札幌「夜パフェ専門パフェテリア ミル」へ行く。










札幌では、飲んだ〆にパフェを食べるらしい。


そんな夜パフェの噂は聞いていたが、


それも一部の店の、一部の人のブームかと思っていた・・・。













ところが、実際札幌に行ってみたら、


至る所に「夜パフェ」の看板があって、


外は吹雪いてて、雪が積もり、寒いというのに、


アイスクリームたっぷりのパフェを求めて、


店前に待ちの列が出来てるほど文化として根付いてて驚いた。














実際、最初に行った店は数組待ちが出てて入れなくて、


そのお店の系列店に電話してもらって、ようやく予約して入れたほどの人気。


しかも、夜の11時半の出来事w。


f0232060_211252.jpg


f0232060_2113166.jpg














店内は、20~30代の若い男女グループが多かったが、


中にはおじさま2人組もいたりして、


夜におじさままでがホントにパフェ食べてて驚く。


f0232060_21142429.jpg















夜パフェと言っても、単なるパフェを出す喫茶店ではなく、


結構アルコールが揃ってて、もちろんコーヒーや紅茶もあるが、


お酒に合わせて、パフェを楽しむ、甘党飲兵衛向けの文化のようだ。


ウイスキーとカフェラテを注文。


f0232060_21163053.jpg


f0232060_21164329.jpg














後悔をしないように生きるが成沢家の教えなので、


滅多に札幌に来れないことも考えて、パフェを2つ注文してみる。


本当は全部制覇したいところだが、そこは冷静になって留まった。


まずは、ジャスミンとティラミスと柑橘のパフェ(1250円)。


めちゃくちゃかわいくて、手が込んでる(≧∇≦)!!!


f0232060_21212587.jpg


















上はジャスミンジェラード、大人のティラミスなど、


食用花のエディブルフラワーも飾りに乗ってる。


f0232060_212371.jpg
















下はジャスミンのジュレ、白ゴマのパンナコッタなど、


花のオブジェもチョコレートと飴細工で出来てて、食べれる。


f0232060_2125139.jpg





















もう1つは、「泡、時々いちご」(1750円)というパフェ。


f0232060_21264717.jpg
















上にはフレッシュながたっぷり敷き詰められてて、


赤い丸のモノはカシスの寒天、緑のモノは飴細工。


f0232060_21281412.jpg















中は、シャンパンのムースやシャンパンジュレ、


木苺のレアチーズなどが層になって敷き詰められている。


f0232060_21305178.jpg











さすが夜パフェだけあって、


食べて飲んだ後に甘いものを食べることを想定し、


ちゃんと甘さがコントロールされてて、


全体的に胃もたれしない軽い作りになってるので、


〆のパフェが食べられる仕組みになっている。










夜パフェ、楽しいなあー。


東京にも出来ないかな・・・なんて思ってたら、


このお店の姉妹店が渋谷にあることが分かり、


ちゃんと東京でも深夜まで夜パフェが出来るようだ。








■「夜パフェ専門パフェテリア ミル」
https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103/1057878/








by meshi-quest | 2019-03-04 08:08 | 旅行_国内
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン