広尾「暴飲暴食」へ行く。















懇意にさせていただいてる住所非公開の会員制大人気焼肉店「新進気鋭」が手がけた


今年2023年の1月下旬にオープンしたばかりの、


いっぱい食べていっぱい飲むがコンセプトの大衆焼肉店「暴飲暴食」にお邪魔してきた。


序盤は「新進気鋭」会員向けにご案内をいただき、優先的に予約を取らせていただけてるが、


「新進気鋭」と同じ肉を使いながらも、


こちらは住所公開&非会員も予約可能にしているのが特徴。


広尾「暴飲暴食」へ行く。_f0232060_14171998.jpg
広尾「暴飲暴食」へ行く。_f0232060_14172495.jpg
















店内は1階と2階に分かれており、


大衆焼肉店と言っても、オープン間もないということもあり、店内もとても綺麗。


「新進気鋭」と違って、スタッフが焼くのではなく自分達で焼くスタイル。


広尾「暴飲暴食」へ行く。_f0232060_14172925.jpg














特筆すべきは、ドリンクの値段


暴飲暴食コースの7900円(税抜)を頼むと、ドリンクが90円で頼めて、


結構飲んでも、1万円行かないくらいで、「暴飲暴食」の店名通り、飲み物も食べ物もお腹いっぱいになる。


広尾「暴飲暴食」へ行く。_f0232060_14213836.jpg















まずは、山盛りの白菜キムチから。


こちらはお代わり無料でいただける。


広尾「暴飲暴食」へ行く。_f0232060_14245530.jpg















「暴飲暴食」は1人450gの肉を食べてもらうようになっており(笑)、肉も当然大皿盛りでやってくる。


最初は、タンホルモンハラミから。


広尾「暴飲暴食」へ行く。_f0232060_14252459.jpg
広尾「暴飲暴食」へ行く。_f0232060_14253026.jpg
広尾「暴飲暴食」へ行く。_f0232060_14270259.jpg














焼き野菜サンチュは食べ放題。


広尾「暴飲暴食」へ行く。_f0232060_14315582.jpg
広尾「暴飲暴食」へ行く。_f0232060_14320037.jpg
広尾「暴飲暴食」へ行く。_f0232060_14320504.jpg















「新進気鋭」名物の肉の山も、「暴飲暴食」でも健在!


続いて、トウガラシサンカクバラ葱塩


葱と肉をよく絡めて、サッと炙る感じで肉を焼く。


広尾「暴飲暴食」へ行く。_f0232060_14283250.jpg
広尾「暴飲暴食」へ行く。_f0232060_14290828.jpg
広尾「暴飲暴食」へ行く。_f0232060_14291444.jpg
















サッと炙って、少しレア気味な感じがちょうど美味しい。


アツアツのご飯の上に乗せて、ご飯と一緒に肉を頬張る。


広尾「暴飲暴食」へ行く。_f0232060_14310492.jpg
広尾「暴飲暴食」へ行く。_f0232060_14341059.jpg















葱塩の後は、同じくトウガラシサンカクバラタレがやってくる。


濃いめの味付けになっているので、こちらは卵と共に、すき焼き風で。


肉も柔らかく、とてもご飯が進む味。


ちなみに、このタレの肉皿は1皿でもすごいボリュームだが、


なんとサービスでもう1皿来るので(驚)、食べられるグループは追加可能。


広尾「暴飲暴食」へ行く。_f0232060_14354040.jpg
広尾「暴飲暴食」へ行く。_f0232060_14355285.jpg
広尾「暴飲暴食」へ行く。_f0232060_14355877.jpg
















最後はさっぱりと一口冷麺で終わり。


2時間制ではあるが、全く時間を感じさせないというか、


テンポ良く肉が出てきて、「暴飲暴食」の名前の通り、この時間の中で一気に暴飲暴食する感じ(笑)。


さすが大人気高級焼肉店の「新進気鋭」が手がけるだけあって、


いわゆる大衆焼肉以上の美味しい肉やサービスが受けられ、


何よりも非会員でも予約が可能なので、


一度「新進気鋭」の雰囲気や肉を気軽に楽しみたい人には導入編としてとてもいいと思う。


広尾「暴飲暴食」へ行く。_f0232060_14385678.jpg












■「暴飲暴食」















いつも応援ありがとうございます。


ついに「メシクエLV34」の本が出ました!!


【Amazon書籍10部門で1位!】
Amazon書籍5部門でベストセラー!】





■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」
Kindle版は100円にて購入できます!



■「メシクエLV34」インスタ
メシクエには載せていないお店や内緒の話はインスタでやってます!


















プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新の記事
京都・市役所前「fudo」(..
at 2024-03-05 08:07
名古屋・栄「ザ・タワーホテル..
at 2024-03-04 08:08
京都・烏丸「小川珈琲 堺町錦..
at 2024-03-03 08:06
花修行~波やしさんの桃の節句..
at 2024-03-03 08:05
神戸・元町「圓記」へ行く。
at 2024-03-02 08:06
京都・鍵屋町「丸福楼」に泊まる。
at 2024-03-01 08:05
代々木上原「Celaravi..
at 2024-02-29 08:08
早稲田「旧雨(キュウウ)」へ..
at 2024-02-28 08:08
西荻窪「西荻窪はや人」へ行く。
at 2024-02-27 08:07
京都・祇園四条「肉料理おか」..
at 2024-02-26 08:08