京都「一の傳 本店」へ行く。










2019年の年末に発表した


「メシュラン2019」でベストレストランに選ばせていただいた


京都・柳馬場通りにある西京漬け専門店「一の傳」本店へ。


京都にはいっぱいお店があるんだが、


やっぱり京都に来たら、ここの西京焼きを食べないと始まらない!!


というわけで、東京から予約をして、新幹線降りて荷物持ったまま直行w。


京都「一の傳 本店」へ行く。_f0232060_1413471.jpg
















今日はちょっと空いてるようで、


2階の4名席の座敷を1人で使わせてもらった。


京都「一の傳 本店」へ行く。_f0232060_14151763.jpg


京都「一の傳 本店」へ行く。_f0232060_14152925.jpg















京都の老舗「一保堂茶舗」「滴露」という玉露(500円)。


美味しいお茶を飲んで一息つく。


京都「一の傳 本店」へ行く。_f0232060_14171474.jpg
















お料理は1コース(抹茶付き4,250円)だけで、


まず1品目は「一の傳」の「一」の漢字をかたどった器に乗ってる


京前菜の盛り合わせから。


京都「一の傳 本店」へ行く。_f0232060_1421280.jpg
















堀川牛蒡の茶碗蒸し、ふぐ皮の白子和え、九条ネギと北寄貝のぬた、


鮪寿司、からすみ大根、干し柿とチーズの酒盗漬けなど。


ランチからお酒も飲めるようになってるので、酒の肴にもなる前菜。


京都「一の傳 本店」へ行く。_f0232060_14234295.jpg


京都「一の傳 本店」へ行く。_f0232060_14235082.jpg


京都「一の傳 本店」へ行く。_f0232060_14235610.jpg















2品目は、海老芋白味噌椀


柔らかく炊いた海老芋と、京都の美味しい白味噌との組み合わせ。


ほんのり柚子も効いてて、白味噌ホント美味しいなー。


京都「一の傳 本店」へ行く。_f0232060_14261558.jpg


京都「一の傳 本店」へ行く。_f0232060_14262640.jpg















3品目は蕪蒸し


冬の京都に来たら、ぜひ食べたい一品。


蕪ってこんなに甘くて美味しいのかと改めて感動。


京都「一の傳 本店」へ行く。_f0232060_14274487.jpg


京都「一の傳 本店」へ行く。_f0232060_14275675.jpg
















4品目はメインディッシュの銀だら蔵みそ焼き


「一の傳」秘伝の西京味噌に漬け込まれた絶品銀だら。


1階のショップでも買えるのだが、


味噌焼きは焼き方も大事で、やっぱりお店で食べるのはひと味違う!


「一の傳」の銀だらは、私の最後の晩餐の候補の1つだ。


京都「一の傳 本店」へ行く。_f0232060_14304956.jpg


京都「一の傳 本店」へ行く。_f0232060_14313561.jpg















丹波産こしひかりの土鍋炊きご飯。


西京焼きに合うような厳選されたお米と、水加減と、炊き方。


すごく軽くて、どんどん食べれてしまう。


京都「一の傳 本店」へ行く。_f0232060_14335494.jpg


京都「一の傳 本店」へ行く。_f0232060_1434254.jpg















5品目は「一保堂」の抹茶とデザート。


柚子のジュレを掛けたブランマンジェ


京都「一の傳 本店」へ行く。_f0232060_14351170.jpg


京都「一の傳 本店」へ行く。_f0232060_14351789.jpg


京都「一の傳 本店」へ行く。_f0232060_14352543.jpg











ああ、何度食べても「一の傳」の銀だらは最高!


最近、京都到着と共に、我慢できずにその足で銀だら食べに行くパターンが多いw。


なお、ランチは完全予約制で、フラッと行って入ることは出来ないので、


必ず予約専用電話から事前予約を。







■「一の傳 本店」
http://www.ichinoden.jp/









by meshi-quest | 2020-01-22 08:08 | 旅行_国内
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン