銀座「HOOTERS GINZA」へ行く。



今年6月にオープンしたばかりの日本第2号店、


「HOOTERS GINZA」へ行ってきた。












HOOTERSと言えば、露出の激しいコスチュームに身をまとった、


ボン・キュッ・ボンのセクシーなお姉ちゃん達が接客をしてくれる、


男性陣には楽園のような居酒屋だ。











以前、私が大好きなアメリカのリアリティーTV番組「UNDERCOVER BOSS」で、


HOOTERSのCEOが出た回があったのだが、


接客スタッフである女性従業員を「actress(女優)」と呼び、


非常に女の子たちを大事に扱っている様子を見たので、


同じ女性として、実はHOOTERSには意外と好感を持っていた。












その過激な衣装から「ま、けがらわしいっ!」と思う人もいるだろうが、


実際、女の子たちはとても楽しそうに働いており、接客も上手。


女性が行っても楽しめる場所だ。












残念だったのは、料理。


正直、あまり美味しくなかった。


本場アメリカのHOOTERSに行かれたことがある人と行ったのだが、


本場はお姉ちゃんだけでなく、料理もウリで、美味しいとのこと。













とはいえ、不況や震災でめっきり元気がなくなってしまった銀座に、


活気ある大行列店ができた。


HOOTERSが銀座の元気を取り戻すのに一役買ってくれるのではないかと思う。












ちなみに、世界各国にあるHOOTERSだが、


一番売り上げているのは、


日本の第一号店、赤坂の「HOOTERS TOKYO」だそうだ。


恐るべし、日本。














■「HOOTERS GINZA」
http://www.hooters.co.jp/info/ginza.php
















■今日のカメ

■「HOOTERS GINZA」
f0232060_1124573.jpgJR山手線「新橋」駅から徒歩2分。丸ノ内線「銀座」駅から徒歩7分ほど。

大きな「9」の数字が目印の銀座ナイン1号館の2階にあります。






■店内の様子
f0232060_1151452.jpg巨大なスペースに、相当数の席がありますが、満席で待ちが出るくらいでした。ビックリ。

客層は、20代~40代まで幅広く、男性客が多いですが、中には女性2人組とかもいました。






■メニュー
f0232060_1165084.jpg本場HOOTERSの人気メニュー「チキンウィング」をベースに、フライドポテトやフライドオニオンなどアメリカンなメニューが並びます。

本場と全く一緒ではなく、HOOTERS JAPANが日本用に独自に作っているようです。





■お姉ちゃんのサイン
f0232060_1184812.jpg席は担当制になっており、お姉ちゃんが決まっています。

私のテーブルは、ショーカットのかわいい「ミナコ」さん。






■烏龍茶
f0232060_120836.jpgオープン記念セールで、6月末までバドワイザーが1本500円らしいですが、泡モノが飲めないので、烏龍茶で。








■コールスロー
f0232060_121159.jpg酸味のきいた、アメリカンなコールスロー。










■フライドオニオン
f0232060_122122.jpg普通のオニオンリング。タルタルソースも普通かな。









■フライドポテト
f0232060_123371.jpgクルクルとカールしたフライドポテト。










■やっぱ、コレだね。
f0232060_1233912.jpgポテトと言ったら、HEINZの濃厚ケチャップ!










■チキンウィング
f0232060_1243558.jpg本場HOOTERSの名物「チキンウィング」。

うーむ、美味しくない・・・(泣)。








■辛いウィング
f0232060_1264143.jpgチキンウィングは辛さを増すこともできますが、うーん、やっぱりイマイチ。









■アメリカン!
f0232060_1273127.jpgテーブルに、チキンとポテト、NOサラダ(笑)。すごくアメリカン。









■行列が下まで。
f0232060_1283455.jpg1時間後には、店の階段の下まで行列ができていました。
by meshi-quest | 2012-06-22 01:32 | 銀座
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン