四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。








四谷で大人気の予約が取れない中華店「南方中華料理 南三(みなみ)」へ。


今宵も水岡シェフの唯一無二の絶品スパイシー中華をいただく。


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_23131656.jpg












まず1品目は、名物の6種の中華前菜盛り合わせから。


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_23142257.jpg









今日のラインナップは・・・、




酔っぱらい甘海老と紹興酒の枝豆


サバ台湾ハイビスカスの甘酢漬け


よだれマグロ


菜の花黒トリュフとえのきの中華お浸し


里芋ポロ葱の和え物


レモン牡蠣


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_23204159.jpg


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_2321174.jpg


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_23211556.jpg


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_23212657.jpg


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_23213749.jpg


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_23214710.jpg












この前菜で、早速、紹興酒1本ボトル入りました〜!


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_23223614.jpg













2品目は定番の3種の珍味の盛り合わせ。


鴨舌スモーク、大腸のパリパリ揚げ、ウイグルソーセージ


濃厚な珍味に、またまた次の紹興酒のボトル入りました〜!


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_23241683.jpg


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_23243236.jpg


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_23253050.jpg













3品目は、ヒラメオオタニワタリのあんかけ料理。


珍しいシャキシャキの葉物・オオタニワタリがすごく美味しい。


あんかけソースには、30年物切り干し大根、自家製干し肉、白菜。


濃厚で白米を食べたくなる!


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_2331213.jpg













4品目は、雲南ポルチーニ茸の春巻。


すごくいい香り。熱々でサックサク。


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_23333842.jpg













5品目は、アンコウあん肝貴州豆豉煮


貴州豆豉が見た目も香りも納豆とそっくりで、不思議な味。


アンコウやあん肝をこんな食べ方したの初めて!


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_2336398.jpg













6品目のメインディッシュは、牛ステーキ台湾山胡椒炒め。


めちゃくちゃ濃厚で、スパイシー。


これは・・・、紹興酒ボトル追加で〜!!


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_23393646.jpg


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_2340617.jpg













7品目は雲南ジロール茸カラスミ太ビーフン


なかなかお目にかかれないスパゲッティーのような太ビーフン。


まさに濃厚な中華カルボーナーラ!!


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_23483782.jpg













8品目の〆のデザートは、イチゴのシャーベットと


杏仁豆腐桃の樹液


「南三」独特のこの不思議な3つの組み合わせがすごく合う!


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_23573637.jpg









食材も味も香りも、他の中華レストランでは味わえない


本当に唯一無二の「南三」の南方中華。


今日も最高でした!!








■「南方中華料理 南三」
https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13221235/









by meshi-quest | 2020-03-11 08:07 | 四谷
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン