間が広く、ゆっくりできる。


シェフがワンオペでやられているので、ワインなどは部屋のドリンクコーナーに置かれているものから好きなものを自分で飲むスタイル。


シェフが知り合いであることもあり、雰囲気の温かさもあり、家飲みをさせてもらってるかのようなリラックス気分。


江戸川橋「Ciotat」(シオタ)へ行く。_f0232060_12482816.jpg















1品目は、ヤギのチーズセミドライトマトの南仏ニース風サラダ。


「ソッカ」というひよこ豆のパリパリクレープと一緒にいただく。


江戸川橋「Ciotat」(シオタ)へ行く。_f0232060_12510583.jpg
江戸川橋「Ciotat」(シオタ)へ行く。_f0232060_12505427.jpg
江戸川橋「Ciotat」(シオタ)へ行く。_f0232060_12511209.jpg
江戸川橋「Ciotat」(シオタ)へ行く。_f0232060_12511934.jpg















2品目は「バントレッシュ」というフランスのバスク地方の豚ばら肉の加工肉のクロスティーニ


手を使って、豪快に頬張る料理。


江戸川橋「Ciotat」(シオタ)へ行く。_f0232060_12535446.jpg
江戸川橋「Ciotat」(シオタ)へ行く。_f0232060_12535999.jpg
江戸川橋「Ciotat」(シオタ)へ行く。_f0232060_12540619.jpg















3品目は、本マグロラタトウィユ


軽く炙ったマグロと、コクのあるラタトウィユがすごく合ってて、とても美味しかった。


江戸川橋「Ciotat」(シオタ)へ行く。_f0232060_12563904.jpg
江戸川橋「Ciotat」(シオタ)へ行く。_f0232060_12564684.jpg















4品目は、ホタテのソテー。


ソースはバターナッツ(かぼちゃ)、付け合わせは「トランペットラモ」というトランペットのような形をしたキノコ。


江戸川橋「Ciotat」(シオタ)へ行く。_f0232060_12565719.jpg
江戸川橋「Ciotat」(シオタ)へ行く。_f0232060_12570798.jpg
江戸川橋「Ciotat」(シオタ)へ行く。_f0232060_12572369.jpg















パンは、神楽坂の大人気ブーランジュリー「Pain des Philosophes(パンデフィロゾフ)」のもの。


シェフイチオシのパンで、ここ最近いただいたバケットの中のダントツNo.1だった。


江戸川橋「Ciotat」(シオタ)へ行く。_f0232060_12573373.jpg
江戸川橋「Ciotat」(シオタ)へ行く。_f0232060_12574743.jpg















5品目はラム肉クスクス


濃厚なラム肉と野菜の煮込みがたっぷりかかったクスクスは、メインディッシュとご飯が一緒になった感じで、お腹いっぱいになる。


江戸川橋「Ciotat」(シオタ)へ行く。_f0232060_13034867.jpg
江戸川橋「Ciotat」(シオタ)へ行く。_f0232060_13035454.jpg















6品目のデザートは、アーモンドのクラリネのミルフィーユと、バスクチーズケーキ


シェフは「シンシア」では途中からデザートを引き継いで担当されていたので、


パティシエのように色んなデザートも作れる。


1人や2人でも予約は可能だそうだが、6名くらいでカウンター貸切をした方がこのお店の雰囲気にはあってて、のんびり楽しく過ごせそう。


江戸川橋「Ciotat」(シオタ)へ行く。_f0232060_13040648.jpg
江戸川橋「Ciotat」(シオタ)へ行く。_f0232060_13041101.jpg
江戸川橋「Ciotat」(シオタ)へ行く。_f0232060_13041809.jpg













■「Ciotat」(シオタ)















いつも応援ありがとうございます。



ついに「メシクエLV34」の本が出ました!!



■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」

【Amazon書籍10部門で1位!】
Amazon書籍5部門でベストセラー!】


Kindle版は100円にて購入できます!
ミシュランフレンチ「シンシア」オーナーシェフ石井さんの3時間に及ぶ、食と料理の対談も収録。
↓↓





■「メシクエLV34」インスタ

メシクエには載せていないお店や内緒の話はインスタでやってます!
コチラ↓↓
















by meshi-quest | 2023-10-19 08:06
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新の記事
京都・祇園四条「肉料理おか」..
at 2024-04-12 08:08
京都・四条「wabiya」(..
at 2024-04-11 08:07
新中野「湯気」へ行く。
at 2024-04-10 08:08
西荻窪「鮨いさお」へ行く。
at 2024-04-09 08:08
吉祥寺「simonne」へ行く。
at 2024-04-08 08:07
京都・出町柳「グリル生研会館..
at 2024-04-07 08:06
吉祥寺「アムリタ食堂」へ行く。
at 2024-04-06 08:05
花修行~M様オーダーメイドア..
at 2024-04-06 08:04
渋谷「熟成鮨 万」へ行く。
at 2024-04-05 08:08
高円寺「鮨 波やし」へ行く。
at 2024-04-04 08:08