吉祥寺「じゅん粋」へ行く。








吉祥寺にある大好きな居酒屋「じゅん粋」で食事。


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_2054193.jpg













「ジャンジャン呑んでって」とお店からの正式な許可が下りてたので、


思う存分飲ませていただく所存。


どの日本酒も一律500円なのが、たまらない。


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_20554671.jpg


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_2056884.jpg


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_20562265.jpg













玉ねぎをすり下ろした、スタッフ曰く「め・ん・ど・く・さ・い」サラダ。


作るのが面倒臭いおかげでw、その分、とっても美味しい。


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_210077.jpg













刺身の盛り合わせに、豚キムチ。


一貫性も、食べ合わせの考慮もないが、食べたいものを食べる主義。


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_2112620.jpg


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_2113971.jpg












予約をすると特典で、こんな素敵な生卵がもらえるのだが、


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_2123652.jpg












この卵を使って、名物の豚平焼を頼むと、50円引きになる。


こういった細やかな嬉しさが満載なので、「じゅん粋」は好き。


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_214818.jpg












鳴沢ホルモンという、


字は違えど、ものすごくシンパシーを感じるメニューを発見。


残念ながら、同姓なるさわ割引はなかったが、


コリコリ感のあるホルモンで、酒のつまみにちょうどいい感じだった。


吉祥寺「じゅん粋」へ行く。_f0232060_2161216.jpg












■「じゅん粋」
http://www.bakawarai-junsui.com/









by meshi-quest | 2017-12-04 08:07 | 吉祥寺
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン