赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。











ミシュラン1つ星獲得の


予約の取れない日本料理店「赤坂おぎ乃」にて、


今宵も大将荻野さんの季節感溢れる芸術的なお料理をいただく。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_18553374.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_18554170.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_18555320.jpg
















皐月(5月)のテーマは、端午の節句


端午の節句は男の子の日とも呼ばれ、菖蒲で邪気払いをする風習があることから、


迎い酒は、菖蒲を漬け込んだ梅酒。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_18590042.jpg
















1品目は、フルーツトマトアスパラと、出始めのじゅんさい


上には邪気を祓う「菖蒲刀」


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_18593564.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_18594074.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_18594958.jpg
















2品目は、北海道・噴火湾の毛蟹バフンウニ


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19024242.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19024856.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19025310.jpg
















3品目は、削りたての鰹節の一番出汁を使った「おぎ乃」さん自慢の絶品椀。


皐月のお椀は、アイナメじゅんさい新玉ねぎ


上の白いものはこの時期だけに手に入る柚子の花。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19032456.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19034091.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19033216.jpg
















4品目のお造りは、まずはマコガレイアオリイカから。


アオリイカには細かく丁寧な細工包丁が入っているので、


甘くて、柔らかくて、ネットリしていて、とても美味しい。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19074742.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19075286.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19080761.jpg















軽く炭で薫香の香り付けをしたアジ


自家製の玉ねぎ醤油でいただく。


玉ねぎが甘くて全くクセが無いので、そのまま玉ねぎ醤油をつまみにお酒も飲めるw。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19082544.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19083142.jpg

赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19084470.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19083881.jpg
















最後は、備長炭で香り付けをした宮城塩釜の本鮪


上には手作りの海苔佃煮と黄身醤油と長芋。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19115912.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19120441.jpg
















5品目は、黒鮑の飯蒸し。


ちゃんと器も鮑の形になってて、鮑が主役のお料理。


鮑の肝ともち米を和えたものに、そら豆と、あさりとしじみの優しい餡かけ。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19135026.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19135402.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19135908.jpg















6品目は、緑のアフロヘアがかわいい長野・天竜川の出始めの稚鮎


まだ個体が小さいので焼きではなく、から揚げに。


小さいのに、旨味がギュッと詰まってて、とても美味しい。


頭の上の緑は、きゅうり酢。


鮎が別名「キュウリウオ」を言われるくらい、体からきゅうりの香りがするので、きゅうりを合わせる。


「おぎ乃」さんの鮎は名物の1つ。


この鮎をいただくと、ああ春が過ぎて、5月の初夏に突入したなあと思う。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19161373.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19161857.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19162494.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19155252.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19160285.jpg
















7品目は、太刀魚の塩焼き。


太刀魚だけでも脂が乗ってて、ものすごく美味しいのだが、


太刀魚に炒めキャベツを合わせているのが珍しい。日本料理では初めていただいたかも。


これは、研究熱心が大将の荻野さんの考案で、


若いスタッフさんの中に中華で修業経験がある人がいて、


中華の美味しい野菜炒めの技術を知り、そこに鯛の魚醤を合わせて、付け合わせにしたとのこと。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19201244.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19201914.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19202436.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19203112.jpg
















8品目は、名物のジオラマのような八寸


皐月(3月)は端午の節句新緑テーマになっていて、


八寸の器の上には、5月の季節の花であるあやめが飾られており、


八寸の上のピンクの花が付いた青もみじも新緑を感じさせて、とても美しかった。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19240475.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19234923.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19234340.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19241105.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19283761.jpg














八寸の中身は・・・


・米酢に漬けたたいら貝


えんどう豆のすり流し


えぼ鯛のちまき


たことあずきの旨煮


うるいの白和え


和牛のひうちと九条葱の煮物


シルクスイートの素揚げ


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19274777.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19275284.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19275762.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19280431.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19282062.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19284320.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19285085.jpg















9品目は、対馬の穴子じゃがいも餅の煮物。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19331449.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19332019.jpg















10品目は、〆のご飯。


まずは、名物の大将荻野さんが炭焼きしてくれるの蒲焼の鰻ご飯


皮がパリパリで、中はふっくらの相変わらずの絶品鰻。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19350556.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19351866.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19352556.jpg















2つ目は、桜海老ホワイトアスパラガスの炊き込みご飯。


桜海老は中に混ぜ込んでいるものと、天ぷらにして上からかけている2種類。いい香り。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19345179.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19345651.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19353497.jpg
















本日は、桜海老が食べられないゲストがいたそうで、


もう1種類別の炊き込みご飯を用意しているとのことで、


鮭ハラスホワイトアスパラガスのご飯もお代わりでいただいた。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19374055.jpg
















11品目は、練り立ての白胡麻をたっぷり使った自家製ブランマンジェ


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19381561.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19382101.jpg
















12品目は、静岡の最高級メロン「天使音メロン」と、ココナッツのアイス。


「天使音メロン」はこの時期「おぎ乃」さんくらいでしか出会わないのだが、


ものすごくいい香りで、とても甘くて、今まで食べたメロンの中でNo.1


メロン好きなので、このメロンがいただけるだけでも幸せ。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19374910.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19380213.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_19380777.jpg














■「赤坂 おぎ乃」















いつも応援ありがとうございます。


ついに「メシクエLV34」の本が出ました!!


【Amazon書籍10部門で1位!】
Amazon書籍5部門でベストセラー!】





■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」
Kindle版は100円にて購入できます!



■「メシクエLV34」インスタ
メシクエには載せていないお店や内緒の話はインスタでやってます!















プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新の記事
京都・烏丸御池「セアブラの神..
at 2023-12-10 08:06
高円寺「BAR ボワボワ」へ..
at 2023-12-09 08:07
渋谷「熟成鮨 万」へ行く。
at 2023-12-08 08:07
新宿三丁目「黒タン焼肉青木」..
at 2023-12-07 08:07
京都・三条京阪「セヴェランス..
at 2023-12-06 08:07
西荻窪「西荻窪はや人」へ行く。
at 2023-12-05 08:07
新中野「湯気」へ行く。
at 2023-12-04 08:07
吉祥寺「みゆき苑」へ行く。
at 2023-12-03 08:06
花修行~波やしさんの初冬のア..
at 2023-12-03 08:05
吉祥寺「ビストロハッチ」へ行く。
at 2023-12-02 08:06