赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。









片岡鶴太郎さんの三男で、


「京都嵐山吉兆」や「銀座小十」といった


有名日本料理店で修行された荻野聡士さんの人気日本料理店「赤坂おぎ乃」。


季節感溢れる美しくて、美味しい料理をいただきたくて、


ここ最近、ほぼ毎月お邪魔させていただいてる。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12483883.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12484872.jpg















さて、今月6月のコース。


まず最初は必ず迎い酒とその月にまつわるお話をしてくださるのだが、


今月はコロナもあって、茅の輪(ちのわ)がテーマ。


神社とかで見かけたことがあるが、


夏越しの大祓 (6月30日)に使用され、それをくぐることにより、


疫病などを避けることができると言われているもの。


「おぎ乃」では、小さな茅の輪の中に盃を置いて、


お客さんに手を伸ばして茅の輪をくぐってもらうようになっていた。


も普通の盃ではなく、神様に供える時に使うような素焼きのもの。


お酒はサッパリとしたいい香りのゆず梅酒。


本当にどこまでも丁寧で凝っていて、


最初から「おぎ乃」ワールドに引き込まれる。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12565069.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_1257259.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_12571389.jpg
















1品目は、「ドルチェドリーム」という


甘ーいトウモロコシのすりながし。


中には枝豆のくず豆腐と、上には北海道産の雲丹


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_1313021.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_1313949.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_1314741.jpg















2品目は、車海老夏野菜の和え物。


夏野菜はヤングコーンや白芋茎(しろずいき)など。


出汁とわさびでさっぱりといただく。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_1331569.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_1332638.jpg















3品目は、天草の黄金鱧のお椀。


鱧をいただくと、夏を感じる。


削りたての鰹節を使った出汁がめちゃくちゃ美味しい。


中の緑のものは若いメロン。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_1315950.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_1314486.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13142125.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13142947.jpg
















4品目はお造り。


京都の旬の大きなとり貝と、マコガレイ、アオリイカ。


花が付いてるものは食べられる小さな胡瓜


こんなに小さくても、花も、この下の小さな胡瓜も、ちゃんと胡瓜の味がする!


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13161749.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13172240.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13173011.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13173839.jpg















愛媛の伊佐木は炒りたての胡麻と共に。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13181814.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13182628.jpg
















藁焼きの初鰹は卵黄や海苔の佃煮と共に。


上に乗っているピンク色の花は、葱の花


ちゃんと葱の香りがして、薬味になってる!


残った卵黄だれは、一口もち米と一緒に綺麗に最後までいただける。


普通のご飯だと崩れてしまうので、


ちゃんともち米になってるところも素晴らしい。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_1321116.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_1321418.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13215221.jpg















5品目は、川辺に遊びに来たかのような美しい八寸


まるでジオラマみたい!!


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_1324690.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13243379.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13244619.jpg















八寸の中身は、


の梅酢、毛蟹とアボカドの白和え、


加賀野菜の金時草、秋田のじゅんさい


の醤油荒い、とドルチェドリームの天ぷらなど。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_1328362.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13285145.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_1329777.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13292314.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13293916.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13295015.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13301777.jpg















6品目は旬の長野天竜川の


めちゃくちゃ美しく揚ってて、鮎がシャーーーーッてなってるw。


私は魚の肝の苦みが苦手で、実は鮎はあまり食べないのだが、


この鮎は変な全く苦みがなくて、美味しかったな。


鮎と共に、相性がいい一口黒ビールが付いてくる。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_1334710.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13342322.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13343295.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13541773.jpg















7品目は、揚げ立ての太刀魚


海苔の出汁と共に。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_1335266.jpg
















8品目は尾崎牛のロースとひれ。


京都の野菜作り名人・樋口さんの鴨茄子と共に。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13405349.jpg















9品目はのどぐろうすい豆の炊き込みご飯。


色合いもよく、のどぐろの旨味と脂がご飯に染み込んでる美味しいご飯。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_1343941.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13432694.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13433855.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13434697.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13435821.jpg
















「おぎ乃」では2種類のご飯が出てくるのだが、


10品目は炊き立ての白米を使った梅鯛茶漬け


梅と鯛が練り込まれてて、崩しながらいただく感じ。


これも梅と鯛のバランスが絶妙でとても美味しかった!


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_1346278.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13461724.jpg















11品目は水無月豆腐


胡麻豆腐を甘くしたもので、


上から和三盆を作る過程で出てくる黒蜜がかかっている。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_134869.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13482183.jpg















12品目は宮崎マンゴー


ココナッツのアイスと共に。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13485773.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13491142.jpg


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_1349198.jpg
















食後にいただいた徳島の阿波番茶


言われないと日本のお茶とも番茶とも気が付かないくらい


ハーブティーのような清涼感のある不思議なお茶。


最後の最後まで驚きの連続で、


毎月の日本の季節だったり、歴史だったりも感じられて、


都内でここまで満足度の高い日本料理店もなかなかないな。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_13511160.jpg











◼︎「赤坂 おぎ乃」
https://www.facebook.com/akasak.ogino/











プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン