代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。









春夏秋冬で必ずお邪魔している大好きなフレンチファンタジスタ、


「Celaravird セララバアド」で夏のコース


「セララバアド」は大きく春夏秋冬でメニューが変わることもあり、


1シーズンに1回は行くようにしているのだが、


今年の夏はご縁があって、先日もお邪魔してきていて、


今回珍しく、今年2回目の夏のコースとなった。


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12154667.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_1216649.jpg












文才はないので、あまり気の利いた変化あるコメントは書けないが、


前回のメシクエと比べて、全く同じコースでも微妙に写真が違うことから、


「ああ、この人、マジで2回行ってるんだな」ということは


感じ取っていただけるのではないかと思うw。


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_1216213.jpg













今日もカウンターのアリーナ席で。


1品目は、「イケバナ」


十勝のどろぶたの生ハムと香川のオリーブが、


クリスピーな食べられる木の枝に刺さっている。


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12225842.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12235955.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12241426.jpg














2品目は、液体窒素で瞬間冷却させたトウモロコシのムース。


トウモロコシのパウダーと共に、周りには水あめ。


食べると口の中でキャラメルポップコーンの味になる。


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12261034.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12315291.jpg














3品目は、「朝露」


水滴に見立てた球体の中は、梅昆布茶とじゅんさい


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12274570.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_1227575.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_1228773.jpg














4品目は、「花蜜」


食べられるナスタチュームの花びらをちぎって、


濾して透明にしたガスパチョの水面の上に浮かべる。


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12303519.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12305180.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_123187.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12312193.jpg














5品目は、「夏の高原」


長野清水牧場のフレッシュチーズに、


レモングラスやラベンダーの夏を感じさせる香り。


目の前でどんどん高原が作られていく。


やっぱり料理は作っている様子が見れるのが楽しい。


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_1234761.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12351491.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12352392.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12353632.jpg













続いて6品目は、「海辺」


ムール貝が苦手なので、擬態したムール貝の中には、


私だけ海老のビスクが入っている。


箱から取り出すボトルメールの中身は本日のメニュー。


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12374638.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_123873.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12381626.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12382764.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12383930.jpg













7品目は、「夜海」


夜を思わせるレース状のイカスミ生地の下には、


白イカのスープ仕立て。


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12411197.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12412437.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12413329.jpg













8品目は、ハモと雑穀とクレソンのリゾット。


紫、黄色、緑のコントラストが美しく、そして美味しいリゾット。


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_1243234.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12431475.jpg














9品目は、の瞬間燻製。


炒り番茶を敷いた器の中で、鮎を瞬間燻製。


番茶の香りをまとった、いい香りの鮎料理。


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_124544100.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_1246290.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12464596.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_1247095.jpg














10品目は、栃木のとちの木牛のグリル。


付け合わせはまこもだけとじゃがいものピューレ。


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_124923.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12491974.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12493055.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_1249456.jpg














11品目は、「ピニャコラーダ」


フレッシュな搾りたてのパイナップルジュースを、


橋本シェフが豪快に液体窒素でアイスにしていく。


ココナッツのソースにラム酒も加わって、


食べられるカクテル「ピニャコラーダ」の完成!


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_1251188.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12513016.jpg













12品目は、抹茶レモンムース


程よい酸味があって、かわいらしい夏向きのデザート。


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12523958.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12524962.jpg













13品目は、小菓子の詰め合わせ。


紫、緑、茶の組み合わせが、本当に美しい。


夏から秋への移り変わりを感じる。


エルダーフラワーエキスで作ったも、今年で見納め。


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12545491.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_1255624.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12551582.jpg














14品目は、「線香花火」


関西の本物の花火屋さんで作ってもらっている花火の柄の部分に、


真っ赤なパチパチキャンディーを付けた特製線香花火。


まだ少し暑いけど、確実に夏は終わりに近づいてる感じ。


「セララバアド」に来ると、普段は考えないような、


季節のことをふと思い出させてもらえるきっかけがある。


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12571461.jpg


代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。_f0232060_12573454.jpg








■「Celaravird セララバアド」
http://www.celaravird.com/









プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン