板橋「鮨 まつ本」へ行く。










食通の知人にご招待いただき、


板橋にあるの名店「鮨 まつ本」で貸し切りグルメ会。


JR板橋駅から近く、


お店は7席でいっぱいくらいのこじんまりとしてて、


明るく楽しい大将山本さんと奥さんで切り盛りするアットホームな鮨屋さん。


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16162956.jpg
















日本酒の品揃えがすごいと伺ってたが、


十四代の最高級ラインに始まり、


新政、而今、黒龍などの有名日本酒から、


大将が探してきた各地の鮨に合う銘酒まで噂以上の品揃えだった。


色々と悩んだ末、ラベルがかわいい雪男の日本酒を1杯目にいただく。


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16214844.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16222556.jpg
















「鮨 まつ本」は大将のおまかせコースが基本で、


にぎりとつまみが交互に出てくるスタイル。


まずは、シンイカのにぎりから。


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16235232.jpg
















次に、松茸根三つ葉のお浸し。


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16244886.jpg















こはだサンマ


今年はサンマが不漁だと聞いたが、このサンマはとても美味しかった。


サンマの上には肝を焼いたものが乗ってる。


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16261095.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16262527.jpg















本ししゃも


スーパーで売ってるししゃもと味も香りも大違い。これぞ本物。


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16271249.jpg
















アジのにぎりと毛ガニ豆腐


この毛ガニ豆腐、カニ身がぎっしり詰まってて、


濃厚でめちゃくちゃ美味しかった!!


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_1628468.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16282294.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16284635.jpg
















卵を乗せたボタン海老のにぎりと戻り鰹


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16291943.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16293553.jpg

















軽く炙ったホッキ貝のにぎりと蒸し黒アワビ


黒アワビはをたっぷり味わえるように、


後から小さなシャリを入れて、肝飯にしてくれる。


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_1631487.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16311970.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16312789.jpg















キンメの炙りにぎりとメヒカリの一夜干し。


どちらも脂ノリノリで、濃厚で、すごく美味しい!!


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16322982.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16324437.jpg
















口直しにサッパリと富山の白エビを挟んで、


いよいよ登場!


2週間熟成させた赤身中トロ。最高。


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16344761.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_1634397.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16355729.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16351693.jpg
















鱈の白子ポン酢とのどぐろの巻物。


のどぐろ、めちゃくちゃ美味しい!!


脂が海苔を貫通してくるくらい、脂乗ってる。


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16373952.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16375511.jpg















ここまでどれも絶品だったが、


本日の最強と言っても過言ではないカワハギ


中には濃厚なカワハギのもたっぷりサンド。


泣ける旨さ!!!


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16401785.jpg
















イクラウニのミニ丼ぶりに、


手ガニの茶碗蒸し。


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16413511.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_1642432.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16421261.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16422026.jpg















フワッフワの煮穴子


口の中でホロッととろける。


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_164372.jpg
















最後は、ネギトロ巻


これでもか!というくらいネギトロ入ってて、


食べてる間に海苔の間から出てくるくらいw。


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16442492.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16443379.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16444119.jpg
















〆のもものすごく美味しかった。


甘さ控えめな上品な玉子ケーキを食べている感じ。


2層になってて、


フワフワのスフレ部分とカスタードのようなトロッとした部分があり、


これはここだけでしか味わえない美味しい玉だった。


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16464613.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_1647242.jpg
















ほうじ茶プリンまでいただいて、


こんなに高級で美味しい鮨とつまみを食べまくったので、


いくらになるのかと思ったら、あまりの安さに正直驚いた。


板橋という場所柄もあるのだろうけど、


東京の中心繁華街でいただくお鮨の1/3くらいのお値段。


この味とボリュームをこの値段で出されてるのでれば、


きっとすぐに予約困難店になるだろうな・・・。


素晴らしい鮨屋さんだった。



板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16503257.jpg











■「鮨 まつ本」
https://tabelog.com/tokyo/A1322/A132201/13185463/











by meshi-quest | 2019-10-31 08:08
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン