中野「松㐂(マツキ)」へ行く。










友達からの紹介で、中野の超人気の美味しいビストロがあると聞き、


何度かお電話させてもらったが、


繋がらなかったり、予約一杯だったりで、


ようやく念願かなってお邪魔できたビストロ「松㐂(マツキ)」。


中野「松㐂(マツキ)」へ行く。_f0232060_1294828.jpg


中野「松㐂(マツキ)」へ行く。_f0232060_1212154.jpg














中野ブロードウェイなどがある賑やかな方の中野ではなく、


あまり行くことがなかった方の中野側にあって、


こんなところにビストロあったんだ!という場所。


門構えからの想像よりも店内は意外に席数があったが、


予約により全席満席で、途中カウンターの後ろに立ち飲みが出るほどの人気。


中野「松㐂(マツキ)」へ行く。_f0232060_12957100.jpg


中野「松㐂(マツキ)」へ行く。_f0232060_12125115.jpg















料理は、アミューズ、前菜、スープ、主菜の


5000円のプリフィックスコースのみ。


まずはアミューズで、玉ねぎのキッシュから。


おお、これは・・・!!フォルムといい、味といい、


仲良くさせてもらっているフレンチの名店「オテル・ドゥ・ミクニ」の


名物アミューズ「玉ねぎのキッシュ」にすごく似てて、



結局聞けなかったけど、シェフは三國さんのところで修業してたのかな・・。


ミクニのキッシュは日本一美味しいと思ってるのだが、


こちらもとても美味しく出来ていて、絶品だった。


中野「松㐂(マツキ)」へ行く。_f0232060_12173356.jpg


中野「松㐂(マツキ)」へ行く。_f0232060_12175142.jpg















次にスープ


白いんげん豆と野菜とバジルのスープ。


やさしい味で、野菜たっぷりなので美容と健康に良さそうな感じ。


中野「松㐂(マツキ)」へ行く。_f0232060_12222737.jpg


中野「松㐂(マツキ)」へ行く。_f0232060_12223637.jpg


中野「松㐂(マツキ)」へ行く。_f0232060_12224523.jpg















選べる前菜は、北海道ホッキ貝とカルドンチェッロのバターソテーに。


カルドンチェッロはイタリア産の肉厚のキノコ。いい香り。


中野「松㐂(マツキ)」へ行く。_f0232060_1224457.jpg


中野「松㐂(マツキ)」へ行く。_f0232060_12245549.jpg














メインはサクラマスのパネ。


ソースは風味良いフキノトウのタルタルソース。


シンプルなサクサクのフィッシュフライ。上手に揚っていた。


中野「松㐂(マツキ)」へ行く。_f0232060_12263099.jpg


中野「松㐂(マツキ)」へ行く。_f0232060_12265393.jpg















主菜は本当は魚か肉かで1種だけなのだが、


なかなか来る機会もないので、追加料金で肉料理も注文してみることに。


豚肩ロース 白菜 黒トリュフご飯。


出汁が入った雑炊風になっていて、和食もちょっと感じる一品。


とても軽いのでサラッと食べれる。

中野「松㐂(マツキ)」へ行く。_f0232060_12302862.jpg


中野「松㐂(マツキ)」へ行く。_f0232060_12303993.jpg















デザートは別料金で、苺のミルフィーユ


甘さ控えめで美味しく出来てる。


水出し紅茶もいい香りで相性が良い。


中野「松㐂(マツキ)」へ行く。_f0232060_12321343.jpg


中野「松㐂(マツキ)」へ行く。_f0232060_12322581.jpg


中野「松㐂(マツキ)」へ行く。_f0232060_12323461.jpg









これまであまり中野になかった感じで、


味、内容、雰囲気含めて、人気があるのも納得のビストロ。


ただ、個人的にはもう少しメニューに種類と、


もう少し味なり、量なりに緩急が欲しかったな、という感じ。







■「松㐂(マツキ)」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131902/13205335/









プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン