門前仲町「パッソアパッソ」へ行く。










門前仲町にあるジビエイタリアンの名店、


「Passo a Passo パッソアパッソ」で常連さん主催の貸し切りディナー。


f0232060_15919.jpg


f0232060_1591433.jpg


f0232060_1592473.jpg















今日は「パッソアパッソ」の1年の中でも特別な日で、


白トリュフ祭りが開催される!!!


f0232060_15125097.jpg














トリュフの名産地イタリアのピエモンテ、トスカーナ、ウンブリアから、


今が旬の最高級白トリュフが集まり、


なんとこの量の白トリュフを8人で使い切る贅沢な会!!!


f0232060_1513373.jpg















ああ、この世のモノとは思えないいい香り~!!


こんな量の白トリュフ、ちょっと他ではお目にかかれない。


すでに私はほろ酔い、トリュフ酔い。トリュフ、最高!!


f0232060_15143388.jpg















1品目の前菜から白トリュフ祭り。


シマゾイ、ズワイガニの上に、白トリュフとキャビアの組み合わせ。


f0232060_15194244.jpg


f0232060_1520844.jpg


f0232060_15201698.jpg


f0232060_15225312.jpg














パンは、イノシシの脂を使った素朴な甘みのある丸いパンと、


パルミジャーノのグリッシーニと、


生落花生「おおまさり」の豆乳を使った細長いパンの3種。


f0232060_15223212.jpg
















2品目は、ジビエ冷菜の盛り合わせ。


下の段が、鳥取の本州鹿、エゾ鹿、真鴨、シギ


上に段が、イノシシのヒレ、福井のアナグマやヤマドリのテリーヌなど。


字面を並べると、料理というより、まるで動物園のようなバリエーションw。


どれもものすごく上手に処理と料理が施されていて、


全く臭みがなく、軽くて食べやすいジビエだった。


f0232060_15284321.jpg


f0232060_15285510.jpg


f0232060_1529650.jpg


f0232060_15291320.jpg


f0232060_15292345.jpg
















3品目は、イノシシのブロード(スープ出汁)に


里芋をすりつぶしたトロトロしたスープ。寒い日にピッタリ。


上に乗っているゴルゴンゾーラチーズがいいアクセントになってる。


f0232060_1532115.jpg


f0232060_15321025.jpg
















4品目は、ライチョウの出汁とカボチャで作ったリゾット。


しかも上にはライチョウの肉やエゾ鹿のロース肉も!!


f0232060_1534348.jpg


f0232060_15344281.jpg















そして、ここで終わらないのが「パッソアパッソ」!


上から白トリュフをふんだんにかけてくれる。


f0232060_15353239.jpg


f0232060_15354052.jpg















今日は~なんの日~?白トリュフの日~!!


というわけで、なんと追い白トリュフw


白トリュフがこんもりしてきたw。


f0232060_15364233.jpg


f0232060_15371231.jpg















そして、な、なんと!!!


今日は祭りなので、追い追い白トリュフwww。


もう皿から白トリュフがはみ出ているw。


クリーミーなリゾットに大量の白トリュフ。


ああ、幸せ。これぞ、白トリュフ祭り。


はみ出た白トリュフは責任もって回収し、美味しくいただきました。


f0232060_15391637.jpg


f0232060_15393399.jpg


f0232060_15394274.jpg


f0232060_15395215.jpg


f0232060_15415599.jpg















5品目のメインディッシュは、なんと3種のジビエが登場。


オナガガモのロースト。


ロース肉だけでなく、足や手の部分、砂肝など全てをいただく。


f0232060_1544292.jpg


f0232060_15441475.jpg


f0232060_15442924.jpg


f0232060_15444151.jpg















もう1つのお皿には、


小熊(大きい肉)とハクビシン(小さい肉)。


え、ハクビシン??と聞き返してしまったがw、


生まれて初めてハクビシンを食べさせてもらった。


ハクビシン、全くクセがなくて、鶏肉っぽさもあり美味しい。


小熊も脂に甘味があって、柔らかくて美味しかった。


f0232060_1547441.jpg


f0232060_15475747.jpg















有馬シェフが用意してくれた季節の野菜の付け合わせの上に、


みんなでジビエを切り分けていただく。


大皿でジビエを出してもらえるなんて、すごく贅沢だなあ。


f0232060_15503299.jpg


f0232060_15504122.jpg


f0232060_15501749.jpg


f0232060_15505766.jpg















6品目は、ジビエのラグーパスタ。


これがめちゃくちゃ美味しくて、


メインディッシュでかなりお腹いっぱいになったはずなのに、ペロリ。


f0232060_1552915.jpg
















7品目のデザートは、有馬シェフがすごくいいのが入った!と言う、


丹波の大栗を丸ごと1つ使った栗のパイ包み焼きと、


甘味と酸味のバランスがいい紅玉のジェラード。


栗のパイ包みのソースと上にも白トリュフ


栗と白トリュフの相性がすごく良く、ここ最近で一番美味しい栗のデザートだった。


f0232060_1555138.jpg


f0232060_15552115.jpg


f0232060_1555315.jpg










最強&最高の白トリュフ祭りだった!


今年一年分の白トリュフを体内に吸収した気分w。


有馬シェフ、ありがとうございました!!









■「パッソアパッソ」
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131303/13004092/









プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン