三田「日本料理 晴山」へ行く。










予約の取れない日本料理の名店「日本料理 晴山」。


本日はのコースにお邪魔させてもらった。


夜の「晴山」はもちろん良いけど、晴れている昼間の「晴山」もまたいい。


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_2064069.jpg


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_2072084.jpg


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_2073498.jpg


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_207497.jpg














1品目の先付は、うるいの梅肉和え。


春の山菜のほのかな苦みと梅の香りがとても合う。


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_20103881.jpg


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_20111141.jpg


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_20112716.jpg















2品目は、車海老の真薯のお椀。


車海老の真薯がめちゃくちゃ美味しい!!


自家製のくちこ(ナマコの生殖巣)と共に。


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_20125896.jpg


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_20133052.jpg


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_201343100.jpg
















3品目のお造りはメジマグロ


脂乗ってて、甘くて美味しいー。


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_20143942.jpg


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_20145149.jpg
















4品目は、自家製からすみの素麺。


蛤エキスたっぷりの素麺に、からすみパウダーたっぷり。


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_20164151.jpg


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_20165462.jpg
















5品目は、筍の牛肉巻き


これもめちゃくちゃ美味しいーーー!!


甘くて柔らかい筍に、甘辛く味付けた脂乗ってる牛肉がベストマッチ!


これは日本酒!!なので、鳳凰美田のブラックフェニックスをいただく。


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_2019963.jpg


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_20192239.jpg


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_201930100.jpg


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_20194499.jpg
















6品目は、旬のホタルイカタラの芽の天ぷら。


サクッと、カリッと上手に揚ってる!


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_2021487.jpg


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_20211585.jpg
















7品目は、のまんじゅう。


甘味ある蕪のまんじゅうが濃厚な鰻と合ってて、これも絶品。


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_20225065.jpg


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_2023375.jpg
















8品目のご飯は、サクラマスの炊き込みご飯。


これまたすごくいい出汁といい香り。


筍が甘くて、すごく美味しい。


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_20241610.jpg


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_20243482.jpg
















9品目のデザートは、イチゴ和三盆のパンナコッタ。


優しい甘さで、上品な日本料理の〆のデザートにピッタリ。


三田「日本料理 晴山」へ行く。_f0232060_20254275.jpg











満足感の非常に高い昼コース。


昼とは言え、夜コースのような、いい意味の重厚感があるので、


夜は時間が取れない人でも昼も十分満足させてもらえる。


「晴山」さんの日本料理はしみじみ美味しいなあ。










■「晴山」
https://tabelog.com/tokyo/A1314/A131402/13127807/











プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン