赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。










片岡鶴太郎さんの三男で、


「京都嵐山吉兆」や「銀座小十」といった


有名日本料理店で修行された荻野聡士さんの人気日本料理店「赤坂おぎ乃」。


季節感溢れる美しくて、美味しい料理をいただきたくて、


ここ最近、ほぼ毎月お邪魔させていただいてる。



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_11345924.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_11350339.jpg

















毎回コースはテーマが決められているのだが、


今回のコースはお月見


国産の大きな大きな松茸と、


まずは迎いの月見酒として、


石川県の日本酒「奥能登の白菊」が振る舞われる。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_11364480.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_11365530.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_11370268.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_11370528.jpg
















1品目は、大きく色鮮やかな里芋の葉に乗せられた先付。


お月見に里芋の葉に乗せてお供えをする風習があるのだそう。


噴火湾の毛蟹と新物のイクラをたっぷりと。



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_11405197.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_11410708.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_11411190.jpg
















2品目は、飯蒸し


最高級白身の島根の「どんちっちのどぐろ」新銀杏の組み合わせ。



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_11451743.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_11453536.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_11452049.jpg
















3品目は、くじのお椀。


削りたての鰹節の一番出汁を使い、


中には島根の松茸と自家製のくず豆腐


めちゃくちゃいい香り!!


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_11465187.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_11465462.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_11465788.jpg

















4品目は、先ほどまで生きていたかわはぎ


身と肝と一緒ににちり酢でいただく。


かわはぎの肝、最高!


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_11494785.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_11495153.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_11495446.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_11495823.jpg















5品目のお造りは、くじら


くじらは、全くクセが無く、上品なまぐろを食べているかのような味わい。


鰹は、備長炭で軽く炙って、黄身醤油と海苔の佃煮で。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_11530055.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_11530543.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_11531623.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_11532168.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_11533194.jpg
















6品目は、愛知県のの蒲焼と白焼。


上には万願寺唐辛子、下には加賀蓮根餅


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_11573206.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_11573653.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_11573930.jpg















7品目の八寸は、お月見をイメージした料理。


真ん中には「月とスッポン」にならって、


月に見立てたスッポンの茶碗蒸し


の器の中には尾崎牛のロースが入っている。



・スッポンの茶碗蒸し

・尾崎牛のロースの胡麻酢かけ

・熊本赤茄子のずんだ和え

・なめことつぶ貝

・イチジクの白ワイン煮

・シャインマスカットの豆腐白和え

・鰯の棒寿司

・きぬかつぎと大徳寺納豆

・島根県松茸のフライ


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_11595414.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12000109.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12000702.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12010461.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12005703.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12003044.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12003590.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12003904.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12004392.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12010151.jpg
















8品目は、アワビの天ぷらとバフンウニの組み合わせ。


同じ昆布を食べる仲間。


ソースはアワビの旨味たっぷりのアワビの肝ソース


残った肝は一口サイズのご飯と一緒に。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12082921.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12083472.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12084243.jpg
















9品目は、荻野さん自ら目の前で作ってくださる


松茸の鍋。


こんなにたくさんの国産松茸が食べれるとは・・・(泣)。


作っている間から店内にいい香りが広がる。


いいお出汁に体中が生き返る。絶品!


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12111417.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12111890.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12112149.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12112769.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12113417.jpg
















10品目は、「おぎ乃」名物の2種の〆のご飯。


1つ目は先ほどの鱧と松茸の出汁を使ったおじや


ご飯が鱧と松茸の旨味を吸いまくってて、めちゃくちゃ美味しい。


2つ目はイクラキノコの親子炊き込みご飯。


ご飯よりも鮭とイクラが多くて、ものすごく美味しい!!


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12135297.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12135539.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12140234.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12141824.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12142269.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12142598.jpg
















食べれる人はさらにお代わり可能で、


炊き込みご飯の他に白飯もあるので、


卵かけご飯をお願いすることもできるw。


美味しい白米は卵だけでも最高のご馳走になる。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12183055.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12183251.jpg
















11品目は、葡萄のゼリー寄せ


巨峰とシャインマスカットに、干し葡萄のソース。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12191156.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12191316.jpg

















12品目は、イチジクの最中。


中にはイチジクのコンポートとラム酒のゼリー。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12191925.jpg



赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12191674.jpg











「おぎ乃」さんの日本料理、本当に美しく、美味しかった。


今年はお月見とかできなったけど、


「おぎ乃」さんの料理で秋を感じさせてもらった。













◼︎「赤坂 おぎ乃」
https://www.facebook.com/akasak.ogino/






「メシクエLV34」の本が出ました!!

■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」


■「メシクエLV34」インスタ









プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン