富士河口湖町「星のや富士」へ行く。春の後編










「星のや富士」では絶景を見ながら、自然と触れ合い、


グランピングな中で非日常を味わうことが出来る。


ゆえに、周りには何もないので、


食べることが1つの大きなエンターテイメントとなり、


何だかんだで食べてばかりいることになるw。














夕方の山麓の燻製作りが終わってから、


1時間くらいすると、ディナータイムになる。


ディナーは、大きく分けて


屋外の森の中で食べるディナー


室内のレストランで食べるディナー


部屋のキャビンの中で食べるディナー


の3つに分かれていて、それぞれ有料で値段も異なり、予約が必要。














一番人気は当然外で食べる森の狩猟肉ディナーで、


フォレストキッチンという


ディナータイムの時だけ行ける森の小道の先にある。


f0232060_21344737.jpg


f0232060_21343414.jpg















夜になると、こんな感じに周りが暗くなり、


フォレストキッチンだけ明かりがともる。


1組のゲストに1つのキッチンテーブルが与えられ、


スタッフと共に、料理によってはゲストも参加しながら作って食べる。


f0232060_21372387.jpg


f0232060_2138682.jpg


f0232060_21591890.jpg


f0232060_21381952.jpg
















1品目は、馬肉のタルタル。


松の実と卵黄を混ぜ合わせ、上から生の山葵を削って食べる。


フレッシュな山葵なので、すごく風味が良く、そこまで辛くない。


f0232060_21413626.jpg


f0232060_21421445.jpg


f0232060_21422862.jpg


f0232060_21424288.jpg















ドリンクはペアリングになっていて、


ノンアルかアルコールかが選べる。


アルコールペアリングは、国産の泡、白、赤の組み合わせ。


f0232060_21435892.jpg


f0232060_21441423.jpg















2品目は、桜鱒のポワレ。


付け合わせは春の山菜、行者ニンニク、ヤマメの卵、そら豆など。


ソースは苦味あるセルバチコのソースと、


クリーミーなシトラスのムースの2種。


f0232060_21485075.jpg


f0232060_21493725.jpg


f0232060_21495017.jpg















3品目は、鹿肉ベーコンと菜の花のリゾット。


鉄鍋の中に生クリームや菜の花を入れて、


ゲストが楽しみながら作る料理。


本当にキャンプではこんな優雅にいかないと思うが、


キャンプした気になれるのがグランピングの良さw。


f0232060_21532769.jpg


f0232060_21534135.jpg


f0232060_21535560.jpg


f0232060_2154560.jpg















パルミジャーノをたっぷりかけて、完成!


鹿肉とクリームとパルミジャーノの濃厚で美味しいリゾット。


f0232060_21553027.jpg
















鹿の角のカトラリーが出てきて、


いよいよ4品目のメインディッシュは、


鹿肉のグリル。


鍋の下には岩塩山椒の実を散りばめ、


香りと塩味を肉に付けていく。


f0232060_21581138.jpg


f0232060_21582358.jpg


f0232060_21583439.jpg















鹿肉の味がやや感じられないくらい山椒が主張してたので、


もう少し山椒の量は減らしてもいいかな。


山椒が強めだが美味しい鹿肉ではあった。


f0232060_221550.jpg


f0232060_2224475.jpg


f0232060_223169.jpg















5品目のデザートは、


ゲストが作るイチゴのソースとのアイス。


f0232060_2244025.jpg


f0232060_2245391.jpg


f0232060_225532.jpg


f0232060_226546.jpg


f0232060_2261725.jpg















抹茶のクッキーをトッピング。


イチゴのソースも、桜のアイスも美味しかった!


たとえ、それがグランピングで完全に準備されたものであっても、


やっぱり自分で作って、外で食べると、それだけで美味しい。


非日常の楽しいディナーだった。


f0232060_2283056.jpg


f0232060_228399.jpg


f0232060_228514.jpg
















さて、お気づきの方もいたかと思うが、


狩猟肉ディナーは非日常で、楽しくて美味しいが、


全体的に小ぶりで、量は少ない(笑)。


そういう人のために有料のルームサービスが用意されておりw、


コンビニもないこの状況では背に腹は代えられんし、


何よりも「星のや富士」の


グランピングなルームサービスは気になる。














というわけで、ジャーーーーン!!!


テラスのこたつに、グランピングカレーを用意してもらった!!


f0232060_22141889.jpg
















本当のキャンプのように


自分で作るカレーがコンセプトで、


カレーはキャンプ道具に入ってやってくる。


f0232060_22164962.jpg


f0232060_2217991.jpg















さらに、クミン、コリアンダー、レッドペッパー、


カルダモン、ジンジャーの5つのスパイスポットと、


スパイスミルが付いてきて、自分で好みのスパイスをひいて、


カレーの中に入れて、好きな味のカレーを作ることができる。


これは、楽しいなー。


f0232060_22195754.jpg


f0232060_22202251.jpg















カレーの具は自分たちで鉄板で焼いて、カレーに乗せる。


牛肉がやたらジューシーで美味しかった!!


キャンプ気分が味わえる、楽しいグランピングカレーだった。


f0232060_22215738.jpg


f0232060_22221985.jpg


f0232060_22223299.jpg















翌朝


残念ながら雲が多く、富士山はご機嫌ななめで、お顔が見れず。


でも、8:30ちょうどに頼んでおいた朝食BOXはちゃんと到着。


f0232060_22304393.jpg


f0232060_22254094.jpg















楽しいブレックファーストの始まり。


ちなみにこの朝食BOXは、河口湖のバスフィッシングに使われる


釣り具を入れるタックルボックスをイメージして作ったもの、


とのこと。


f0232060_22261281.jpg















朝食BOXの1段目を開けるとこんな感じ。


焼き立てのダッチオーブンブレッドが顔を出す。


f0232060_22295147.jpg
















全部開けると、こんな感じ。


見てるだけでもテンション上がって、目が覚めるw。


f0232060_22313420.jpg















ケフィアヨーグルト、季節のサラダ、


スキレットで焼き上げた具沢山のオムレツ


ソーセージにロースト野菜、トマトクリームスープなど、


食べ応えのある、盛りだくさんな朝食。


f0232060_22332428.jpg


f0232060_22334940.jpg


f0232060_2234335.jpg


f0232060_22341357.jpg


f0232060_22342485.jpg















楽しかったな、「星のや富士」。


いい感じの非日常グランピングを堪能させてもらった。


また季節を変えてお邪魔したいな。


次は、朝から元気な富士山が見えますように。


f0232060_22352298.jpg









■「星のや富士」
https://hoshinoya.com/fuji/









by meshi-quest | 2019-05-31 08:08 | 旅行_国内
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン