北参道「Sincere シンシア」へ行く。










懇意にさせてもらっている大好きな石井シェフのフレンチ、


北参道「Sincere シンシア」で友人と食事。


f0232060_12174435.jpg


f0232060_1218082.jpg















本日のお目当ては、今年から始めたという


今が旬、本気のアルバ白トリュフコース!!


アルバ産の白トリュフと言えば、1個数万円の最高級の白トリュフ。


どんな料理が出てくるのか、超楽しみ!


f0232060_1219864.jpg


f0232060_12192619.jpg















1品目は、活ボタン海老


ホントにバンバン跳ねてて、活きがいい。


これを一気に剥いて、1品目のアミューズに。


上の白いムースは、トマトのエキスを抽出したもの。


f0232060_12221131.jpg


f0232060_12223013.jpg


f0232060_12223822.jpg


f0232060_12225025.jpg















2品目は、「シンシア」名物の5つアミューズ


f0232060_12235847.jpg













まず目を引くのが、このウサギの最中


中にはイチジクフォアグラが入っている。


かわいい顔と裏腹にw、中はワインにガッツリ合う大人な味。


f0232060_12251818.jpg














円筒状のサクサククリスピー生地の中には、


和栗のムースがたっぷり。


上にはブランデーの香りが添えてあって、アクセントに。


f0232060_12263186.jpg














ミニケーキのようなかわいらしいアミューズは、鹿のパテ。


飾りつけが細やかでチョコレートケーキを見ているようだが、


ちゃんと赤ワインに合いそうなコクのある美味しいパテ。


f0232060_12283717.jpg















海老のチップスの上に、


白エビと菜の花のタルタルを乗せたもの。


f0232060_12292541.jpg














球体の卵のようなアミューズは、


サーモンクリームチーズの組み合わせ。


ものすごく柔らかく、そっと手で持たないと潰れてしまいそう。


f0232060_12303931.jpg















アルバの白トリュフ、キターーーーー(≧∇≦)!!!


デカイ!!!


そして、とんでもなくいい香りがするーーーーー!!!


f0232060_12323171.jpg


f0232060_12331523.jpg














3品目は、アルバの白トリュフの香りを存分に楽しむため、


シンプルに焼き立てのオムレツと合わせる。


トリュフと卵の相性はホント抜群!!


写真は4人前のオムレツ。


f0232060_12352925.jpg


f0232060_12354459.jpg


f0232060_12355357.jpg














付け合わせは、カプチーノ仕立ての洋風茶碗蒸し


オムレツの上にも、茶碗蒸しの上にも白トリュフいっぱい。


f0232060_12363050.jpg


f0232060_12364034.jpg


f0232060_12364979.jpg














「シンシア」の選べる絶品自家製パンは、


いつもの「シンシア」刻印ブリオッシュ栗の食パンで。


f0232060_12381359.jpg


f0232060_12383338.jpg















4品目は、北海道の活帆立と、


群馬県金子さんのめちゃくちゃ甘いのロースト。


そして、その上には白トリュフ


濃厚な貝出汁のクリームソースと白トリュフがたまらなく美味しい!!


f0232060_1240196.jpg


f0232060_12412416.jpg















5品目は、旬の蝦夷鮑秋トリュフのコンソメ。


ここは、白ではなく、黒トリュフ。


中には、キンキ馬肉まで入ってて、豪華な一品。


f0232060_1243938.jpg


f0232060_1243189.jpg















6品目は、ふぐの白子


クラッシックな鯛のパイ包み焼きの中に、


たっぷりの白子を詰め合わせた魚料理。


少し酸味の効いたクリーミーなソースと白子の相性がとてもいい。


当然、上には白トリュフも鎮座!


f0232060_12454348.jpg


f0232060_12461619.jpg


f0232060_12462482.jpg















7品目のメインディッシュは、熊本の和王の牛ヒレ肉


上には、フォアグラのロッシーニと白トリュフ


白トリュフに牛ヒレにフォアグラに、濃厚と芳醇の極みのような一品。


f0232060_1252888.jpg


f0232060_12522185.jpg


f0232060_12523110.jpg


f0232060_12524169.jpg















8品目の選べる〆の土鍋ご飯は、


5種のうち、白トリュフを使ったご飯にしようと思ったのだが、


悩んだ末、大好きなブイヤベースのリゾットにした。


こういうところに、ちょくちょくワンパターンな私のクセがが出てくるw。


f0232060_12552146.jpg


f0232060_12555112.jpg


f0232060_1256558.jpg















白トリュフはないけど、


ブイヤベースが相変わらずめちゃくちゃ美味しい!


f0232060_1256343.jpg















他の人が頼んだ白トリュフ和牛タルタルのご飯、


白エビフリットのかき揚げご飯はこんな感じ。


f0232060_12573587.jpg


f0232060_1258447.jpg















9品目のデザートは、


甘酒のムースと甘酒のアイスの雪のような白いデザート。


そして、ここにもなんと、白トリュフ!!


甘酒の甘味と白トリュフの香りと、


中に入ってるレモンのコンフィチュールのバランス良い美味しいデザートだった。


f0232060_130283.jpg


f0232060_1303680.jpg















最後はジオラマに見立てて、その中に隠された3つの小菓子


ヴェルヴェーヌ(レモンバーベナ)のハーブティー。


お土産には、カカオのマドレーヌ。


f0232060_133366.jpg


f0232060_1335650.jpg


f0232060_13431.jpg











「シンシア」初の白トリュフコースだったが、


最初から最後のデザートまで白トリュフを使い切る、


石井シェフ本気の素晴らしい白トリュフコースだった!


白トリュフの値段を考えたら、


全体的にものすごくリーズナブルなコースになってるので、


本気の白トリュフを味わいたい方はぜひ。








■「Sincere シンシア」
https://www.facebook.com/fr.sincere/








by meshi-quest | 2018-12-14 08:08 | 新宿
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン