松濤「エレゾハウス」へ行く。









北海道十勝に本拠地がある食肉調理集団エレゾ


完全紹介&会員制ジビエ料理専門店「エレゾハウス」で食事。


f0232060_11121654.jpg


f0232060_11122662.jpg











北海道十勝の森の王だったという、


立派な角を持ったエゾ鹿がお出迎え。


なんとも神々しく、端正な顔立ちに、鹿を神格化する物語が多いのも分かる。


f0232060_1115389.jpg


f0232060_11151383.jpg


f0232060_11152313.jpg











今宵のメニューはこんな感じ。


・エゾ鹿のコンソメを使ったフラン

・エゾ鹿の新鮮な血液を使ったブータンノワール

・エゾ鹿のコンソメジュレと人参のムース

・エレゾハウスシャルキュトリー盛り合わせ

・放牧豚のソーセージ

・エゾ鹿の脳みそのソテー、エゾ鹿肉、熊肉のロースト

・果物のコンポート











エレゾの命と食への深い想いから、


レストランも完全紹介&会員制にしていて、


かつ、料理の写真の掲載はNGとなってる。


その思いの詳細に関しては、


ぜひ前回のメシクエのエレゾハウス記事にて、


料理写真に関しては「東京カレンダー」は特別に許可が出ているようなので、


料理の内容は下記で見ていただければと思う。


https://tokyo-calendar.jp/article/7788











自社にハンターを抱え、狩猟から加工まですべて自社でやってるエレゾは、


その人の狩猟次第で入荷が変わり、


運良く入荷があると、希少部位を出してくれるのだが、


この日、たまたま鹿の脳みそを食べることが出来た(もちろんソテーで)。


つややかで、ピンク色で、なんてキレイな脳みそなんだろうー!


f0232060_11255262.jpg













以前、渋谷のフレンチの名店「ラチュレ」でもいただいたが、


上品な白子のような、濃厚な豆腐のような、


何とも言えない味わいで、とても美味しい。


臭みは一切なく、ただただ美味しいので、


私みたいな脳みそ平気な人はおいておいて、見た目はともかくw、


もし遭遇あったらことがあれば、ぜひトライすることをおすすめしたい。


f0232060_1130362.jpg












■「エレゾハウス」
http://elezo.com/table/elezohouse.php









by meshi-quest | 2018-02-27 08:08 | 渋谷・神泉
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン