熱海「せかいえ」へ行く。①









心身共に疲れて、


「そうだ、温泉にいこう」ということになった。













東京駅から新幹線でたった45分で来れるのに、


思えば、ちゃんと熱海に来たことがなった。












生まれて初めて「熱海秘宝館」に来てみた。


年季入った昭和なエロエンタメ満載だが、作りこんであって、


意外と見どころが多く、考えさせられることも多かった。


f0232060_14161092.jpg


f0232060_1417319.jpg














熱海の駅前の小さな温泉街に大行列ができてた熱海プリン


パッケージがかわいいだけでなく、実際甘さ控えめで美味しかった。


f0232060_14181436.jpg


f0232060_14184228.jpg


f0232060_14185313.jpg


f0232060_1419298.jpg















さて、今回の熱海の旅のハイライトは、


ずっと泊まってみたかった超高級ホテル「せかいえ」


駅のそばにある山の上に建つホテルで、


昨年の2017年11月オープンしたばかりで、綺麗で、新しい。


f0232060_14211324.jpg


f0232060_14212699.jpg


f0232060_14214252.jpg













今回は、贅沢に海を臨むテラスと、


完全プライベート露天温泉付きの部屋にさせてもらった。


こちらが客室


まあ、広いこと、広いことw。


部屋にはBOSEのBluetoothスピーカーや蒸気が出る美顔器まで完備。


f0232060_14255545.jpg


f0232060_14264110.jpg














ちょっといいビールやリッチなフルーツジュースが飲み放題。


ウイスキーミニボトルやワインがなかったのはちょっと残念。


f0232060_14275120.jpg














洗面所はこんな感じで、ダブルシンクでありがたい。


「LEAF&BOTANICS」のほぼ全商品が揃ってる。


デフォルトのアメニティー意外に、


ジョンマスターやロクシタンも貸し出ししているらしい。


ドライヤーはダイソンだった。


f0232060_14312255.jpg


f0232060_14314021.jpg


f0232060_14333349.jpg















テラスからの眺めが素晴らしく、ベッドに寝ころびながら、


海を眺めていたら、風が気持ちよく、1時間ほど爆睡してしまった(笑)。


テラスには完全プライベート露天温泉があり、


単なるお湯ではなく、ほのかに硫黄のする、本当の温泉。


これが早朝でも、昼でも、夜中でもいつでも入り放題なのはホント素晴らしい。


f0232060_1436465.jpg


f0232060_1436241.jpg


f0232060_14363754.jpg


f0232060_14365038.jpg


f0232060_1437081.jpg















あまりに部屋の居心地が良すぎて、外に出たくなくなるのだが、


ご飯の時間がやってきたので、喜んで、部屋から出る。


夕食は、「肉料理ひとしお」にて鉄板焼きのコース。


オープンキッチンのカウンター越しに鉄板があり、


すべてが壁で仕切られているので、


ほぼ個室のようなプライベート感が保たれてる。


f0232060_14402155.jpg


f0232060_14404590.jpg


f0232060_1441076.jpg


f0232060_14412757.jpg














1品目は、ビゴール黒豚の生ハム。


中には梨と、上にはパルメザンチーズ。


f0232060_14433344.jpg


f0232060_14434538.jpg















2品目は、フランス産フォアグラのソテー。


茄子のコンフィーと一緒に。


f0232060_14444053.jpg


f0232060_14445582.jpg















3品目は色々なキノコ蒸しスープ仕立て。


中には白玉とうふが入っている。いい香り、いい出汁。


f0232060_14461260.jpg


f0232060_14463063.jpg















4品目は、和牛のユッケ風炙り。


韓国海苔を巻いて食べるのだが、とても美味しい!


f0232060_14473531.jpg


f0232060_14475389.jpg















5品目は豚スペアリブの炭火焼き。


お好みで蜂蜜辛子を付けていただく。


f0232060_14491524.jpg


f0232060_14492882.jpg














6品目は、デザートのように見えるが、なんとサラダ


フルーツトマトのジェラートとバジルのムース。


見た目にも美しく、すごく食べやすくて、このサラダすごくいい!!


肉も美味しかったけど、個人的に一番感動して、一番好きだったかも、このサラダ。


f0232060_14504067.jpg


f0232060_1450516.jpg















7品目は、徳島県産阿波尾鶏の炭火焼き。


柔らかくて、炭のいい香りがする鶏肉。


f0232060_1453579.jpg


f0232060_14532298.jpg















8品目は、料理長が自ら打ったという、手打ち蕎麦


上には、なめたけと大根おろし。


コシがあり、さっぱりしてて、これも美味しい。


f0232060_14543337.jpg


f0232060_14544481.jpg















9品目は、厚切り牛タン


各テーブルごとに、1人づつ焼き手の方が付いてくれる。


f0232060_14561419.jpg


f0232060_14563657.jpg


f0232060_14564941.jpg















10品目は、黒毛和牛のフィレ鉄板焼き。


肉の味が凝縮されてて、脂のバランスも良く、美味しいフィレだった!


f0232060_1457495.jpg


f0232060_145833.jpg















と、ここまでどれも美味しかったのだが、


割と少量のモノが多かったので、少し食べ足りないなあ・・と思ってたところ、


11品目の選べる〆のご飯が、ここに来てなかなかのボリュームw。


私は名物という特製箱弁焼きカレーを。


カレードリアのような感じで、カレールーも美味しく、いい焼きカレー。


f0232060_1503476.jpg


f0232060_1505253.jpg















こちらは、別の〆のご飯で、牛の炙りすき焼き


鉄板で軽く炙った牛肉をすき焼き風に仕上げる。


少しもらってみたが、これも美味しい。


甘辛いタレと、牛肉と卵が、ご飯を促進させる。


f0232060_1521821.jpg


f0232060_153120.jpg















12品目は、ティラミス


フワフワで、甘さ控えめで、このデザートもかなり美味しかった。


紅茶は茶葉の香りをかぎながら、好きなものを選ばせてくれる。


f0232060_1543693.jpg


f0232060_1544996.jpg


f0232060_155243.jpg















夕涼みに、ホテルのオープンエアテラスに。


こんなに開放感あって気持ちいいのに、人がいなくて、貸し切り状態。


何から何までプライベート感があって、静かで、本当に居心地のいいホテル。


f0232060_1573053.jpg


f0232060_1574084.jpg


f0232060_158760.jpg


f0232060_1581936.jpg










■「せかいえ」
https://www.atamisekaie.jp/










by meshi-quest | 2018-10-18 08:08 | 旅行_国内
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン