自由が丘「古桑庵 こそうあん」へ行く。



自由が丘に念願の紅茶を買いに行ったついでに

お茶を飲みに、「古桑庵 こそうあん」へ。










その昔、中学、高校と自由が丘に通っていたこともあり、


割と、自由が丘に土地勘がある。












ここ「古桑庵」は、当時、私が学生だった頃がある和風の喫茶室。









今でこそ、おしゃれな町としてすごい賑わいを見せる自由が丘で、


日本家屋で静かにお茶が飲める場所として、色んな雑誌で紹介されてるが、


昔は、地元の人や知る人ぞ知る感じの、まさに隠れ家だった。










今は、カップルやら女の子同士のお客さんで、かなり混んでいて、


全然隠れ家ではなくなってしまったが(笑)、


自由が丘にいながら、鎌倉でも来たかのような印象を受ける貴重な場所。












ちなみに、夜は、18:30まで。


近隣の住宅への配慮とかもあるのかもしれないが、


個人的には、夜も和食出したり、日本酒出したりして、営業してほしいなあと思う。













■「古桑庵 こそうあん」
http://kosoan.co.jp/
















■今日のカメ

■「古桑庵 こそうあん」
f0232060_2033449.jpg東急東横線自由が丘駅から徒歩7分ほど。

色んな友達を連れてきているが、みんな「自由が丘じゃないみたい!」と驚く。







■庭
f0232060_2035293.jpg庭から入口に入っていきます。










■玄関
f0232060_20353868.jpgお家のように、この玄関で靴を脱いで、上がります。









■店内の様子
f0232060_2037726.jpg畳の座敷に、テーブルと座布団があります。反対側にもお座敷があり、割と席数あります。

足のしびれに注意(笑)。







■抹茶ミルク
f0232060_20384940.jpgホットの抹茶ミルク。
小さなお茶菓子が付いてきます。









■宇治金時
f0232060_20395937.jpgかき氷の宇治金時。
金時は中に隠れています。

冷たい麦茶が付いてきます。







■古井戸
f0232060_2041115.jpg外には、滑車付きの珍しい古井戸があります。

すっかり日が暮れました。最近、陽が落ちるのが早い・・・。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン