四谷三丁目「バンダラランカ」へ行く。










四谷三丁目の住宅地の中にひっそりと佇む、


現代アートなどの展覧会を行う


アートコンプレックスセンター


こんな場所に、こんなところがあったのか・・・という感じの、


ホント周りは住宅街で、最寄駅からもそこそこ歩くのだが、


このアートセンターの1階に、


これまた知る人ぞ知る「BANDARA LANKA(バンダラランカ)」という


スリランカ料理とセイロンティーの専門店がある。


四谷三丁目「バンダラランカ」へ行く。_f0232060_12282323.jpg


四谷三丁目「バンダラランカ」へ行く。_f0232060_1228329.jpg


四谷三丁目「バンダラランカ」へ行く。_f0232060_12284081.jpg


四谷三丁目「バンダラランカ」へ行く。_f0232060_12284823.jpg
















今から3年前に私は紅茶建築のためにスリランカに行ったことがあり、


その模様はメシクエストを含め全15話でたっぷりレポートさせてもらってるので、


ぜひコチラをご覧いただきたいのだが、


そんなこんなで毎日食べてたこともあり、意外とスリランカ料理を身近に感じている。














「バンダラランカ」では


ランチにスリランカカレーブッフェを行っており、


色んなテイストの本格的なスリランカカレーが気軽に楽しめる。


四谷三丁目「バンダラランカ」へ行く。_f0232060_12364320.jpg















ご飯はスリランカ赤米サフランライスの2種。


四谷三丁目「バンダラランカ」へ行く。_f0232060_12384937.jpg















この日のカレーは、ダール(豆)、かぼちゃチキンの3種。


四谷三丁目「バンダラランカ」へ行く。_f0232060_12394778.jpg


四谷三丁目「バンダラランカ」へ行く。_f0232060_12402054.jpg


四谷三丁目「バンダラランカ」へ行く。_f0232060_12402819.jpg


四谷三丁目「バンダラランカ」へ行く。_f0232060_1240372.jpg














付け合わせのサバニシンスパイシー炒め


スリランカは海に囲まれた島国なので、


魚を使ったカレーや料理が実際現地でも多かった。


四谷三丁目「バンダラランカ」へ行く。_f0232060_12424064.jpg
















そして、スリランカカレーに欠かせないサンバル


サンボルはいわゆるご飯のふりかけのようなもので、


どこに行っても、必ずこのサンボルがあって、


たいていココナッツで和えられてる。


今日は、ココナッツのサンボルと春菊のココナッツ和え。


四谷三丁目「バンダラランカ」へ行く。_f0232060_12461360.jpg


四谷三丁目「バンダラランカ」へ行く。_f0232060_12462166.jpg
















あとは、豆せんべいのパパダム


これはインド料理でもよく出てくる、塩気の効いた豆せん。


四谷三丁目「バンダラランカ」へ行く。_f0232060_124626.jpg
















スリランカ式のカレーは、


真ん中にご飯を盛り付けて、


その周りにメインのカレーや色んなおかずを加えて


円形上に配置することが多く、


「バンダラランカ」でも初めて来ると、盛り付けの話も教えてくれる。


で、カレーやおかずを好みで混ぜて調合して食べる感じ。


個人的には、現地で食べたスリランカカレーよりも


「バンダラランカ」のカレーの方が辛かったが、


まあしばらく食べてると辛さには慣れる。


スパイス感やクセはインドカレーより少ないので、


最初の辛さだけイケれば日本人にはスリランカカレーは食べやすい。


四谷三丁目「バンダラランカ」へ行く。_f0232060_12491959.jpg
















最後にデザート。


「ワタラッパン」というスリランカのココナッツプリン。


セイロンティーはお代わり自由で、


注いでくれるたびに、フレーバーを変えてくれるのが嬉しい。


なかなか機会がないスリランカに触れるには、


すごくいいきっかけをくれるレストラン。


結構人気でランチは満席なことが多いので、予約推奨。


四谷三丁目「バンダラランカ」へ行く。_f0232060_1254314.jpg


四谷三丁目「バンダラランカ」へ行く。_f0232060_12544527.jpg












■「バンダラランカ」
https://www.bandaralanka.jp/











by meshi-quest | 2020-02-10 08:05 | 四谷
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン