沖縄・那覇「たけやん寿司」へ行く。









那覇に深夜1時から5時までしかやっていない


「たけやん寿司」という幻の寿司屋がある。













以前、偶然深夜1時にお邪魔して、


沖縄寿司のイメージが変わるほどものすごく美味しくて、



その後も出張の度にチャレンジをしているが、


過去2回、重く閉ざされたシャッターは開かず、振られ続けていた。














老夫婦が営む地元の寿司屋さんに、


HPやTwitterでのお知らせなんてもんはない。


何度もトライして、色んな地元の人に聞きまくった結果、


12時半の時点でシャッターが15センチほど開いてると、


その日は営業、開いてないとその日はお休みという


暗黙のローカルルールがあることを知った。













なので、12時半に我々はやってきて、


まずは、シャッターチェックをする。


f0232060_19402138.jpg














開いてる!!!!!


f0232060_19423032.jpg















待つこと30分、深夜1時に無事扉が開き、


3度目の正直で、一番乗りで店内に入った。


なんだかメシクエスト感満載の、


妙にテンションの上がるゲームみたいな寿司屋さんだw。


ちなみに、この時点で、後ろにも知る人ぞ知る数組の列が出来てて、満席。


f0232060_194458100.jpg















まずは、3度目の正直、2回目の入店が果たせたことを乾杯!


日本酒は、久保田百寿のみ。


f0232060_1947129.jpg


f0232060_19473185.jpg


f0232060_19474158.jpg














まずは、天あじ大羽イワシから。


めちゃくちゃ大きくて、脂乗ってて、最高!!!


f0232060_19493191.jpg


f0232060_19495389.jpg


f0232060_195037.jpg















マグロ、鯛、車海老、ウニ軍艦


シンプルだけど、どれも美味しい。


ネタはないものも多く、中トロとかは入荷しない。


なので、ショーケースと張り紙を見て、


また次来れるか分からないのでw、あるものはとりあえず頼むのがコツ。


f0232060_19573558.jpg


f0232060_1958316.jpg


f0232060_20151351.jpg


f0232060_20152543.jpg


f0232060_20153546.jpg















つぶ貝は、注文してから貝を丸ごと潰して作ってくれるので、


1貫、2貫では頼めず、5貫くらい来てしまうので、覚悟をw。


でも、その分、生きてた貝をすぐ握ってくれるので、すごく美味しい!


f0232060_20172349.jpg


f0232060_201854.jpg















赤貝も貝を丸ごと使うので、注文すると、3貫来る。


しかも、身の部分だけでなく、肝やヒモの部分も来る。


f0232060_20194387.jpg


f0232060_20201528.jpg















ホタテ、デカイなw。


甘くて、これもすごく美味しい。


f0232060_20212439.jpg


f0232060_20213834.jpg














〆サバに、島ダコ、白イカ。


f0232060_2023086.jpg


f0232060_20231551.jpg


f0232060_20232670.jpg















は、甘さ控えめで、いい塩梅の味。


f0232060_2024753.jpg
















天あじがあまりに美味しかったので、お代わり。


f0232060_20261745.jpg









深夜1時まで待つ価値のある、素晴らしい寿司屋さん。


沖縄寿司はイマイチと思われがちだが、イメージが180度変わる店。


大将がかなり御高齢ではあるが、末永く続けて欲しい。


お寿司をいただいて、食べ終わる頃には夜中の2時を回ってるけどw、


また出張の際には気合入れてチャレンジしてみます。







■「たけやん寿司」
https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47003107/









by meshi-quest | 2019-02-14 08:08 | 沖縄
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン