銀座・帝国ホテル「レ セゾン」へ行く。










旬のホワイトアスパラガスをいただきに、


銀座帝国ホテル内のフレンチの名店「レ セゾン」へ。


4月から5月にかけてのこの時期はフランス直輸入の


巨大な甘くて美味しいホワイトアスパラガスが食べられる。


f0232060_18273982.jpg


f0232060_18274990.jpg















「レ セゾン」入店にはドレスコードがあるが、


店内は意外とアットホームで、スタッフも気さくなので、居心地がいい。


ゲヴェルツトラミネールで乾杯。


1つ目のアミューズは、ゴボウラディッシュ


ソースはポワロー葱を使ったクリームソース。


f0232060_1830427.jpg


f0232060_18311179.jpg


f0232060_18311966.jpg


f0232060_18312637.jpg















2つ目のアミューズは、生のホタテ新玉ねぎのエスプーマ。


上には、パールオニオン、オリーブオイルの玉、


ほうじ茶醤油のパウダーがかかっている。


f0232060_18364060.jpg


f0232060_18365538.jpg
















本日は、スタッフにおすすめを聞きつつ、アラカルトで注文。


まずは、1品目の前菜は今回楽しみにしていた


フランス直輸入の巨大なホワイトアスパラガス!!!


の「レ セゾン」のホワイトアスパラガスの料理は


卵とバターの濃厚なムースリーヌをかけるシンプルで王道料理だったが、




今回はまるで別人が作られたかのように、色鮮やかで、


めちゃくちゃかわいらしいアスパラ料理が出てきて驚いた。


f0232060_1844131.jpg















味は、クラッシックな美味しい王道フレンチなのだが、


そこに日本の食材の柚子などを使い、日本人が好む味付けになっている。


緑のソースはレタス、赤いものはパンチェッタのチップ。


f0232060_18455312.jpg


f0232060_1846965.jpg


f0232060_18461891.jpg















2品目は、サザエの薄切りのソテー。


上から菜の花のスープを注ぎ、上には日向夏の泡が乗っている。


見た目は春らしく華やかな雰囲気、


味はサザエの旨味がしっかり出てて、見た目以上に食べ応えある一品。


f0232060_1850106.jpg


f0232060_18501979.jpg


f0232060_18502782.jpg
















4品目は、本日のおすすめの魚料理で、


駿河湾産赤座海老のシンプルロースト。


ソースは海老のクリームソース、風味良い天然茸のソテーと共に。


この赤座海老が甘味があって、プリプリで、


火入れが上手で程よく中がレアになっていて、絶品だった!!


パンは魚料理用に追加され、四万十川の青海苔を練り込んだパン。


f0232060_18534779.jpg


f0232060_18552433.jpg


f0232060_18553555.jpg















4品目は、天然茸のクルートで覆ったフランス産シャラン鴨胸肉。


付け合わせは、鴨の腿肉のパテと春野菜を入れたブイヨン。


メインに同じ食材を使ながらも、


全く違った調理法の2種の料理を出してくれるのは「レ セゾン」流。


f0232060_18591887.jpg


f0232060_18593849.jpg


f0232060_18594742.jpg
















5品目のアバンデセールは、


マンゴー、ココナッツ、パッションフルーツの


口直しにピッタリな爽やかなデザート。


f0232060_191537.jpg


f0232060_1911992.jpg

















6品目のメインデザートは、


ブラッドオレンジ風味のルバーブのコンポート。


グリオットチェリーのソルベとクリームと一緒にいただく、


甘味と酸味のバランスがいい食べやすいデザート。


f0232060_193127.jpg


f0232060_1933442.jpg















食後の小菓子と、チョコレートは好きなものを好きなだけ。


f0232060_1942074.jpg


f0232060_1942961.jpg


f0232060_1944147.jpg










以前「レ セゾン」に来た時には、


かなりクラッシックな王道フレンチで、


今回は前の料理とあまりに違うので、


メインシェフが変わったのかと思ったら、以前と同じフランス人の方で、


京都などに頻繁に行かれて、日本の文化や食材に触れたことで、


料理も日本に合わせてガラッと変わったのだそう。












前はこんな色鮮やかでかわいらしいフレンチではなく、


どちらかと言うと、カッコいい感じの風格のあるフレンチだった。


日本の食材もあまり使っていなかったので、ガラッと変わって驚いた。


もちろん王道も良かったけど、個人的には今の方が好きかな!







■「Les Saisons レ セゾン」
http://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/restaurant/5









by meshi-quest | 2019-05-20 08:08 | 銀座
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン