醤油を作ってきた話。









福島大震災の被災地である陸前高田に、


今も醤油を作り続ける「八木澤商店」さんという老舗醤油店がある。







震災により、ほとんどの醬油樽が流されてしまった中で、


奇跡的に助かった麴があり、そこから復興を遂げ、


「奇跡の醤」という名前で新しく醤油を作り、


この一連の話は本にまでなっている。


f0232060_2243031.jpg


































実は、陸前高田には震災後に行っていて、


八木澤商店さんの醤油が美味しいと聞き、


お店に行って、醤油や醤油を使った加工品など、色んなお土産を買わせてもらった。









そんな八木澤商店の店主である河野さんが


神楽坂「la kagu(ラカグ)」にて


醤油作りのワークショップを開かれるということで、


お誘いをいただき、醤油作りをしてきた。


f0232060_22393987.jpg































子供の頃に、学校の授業かなんかで味噌は作ったことがあったのだが、


醤油を作るのは初めてで、ワクワクする。









材料は、なんとなく想像が付く、大豆と、水と、塩と、


そして、なんと小麦


私は知らなかったのだが、醤油を作るには、


大豆と同量の小麦が必要になるらしい。


f0232060_2242336.jpg























f0232060_22433519.jpg






























水に塩を入れて、よーく混ぜて・・・


f0232060_22445776.jpg






























そこに、蒸した大豆と、炒った小麦を合わせたものを入れる。


f0232060_22454185.jpg
































これで、もう仕込みは完成。


あまり混ぜてもいけないそうで、


あとはじっくり菌による発酵を待つ。


f0232060_2247092.jpg































なお、醤油の完成は、11月くらい。


自分の作った醤油で卵かけご飯を食べるのが楽しみだ。







ちなみに、ワークショップでは、


市販されている火を通した醤油と、


火入れをしていない生の醤油の食べ比べや、


なかなか手に入らない生のもろみの試食なども行われた。


f0232060_22492337.jpg























f0232060_22494647.jpg































もっとちなむと、このご飯、「BALMUDA バルミューダ」さんが提供している


新製品のBALMUDA炊飯器で炊かれていたのだが、


元々、BALMUDA炊飯器は気になっていて、かなりの確率で買うつもりだったが、


このご飯を食べて、その思いが250%になった。


めちゃくちゃ、ご飯がうまい。


BALMUDA炊飯器、やばい。


f0232060_2250610.jpg
































by meshi-quest | 2017-04-11 08:08 | 神楽坂
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン