恵比寿「ハレガストロノミア」へ行く。










最近、とても気に入っていてお邪魔させていただいてる


イタリア料理日本料理を融合させたガストロノミー、


「HaRe Gastronomia ハレガストロノミア」でディナー。


高い天井いっぱいに広がる大きな木がお出迎え。


f0232060_19481876.jpg















ティー&アルコールのハーフペアリング付きのコース。


高知県の香り良いお茶の水出しをいただきながら、


お持ち帰りが出来る選べるマイ箸


f0232060_1951712.jpg


f0232060_19511658.jpg
















まずはシェフから迎い酒


ルビーのように輝く液体は、赤しそ梅酒と合わせたもの。


f0232060_19522940.jpg


f0232060_19523999.jpg















先付八寸は、4品の前菜盛り合わせ。


玉蜀黍(トウモロコシ)のビアンコマンジャーレとじゅん菜、


オクラと煎り酒のジュレ、


メロンなどを乳酸発酵させた緑のガスパチョ


会津産馬肉と赤米のブルスケッタ。


f0232060_19563761.jpg


f0232060_19573244.jpg


f0232060_19574841.jpg


f0232060_19575636.jpg


f0232060_1958881.jpg
















お凌ぎは、サンダニエーレ産プロシュート


ストラッキーノチーズを


自家製パン・オ・ルヴァンの上に乗せたもの。


お酒のおつまみになるオープンサンドみたいな感じ。


f0232060_2002680.jpg


f0232060_2004950.jpg















お椀は、冷製のパッパ・アル・ポモドーロ


「パッパ・アル・ポモドーロ」はフィレンツェ名物のトマトのパン粥


パン粥と言っても、パンの感じはほとんど残ってなくて、


トロっとした濃厚なトマトスープみたいな感じ。


静岡のアメーラトマトと、上には焼き茄子のジェラート。


f0232060_2042164.jpg


f0232060_2043925.jpg


f0232060_2044928.jpg















油物は、飯蒸しを包んだ若鮎の棒書揚げ。


鮎の全てを食べれるように骨や皮を砕いて練り込んだ塩味のクッキーも。


f0232060_2064851.jpg


f0232060_2071328.jpg


f0232060_2073864.jpg


f0232060_208191.jpg














向附は、ハガツオスマガツオ


2種のカツオを使った海鮮サラダ。


合わせるドリンクは玉露と梅干を使った海苔の風味のあるお茶。


f0232060_20112022.jpg


f0232060_20112983.jpg


f0232060_20114127.jpg
















強肴は、植木鉢のような


パルミジャーノ・レッジャーノのクレーマと、


西京漬けにしたフォアグラ豆腐と奈良漬けの組み合わせ。


f0232060_20131081.jpg


f0232060_20142490.jpg


f0232060_20143370.jpg















焼物は、佐賀牛サーロインのビステッカと、


きたあかりとカボチャを使った詰め物パスタ


上からはオーストラリア産の黒トリュフをたっぷり。


合わせるドリンクは玄米茶に、生ハムでコクを出したお茶。


f0232060_2016336.jpg


f0232060_20171040.jpg


f0232060_2017176.jpg


f0232060_2018023.jpg
















炊合せは、車海老のポルペッティ。


甘めの出汁に加茂茄子と、上からはミントの香りのモヒートのスプーマ。


f0232060_20194968.jpg


f0232060_20195870.jpg















御飯は、脂の乗ったのどぐろを使った炊き込みご飯。


f0232060_20213440.jpg


f0232060_20214960.jpg


f0232060_20215791.jpg


f0232060_202249.jpg


f0232060_20221169.jpg















水物は、甘酒フロマージュブランのパンナコッタ。


f0232060_20225314.jpg
















菓子はメロンのズッパ・ロマーナと酒粕のジェラート。


メロンの果汁にケーキを染み込ませていただく、


メロン好きにはたまらない一品。


上の白いものはヨーグルトパウダー。


f0232060_20244223.jpg


f0232060_20245276.jpg









料理の組み合わせも、使う食材もすごく個性的で面白い。


初めての人もきっと驚き多くて楽しめるが、


色んなイタリアンを食べ尽くした人にもぜひ食べてもらいたいレストラン。


月によって替わるコースもとても楽しみ。








◼︎「HaRe Gastronomia ハレガストロノミア」
https://hare-tokyo.jp/










プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン