北参道「Sincere シンシア」へ行く。












大好きな石井シェフのフレンチ、


北参道「Sincere シンシア」で友達とのフルコースディナー。


f0232060_1633050.jpg


f0232060_1633834.jpg


f0232060_16332367.jpg















そして、本日は特別に取っておいてもらった、


私が今まで飲んだ全ての白ワインの中で


一番美味しかった白ワイン


Beau Paysage (ボー・ペイサージュ)の「a hum」をいただく日!!!


日本の奇跡の白ワインと言われていて、


日本、パリ、シンガポールでしか売られてないそうで、その数もわずか。


ワイン好き垂涎の幻の1本を開けさせていただきます!!!


f0232060_16375123.jpg
















色んなフレンチにお邪魔してるが、


このワインは本当に入手が難しいようで、


生産者さんと直接コネがないとほぼ無理で、


結構有名店でも手に入らず、私も飲むのは「Sincere シンシア」さんくらい。


超高級なリンゴジュースを飲んでいるような


クラクラするくらいのいい香りと、程よい甘さと、飲みやすさ。


美味しいのなんのって、このボトルの中に入っていたいくらいw。


f0232060_16423510.jpg















極上の白ワインに酔いしれながら、


まずは1品目の北寄貝のアミューズ。


上には毛蟹キャビアと、ソースはシャンパンソース。


f0232060_16451570.jpg


f0232060_16453860.jpg


f0232060_16454770.jpg
















恒例の選べる「Sincere シンシア」の絶品パンは、


名物のブリオッシュを含む5種。


今日は、いつものブリオッシュとバケットと、


「インカのめざめ」を使った食パンの3つにした。


信州味噌を練り込んだバターが美味しくて、どんどんパンを進ませるw。


f0232060_16481711.jpg


f0232060_16482837.jpg


f0232060_16483785.jpg
















2品目は、名物のアミューズの5種盛り合わせ。


お菓子のように繊細でかわいらしいアミューズ。


f0232060_16504535.jpg















グリーンピースしらすのタルト。


f0232060_16512252.jpg















朝食のトーストをイメージしたアミューズ。


トーストの上には、ハムに見立てたブータンノワールとウズラの卵。


f0232060_1653642.jpg
















パリパリの生地の中に、パプリカのムースを包んだもの。


f0232060_16535770.jpg














紫蘇を使ったアミューズ。


f0232060_16543539.jpg
















天使の海老に古代米をまとわせたもの。


f0232060_16553086.jpg















3品目は活ボタン海老登場!


元気に動きまくってて、イキがいい。  


その活ボタン海老にカリフラワーのムース、


昆布、ハーブオイルを合わせた一品。


頭はサックサクのフリットに。


f0232060_1658485.jpg


f0232060_1659033.jpg


f0232060_1659919.jpg















4品目は、雌牛いちぼばふん雲丹の組み合わせ。


中には名残のやオーストラリア産の黒トリュフも。


f0232060_1712083.jpg


f0232060_1715613.jpg















この料理はこれで終わらず、なんと上から出汁をかけて、


ほんのり肉に火を入れて、お茶漬け風に。


実山椒も入ってて、すごくいい香り。


f0232060_1731923.jpg


f0232060_1734571.jpg


f0232060_1735482.jpg
















5品目は、フォアグラのラビオリ。


3種の調理法のグリーンアスパラガスと、


めちゃくちゃ香り良いモリーユ茸の泡と共に。


f0232060_1754519.jpg


f0232060_1755525.jpg















6品目は、「Sincere シンシア」名物の鯛焼きの登場。


石井シェフも常連にはもう出してくれない料理なのだが(笑)、


今日は友人の中に「Sincere シンシア」初めての人がいたので、


私も久しぶりに鯛焼きを食べれることになったw。


f0232060_1782177.jpg


f0232060_1783366.jpg















クラッシックなパイ包み焼きになっていて、


中には明石の真鯛、ソースは大好きなアメリケーヌソース


付け合わせは、花ズッキーニの中にホタテの練り物。


「Sincere シンシア」の鯛焼きは、いくつ食べても飽きずに美味しい。


f0232060_1711955.jpg


f0232060_17111954.jpg















選べる龍泉模様のナイフがやってきて、


そろそろ本日のメインディッシュのお出まし。


f0232060_17124118.jpg
















と、そこで、なんと今日は特別に、


Beau Paysage (ボー・ペイサージュ)の


「a hum」の赤もあるとのことで、


赤も開けさせていただくことに!


我がワイン人生に一片の悔いなし!!!


f0232060_1715317.jpg

















最高の赤ワインが待ち構える7品目のメインディッシュは、


岩手のほろほろ鶏ジロール茸の組み合わせ。


ほろほろ鶏が柔らかくて、旨味があり、かなり美味しい。


ジロール茸は昔から大好きで、いい香りに包まれ、幸せ。


f0232060_1717910.jpg


f0232060_1718460.jpg















8品目の〆のストウブご飯は、いつものブイヤベースご飯


今日も6種くらいから選べたのだが、


甲殻機動隊としては結局いつもコレ一択w。


f0232060_17191589.jpg


f0232060_17193649.jpg
















9品目のはじめのデザートは、


パッションフルーツやマンゴーに、


パクチー、抹茶などを合わせた爽やかな一品。


f0232060_17211673.jpg
















10品目のメインのデザートは、


クラッシュしたスポンジケーキに、


イチゴのソルベ、フロマージュアイス、


飴で作った筒状の中に入ったわさび風味の生クリームなど、


一緒に食べると口の中でショートケーキになる!


f0232060_1724532.jpg
















恒例のジオラマの中に隠された3つの小菓子と、


ハーブティーでほっとひと休み。


f0232060_1725085.jpg


f0232060_17252491.jpg















カカオのマドレーヌをお土産にいただき、


大満足の夏のフルコースだった。


「a hum」本当に美味しい。


一晩で白も赤も飲ませてもらえるなんて、夢みたいな夜だった。


f0232060_17265925.jpg


f0232060_17271285.jpg










■「Sincere シンシア」
https://www.facebook.com/fr.sincere/









プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン