高円寺「鮨 波やし」へ行く。









懇意にさせてもらっている高円寺の鮨の名店「鮨 波やし」で食事。


おつまみをつまみながら、日本酒を一杯。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_18502941.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_18503721.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_18504561.jpg














お造りは、ボタン海老、青柳、本マグロ、カツオ、サバ。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_18521966.jpg














魚介たっぷりの茶碗蒸しに、


毛蟹はカニ味噌の甲羅付きで。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1855083.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_185589.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_18551724.jpg














和牛サーロインと、口直しのおしんこサラダ。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1856065.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1856964.jpg
















いつもの酢飯のリゾットは、


マヨとカニ味噌好きの私のために特別アレンジをしてもらって、


マヨカニ味噌あんかけチャーハンに変身!


このチャーハン、泣けるほど美味い!!!!


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_18581049.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_18581830.jpg














お気に入りのばくだんと、


これまた大好きなスモークサーモンのハラス


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_18592794.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_18593949.jpg















いつものおつまみを一通り楽しんだ後に、


にぎりはづけからスタート。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1901751.jpg















ヒラメ、こはだ、アジ。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1913315.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1915262.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1915984.jpg















左がイワシ、右がサンマ


どちらもものすごく脂が乗ってる。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1924199.jpg















サバ千枚漬け乗せと、白イカ。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1935314.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_194693.jpg















つぶ貝、白エビ、車海老。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1944685.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1945654.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1952739.jpg














すじこウニのゴールデンコンビ。


ウニは、シャリにも焼きウニをまぶしていて、


ウニ好き垂涎のウニまみれ


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1955927.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_196965.jpg














穴子、鉄火巻き&エビマヨきゅうり。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1981231.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_1982489.jpg















〆は、おつまみで食べている大好きなばくだんを海苔巻きに。


左はいつもの納豆と海鮮を混ぜたばくだん、


右はばくだんと同じ材料を使って混ぜずに巻いたもの。


同じ食材でも混ぜたものと、


混ぜないものとで味が微妙に異なって、


なるほどー、面白い発見だった!


こういうちょっと実験的な食のエンターテイメントに


ちゃんと真っ向から付き合ってくれるのが「波やし」さんの素敵なところ。


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_19123229.jpg


高円寺「鮨 波やし」へ行く。_f0232060_19124026.jpg








■「鮨 波やし」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13070215/








by meshi-quest | 2019-01-16 08:08 | 高円寺
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン