代々木上原「Celaravird セララバアド」へ行く。










仲良くさせていただいている大好きなフレンチファンタジスタ、


「Celaravird セララバアド」で夏のコース。


春夏秋冬、必ずお邪魔しているので、


「セララバアド」に来ると、ああ季節が変わったんだな、としみじみ思う。


f0232060_21152197.jpg











定番の夏のコース料理から、今年初めて見た新作料理まで、


色鮮やかで、元気があって、


すべての料理からを連想できるようになってる。


f0232060_2118074.jpg


f0232060_211834.jpg


f0232060_21181021.jpg


f0232060_21461153.jpg


f0232060_21181363.jpg


f0232060_21183758.jpg


f0232060_2119245.jpg


f0232060_21192879.jpg


f0232060_21193179.jpg











新作料理の中で好きだったのは、この2つ。


真っ黒いビジュアルが印象的な「夜海」という一品。


イカスミを割ると、中から夜の海で生きてるイカが出てくる。


黒が好きな私として、すごく印象に残った料理。美しい。


f0232060_21221665.jpg


f0232060_21222994.jpg












もう1つは、「蛍」という名前の食後のお菓子。


スプーンの下から見上げると、球体の中で本当にホタルが住んでいるかのよう。


f0232060_21234419.jpg


f0232060_21235532.jpg











最後は、線香花火に模したパチパチキャンディー。


「セララバアド」の夏を満喫させてもらった。


f0232060_212573.jpg


f0232060_21252755.jpg









■「Celaravird セララバアド」
http://www.celaravird.com/








■今日のカメ

■「セララバアド」
f0232060_21152197.jpg
小田急線「代々木上原駅」もしくは「代々木八幡駅」から徒歩12分ほど。駅から離れた閑静な住宅街の中にあります。








■テーブルセット
f0232060_21273567.jpg
テーブルセットはこんな感じ。










■ラベンダー
f0232060_2128899.jpg
ナプキンの上にラベンダーの花が乗っています。夏らしい。









■ペアリング①
f0232060_2129143.jpg
飲み物はすべてペアリングで、ノンアルコールか、アルコールかが選べます。私はアルコール有なのですが、白ワインが苦手なので、一部ノンアルドリンクを混ぜた特別ペアリングで。

まずは、ハニーワインから。甘さより、香りがはちみつ。




■1品目
f0232060_2118074.jpg
「イケバナ」という名前の付いた夏の木々をイメージしたアミューズ。枝に見立てたグリッシーニに生ハムが巻いてあります。








■アップ
f0232060_2132165.jpg
これごと全部食べられます。










■2品目
f0232060_21343727.jpg
液体窒素で固めたキャラメルポップコーン。口の中でスッと溶けて、コーンスープのような味になります。








■3品目
f0232060_211834.jpg
「朝露」という定番の夏のコース料理。









■アップ
f0232060_21361531.jpg
球体の中には、梅昆布茶とじゅんさいが入ってます。









■ペアリング②
f0232060_2137290.jpg
国産の白ワイン。









■4品目
f0232060_21383680.jpg
「花蜜」という料理。レンゲの花が夏っぽい。









■アップ
f0232060_2141323.jpg
中には、食用花ナスタチュームが入っています。









■もう1品
f0232060_21413971.jpg
夏の池をイメージした一品が来ました。トマトを透明にこしたガスパチョ。白くても、しっかりトマトの味がします。








■完成品
f0232060_21424274.jpg
ガラス瓶に入っていたナスタチュームの花の蜜をなめた後に、花をちぎって池の上に落とすと、この「花蜜」の料理が完成。すべて食べられます。








■自家製パン
f0232060_21435056.jpg
「セララバアド」の絶品パン。周りがカリッとしてて、中はもっちり。焼き立て、最高。









■5品目
f0232060_21461153.jpg
「夏の高原」という料理。ヤギミルクに、青草を感じるオリーブオイルに、レモングラスの香り。食べるときに、最初のテーブルにあったラベンダーの花を嗅ぎながらいただきます。まさに夏の高原にいるよう!






■6品目
f0232060_21181363.jpg
「渚」というお馴染みになりつつある、夏の定番料理。









■アップ①
f0232060_21492263.jpg
1つだけ隠れている、食べられるムール貝の中にはカレーが入ってます。









■アップ②
f0232060_21501115.jpg
ガラスケースの中には、ボトルい入ったメニュー。









■メニュー
f0232060_2151314.jpg
ボトルメールならぬ、ボトルメニュー。









■ペアリング③
f0232060_21522325.jpg
日本酒で、秋田の「春霞」。









■7品目
f0232060_21221665.jpg
「夜海」という料理。めちゃくちゃかっこいい!!黒の網から、下が透けてるのも素敵。









■中はこんな感じ
f0232060_21222994.jpg
イカスミの生地を割ると、中からイカの料理が出てきます。









■8品目
f0232060_21552816.jpg
穴子の雑穀リゾット。色鮮やかな緑は、クレソンの色。









■9品目
f0232060_21561995.jpg
瞬間燻製を使った料理。器の中に燻製の煙が入ってます。









■中はこんな感じ。
f0232060_2119245.jpg
鮎と茄子のピューレを使った料理。









■ペアリング④
f0232060_215812100.jpg
国産の赤ワイン。









■10品目
f0232060_21192879.jpg
とちの木牛とマコモダケを使ったソテー。










■11品目
f0232060_220324.jpg
生パイナップルをすりつぶして、洋酒を効かせ、液体窒素で固めた、ピニャコラーダ風の口直し。









■12品目
f0232060_222370.jpg
「夏の夕暮れ」という美しいデザート。中には桃のコンポートと、赤しそのスープ。









■使用後
f0232060_2225791.jpg
酸性のレモンシュガーが付け合わせになっていて、それをスープに溶かすと、ピンク色に変化。









■13品目
f0232060_224036.jpg
食後の小菓子は、サーカスの缶の中に。










■中はこんな感じ。
f0232060_2244423.jpg
ヨモギのマカロン、ホワイトエアチョコなど。










■「蛍」
f0232060_21234419.jpg
「蛍」という名前の小菓子。美しい紫色の球体の中は、エルダーフラワーのジュース。









■アップ
f0232060_21235532.jpg
下から見上げると、本当にホタルがいるよう。キレイ!









■「線香花火」
f0232060_212573.jpg
本物の線香花火と、先端がパチパチキャンディーになってて食べれる線香花火。本物は、最後にお土産でもらえます。








■食後のお茶
f0232060_2284123.jpg
ハンドドリップで丁寧に入れる煎茶。一煎目と二煎目をわざと比較のために並べて飲む。色も香りも違う。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン