虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。










少し前に美しくリニューアルをした「ホテルオークラ」


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_2224181.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_22241177.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_22242796.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_22243588.jpg
















その「ホテルオークラ」のメインフレンチレストラン


「ヌーヴェル・エポック」で食事。


ヘルシーアンドガストロノミー


コンセプトにしているオークラの看板となっている高級フレンチ。


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_22281637.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_2228513.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_22293528.jpg
















「紺碧の海へと沈む夕日」と題されたコース。


まずは、アミューズから。


白魚のフリットとエシャロット。


ちょっと居酒屋メニューっぽい地味さがあって残念な始まり。


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_22324911.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_2233157.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_2233976.jpg
















トウモロコシ「ピュアホワイト」のエスプーマ。


「ピマンデスペレット」というフランス・バスク産の高級唐辛子と、


蜂蜜のような味がするハニートリュフとの組み合わせ。


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_2236693.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_22361945.jpg















「ホテルオークラ」で焼いている3種の自家製パン


シチリアレモンが入ったオリーブオイル(右)がすごく美味しい。


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_2238599.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_22392559.jpg















1品目は、「石川県産赤いかのハーブマリネをカネロニに見立てて


プランクトンと新茶あさつゆ 佐賀県嬉野の緑の香り」。


赤いかと、ほのかな苦みがある新茶の不思議な組み合わせ。


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_2243287.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_22431959.jpg















2品目は、


「純血の黒豚ネロパルマの生ハムとぶどうのピクルス


爽やかなキューバミントとオーガニックレモンが香る


オリーブオイルのアイスとともに」。


このオリーブオイルのアイスがすごく美味しくて、生ハムの塩気とピッタリ。


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_22454334.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_2246978.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_2246247.jpg
















3品目は、「大分県産車海老


フランス・アキテーヌ産『ストゥーリア』オシェトラキャビア


シトロネル風味のアーモンドミルクと鮮やかな海老の香味オイル」。


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_22512158.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_22515727.jpg
















4品目は、「ヌーヴェル・エポック」シェフのスペシャリテ


フォアグラのローズ仕立て


『ピエール・ドゥ・ロンサール』魅惑の香り漂う蝶々のクルスティアン」。


バラの花はフォアグラ、蝶々はチョコで出来ていて、とても美しい。


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_2302246.jpg














このフォアグラの一皿、


すごく美しいだけでなく、めちゃくちゃ美味しい!


フォアグラのクセが全く無くて、なめらかで、クリーミー。


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_233025.jpg
















5品目は、「フランス産ウイスキーでフランベした


静岡県産伊勢海老と魚介類のブイヤベース ヌーヴェル・エポック風」。


グリルした伊勢海老の最後の仕上げを目の前でやってくれる。


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_2310094.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_23102493.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_23103540.jpg
















そして、ファイヤー!!!


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_23112577.jpg
















貝は入らず、具沢山でスープ少なめのマルセイユ式ブイヤベース。


伊勢海老と、カサゴホウボウキンメの豪華な魚介。


コースのタイトルにもなっている紺碧の海。


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_23143362.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_23145072.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_2315515.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_23153939.jpg
















6品目は、「くまもとあか牛フィレ肉の備長炭の炙り焼き


カカオニブのビターな甘さを感じる芳醇の赤ワインソース」。


柔らかくて、脂っぽすぎず、赤身すぎず、とても美味しい牛肉。


焼き方も非常に素晴らしい。


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_23193298.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_23195744.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_23201262.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_23202353.jpg
















7品目は、


チーズソムリエが厳選したチーズワゴン


数は少なめだが、ここにあるチーズが本当に美味しくて、驚いた。


色んなクラッシックフレンチでワゴンチーズいただいたが、


間違いなく個人的な3本の指に入るかも。


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_23232994.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_23235895.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_2324854.jpg














マンステール、マスカルポーネ、青カビ、


ブルーベリーのチーズ、絶品のみかんのコンフィチュール。


盛り付けもすごく素敵。


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_2324294.jpg















8品目は、


ラベンダーを使ったブランマンジェ


レモンのジュレとビオラの花。


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_23291834.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_2329289.jpg















9品目の最後のデザートは、


宮崎の完熟マンゴーと、


バジルとオリーブオイルのクリームの組み合わせ。


このデザートはすごく残念で、


最後のデザートだが見た目の盛り上がりに欠けていて、


フルーツの盛り合わせを食べている感じ。


これは勿体ないな・・・、デザートですごく下がる(泣)。


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_23323927.jpg


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_23325825.jpg















最後の小菓子


小さなバナナタルトやマドレーヌなど。


虎ノ門「ヌーヴェル・エポック」へ行く。_f0232060_2334134.jpg











ホテルオークラの顔となるレストランだけあって、


かなり高級なフレンチで、サービスも良く、雰囲気も良い。


ただ、料理はすごく美味しい料理とすごく残念な料理が混在してて、


レストランとしてのポジションやお値段を考えると


どうしても、もう1つ全体的に高いレベルを求めてしまう。


フォアグラのスペシャリテやチーズは本当に美味しく、


序盤のアミューズと最後のデザートは残念だったな(泣)。











■「ヌーヴェル・エポック」
https://theokuratokyo.jp/dining/list/nouvelle_epoque/












プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン