京都・北大路「五」へ行く。












大徳寺の横にある人気蕎麦屋「五」(いつつ)でランチ。


京都の老舗日本料理店「和久傳」の系列店。


ここ数年、連続で年始にお邪魔させていただいていて、


ありがたいことにお店の方にも覚えていていただけて、


「五」で新年にお蕎麦をいただくことが年始めの恒例行事となりつつある。


大徳寺さんの横ということもあり、場所的にもなんか「気」が良いというか、晴れやかな気分になる。


京都・北大路「五」へ行く。_f0232060_15434425.jpg
京都・北大路「五」へ行く。_f0232060_15435007.jpg
京都・北大路「五」へ行く。_f0232060_15435631.jpg
京都・北大路「五」へ行く。_f0232060_15440298.jpg
京都・北大路「五」へ行く。_f0232060_15440718.jpg
















蕎麦のランチコースをいただく。


1品目は、季節のフルーツの京湯葉和え


中にはシャインマスカットや洋梨や林檎、


上にはチーズの元祖と言われている「蘇」(そ)が掛かっている。


京都・北大路「五」へ行く。_f0232060_15452252.jpg
京都・北大路「五」へ行く。_f0232060_15452702.jpg

















2品目は、前菜の5種盛り合わせ。


特製鯖寿司、おから、湯葉、鴨ロース、利休麩の胡麻和えなど。


ランチからお酒が飲めるので、おかずというより、お酒のお供に近い感じ。


京都・北大路「五」へ行く。_f0232060_15475072.jpg
京都・北大路「五」へ行く。_f0232060_15474555.jpg
京都・北大路「五」へ行く。_f0232060_15475669.jpg
京都・北大路「五」へ行く。_f0232060_15480165.jpg
京都・北大路「五」へ行く。_f0232060_15480684.jpg















3品目は天ぷらの盛り合わせ。


コースにはないのだが、別注でその日の食材を揚げてくれる。


この日は蓮根。栗は皮も美味しいので渋皮ごと。


年始ということもあり、種類は少ないが、


揚げ方がものすごく上手で、とても美味しい。


コースには入ってないが、ぜひ天ぷらは注文することをオススメしたい。


京都・北大路「五」へ行く。_f0232060_15510109.jpg
京都・北大路「五」へ行く。_f0232060_15510605.jpg
京都・北大路「五」へ行く。_f0232060_15511286.jpg
















4品目は、北海道瀬棚町の蕎麦の実を使ったもりそば


4%だけつなぎが入っているというほぼ10割


塩だけでも食べれるほど、香り高くて、甘味があって美味しい。


相変わらず、「五」さんのお蕎麦は絶品。


京都・北大路「五」へ行く。_f0232060_15524998.jpg
京都・北大路「五」へ行く。_f0232060_15525545.jpg















蕎麦もさることながら、濃すぎず、薄すぎずの「五」さんの蕎麦つゆも美味しくて、


つゆを味わうために、蕎麦湯をもらうのだが、


この蕎麦湯も濃厚で、ほど良い粘度があり、めちゃくちゃ美味しくて、


思わず、蕎麦つゆと蕎麦湯を開院してしまうくらい絶品。


京都・北大路「五」へ行く。_f0232060_15530071.jpg
















5品目は「七宝」と呼ばれる「五」さんの名物お菓子。


大徳寺さんの名物の「大徳寺納豆」、松の実、胡麻など、


7種類の香りの良い食材が入った複雑な旨味のする食後のお菓子。


今年も、無事に元気に、年始の美味しいお蕎麦がいただけて、幸せだった。


良い年になりますように。

京都・北大路「五」へ行く。_f0232060_15530549.jpg














■「五」
















いつも応援ありがとうございます。

ついに「メシクエLV34」の本が出ました!!


【Amazon書籍10部門で1位!】
Amazon書籍5部門でベストセラー!】





■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」
Kindle版は100円にて購入できます!



■「メシクエLV34」インスタ
メシクエには載せていないお店や内緒の話はインスタでやってます!






















by meshi-quest | 2023-01-06 08:08 | 京都
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新の記事
国分寺「とんかつとんき」へ行く。
at 2024-04-21 08:06
花修行~苔木と黒蝶のアレンジ..
at 2024-04-21 08:05
京都・市役所前「洋食おがた」..
at 2024-04-20 08:07
京都・祇園四条「串揚げとワイ..
at 2024-04-19 08:07
吉祥寺「九 anjir アン..
at 2024-04-18 08:07
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。
at 2024-04-17 08:08
高円寺「シャン寿司」へ行く。
at 2024-04-16 08:07
蒲田「とんかつ 丸一」へ行く。
at 2024-04-15 08:08
吉祥寺「ヨシダゴハン」へ行く。
at 2024-04-14 08:07
高円寺「エルパト」へ行く。
at 2024-04-13 08:07