吉祥寺「プルミエレタージュ」へ行く。










吉祥寺にある人気カジュアルフレンチ、


「1er Etage プルミエレタージュ」でディナー。


スタッフの皆さんが私の好みや食べる量も知っててくれるので、


とても気楽に、たびたびふらっと立ち寄らせてもらっている。


融通やわがまま聞かせてもらえるって、


ホント客にとって大事で、また思い出して行きたくなるお店になる。


吉祥寺「プルミエレタージュ」へ行く。_f0232060_23172130.jpg


吉祥寺「プルミエレタージュ」へ行く。_f0232060_2318307.jpg















1品目は、本日のおすすめの北寄貝のソテー。


付け合わせに温かいヴィシソワーズ


クリーミーな北寄貝のソースは、かなり好みの味で、美味しかった!


吉祥寺「プルミエレタージュ」へ行く。_f0232060_23202045.jpg


吉祥寺「プルミエレタージュ」へ行く。_f0232060_23203297.jpg


吉祥寺「プルミエレタージュ」へ行く。_f0232060_23204164.jpg















2品目は、シェフ特製のサラダ・ニソワーズ


自家製ツナとブラックオリーブと


いんげんが特徴の海の町・ニース風のサラダ。


吉祥寺「プルミエレタージュ」へ行く。_f0232060_23231712.jpg


吉祥寺「プルミエレタージュ」へ行く。_f0232060_23233544.jpg















現地ではスタッフがお客さんの目の前で混ぜて


サラダを作ってくれるそうで、


ここ「プルミエレタージュ」でも現地風に作ってくれる。


吉祥寺「プルミエレタージュ」へ行く。_f0232060_23242582.jpg


吉祥寺「プルミエレタージュ」へ行く。_f0232060_23252062.jpg















「STYLE BREAD」の美味しいライ麦パンとバケット。


小麦の風味がしっかり出ていて、硬さも好みのパン。


吉祥寺「プルミエレタージュ」へ行く。_f0232060_23473855.jpg















3品目は、メニューにはない鶏肉玉ねぎの優しい煮込み。


見た目よりサッパリしていて、柔らかく、胃に優しい感じ。


付け合わせは加賀レンコンとマッシュポテト。


吉祥寺「プルミエレタージュ」へ行く。_f0232060_23565358.jpg


吉祥寺「プルミエレタージュ」へ行く。_f0232060_23571427.jpg















4品目は、の赤ワイン煮込み。


鰻を丸めて、豚の脂で包んでコクを出しているとのこと。


フレンチの鰻は結構煮詰めた濃くて甘いソースを使うことが多いが、


「プルミエレタージュ」のソースは甘味はなく、


鰻をちゃんと食べさせる感じ。


若干その分、川魚独特の匂いが出てしまってる感じもあったが、


甘ったるいソースよりはこっちの方が好きかな。


吉祥寺「プルミエレタージュ」へ行く。_f0232060_23594359.jpg


吉祥寺「プルミエレタージュ」へ行く。_f0232060_23595735.jpg















5品目のメインデッシュは、


鴨ブランドであるフランス・ペリゴール産のロティ。


ソースはバルサミコ鶏レバー


柔らかくて、鴨の旨味がちゃんと感じられる美味しいメインだった。


吉祥寺「プルミエレタージュ」へ行く。_f0232060_025420.jpg


吉祥寺「プルミエレタージュ」へ行く。_f0232060_03634.jpg









■「プルミエレタージュ」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13217579/







by meshi-quest | 2018-12-17 08:07 | 吉祥寺
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン