吉祥寺「プルミエレタージュ」へ行く。









吉祥寺に今年オープンをしたカジュアルフレンチ、


「1er Etage プルミエレタージュ」でディナー。


吉祥寺で大人気のイタリアン「トラットリアチッチョ」


「ビストロハッチ」の業態違いの系列店でもある。


f0232060_13173085.jpg


f0232060_13174230.jpg


f0232060_13175841.jpg














ちょっと分かりにくいビルの2階にあるが、


美味しい本格的なフレンチがリーズナブルに食べれるとあって大人気。


この日はすごく混んでいて、なかなか席が空かず、


お待たせのお詫びにご丁寧にシャンパンを振る舞ってもらった。


f0232060_1320844.jpg













1品目は、トリュフとうもろこしのムース。


トリュフはイタリア産のサマートリュフ、


とうもろこしは、甘いゴールドラッシュを使用。


甘味とコクがガツンと来る、美味しいムース。


f0232060_1323785.jpg


f0232060_13231679.jpg














2品目は、つぶ貝エスカルゴのブルゴーニュ風。


濃厚なエスカルゴバターソースと、


下にはじゃがいもをお好み焼き風にしたベイクドポテト。


これもとても好みの味。


f0232060_13252991.jpg


f0232060_1325409.jpg


f0232060_13254812.jpg













3品目は、ヴォローヴァンという料理。


サクサクのパイ生地の中に、とうもろこしや鶏肉などを詰め込んだもの。


パイの中に具だくさんのコーンポタージュが入ってる感じ。


これも美味しい!


f0232060_13284432.jpg


f0232060_1329136.jpg


f0232060_13291262.jpg














4品目は、牛ハチノスのカツレツ。


元々あまりホルモン系は得意ではないのだが、カツレツに惹かれて注文w。


少しホルモン感は残っているが、苦手な人でも食べれそうな一品。


ホルモンを揚げてあるわけだが、そんなに油っこくない。


f0232060_1331184.jpg


f0232060_13313694.jpg













5品目は、鴨胸肉のロティ。


マッシュルームを使った風味良いキノコソースがかかってる。いい香り。


付け合わせはロマネスクやジロール茸。


f0232060_1333948.jpg


f0232060_13332484.jpg













6品目は、オーストラリア産の仔羊のロティ。


ソースは、ジュダニョーという羊肉の出汁を取って作るソース。


柔らかく、臭みもなく、美味しい仔羊だった。


f0232060_1336539.jpg


f0232060_13361429.jpg







ここまでの料理を吉祥寺で気軽に一人でも食べれるのはありがたい。


ワイン飲みながらこれだけの料理をこのボリュームで食べると、


普通だとゆうに1万円は超えるところだが、


1万円で結構おつりが戻ってくるレベル。


いいバランスのカジュアルフレンチ。







最近色んなお店のクラッシックフレンチのシェフが、


若い人がフレンチにあまり興味を持ってくれなくて、


食べるとしても年に何回かの記念日くらいで、


もっと若い人が増えるといいなあと言っていたので、


値段や入りやすさなど含めて、


こういったお店がフレンチの入口になってくれるといいなあと思う。







■「プルミエレタージュ」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13217579/







by meshi-quest | 2018-10-01 08:07 | 吉祥寺
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン