中目黒「大阪串かつ 二代目 殿金」へ行く。



中目黒にある「大阪串かつ 二代目 殿金(とのきん)」へ。










東京にも、「串かつ」という文化があったのかどうか知らないが、


少なくとも、生まれも育ちも東京の私は、


子供の頃、「串かつ」を食べたことがなかった。












「串かつ」を知ったのは、大きくなって、大阪へ遊びに行った時。


忘れもしないが、駅の高架下の、


一見入るのを躊躇するような串かつ屋さんで食べた


カレー風味の衣の鶏のチューリップ(骨付きもも)串が美味しくて、美味しくて。













5本くらい食べたかな。


大将に「お姉ちゃん、鶏好きやな~」と笑われ、でも、美味かったな、あの串かつ。











若干、思い出補正もかかってるとは思うが(笑)、


大阪行く機会があったら、もう一度、あの店で食べてみたい。













■「大阪串かつ 二代目 殿金」
http://www.hotpepper.jp/strJ000650687/














■今日のカメ

■「殿金」
中目黒「大阪串かつ 二代目 殿金」へ行く。_f0232060_028226.jpg東急東横線中目黒駅から徒歩5分ほど。中目黒銀座通りの路地裏にあります。









■店内の様子
中目黒「大阪串かつ 二代目 殿金」へ行く。_f0232060_029217.jpgオールカウンターの立ち飲みスタイルです。










■お通しキャベツ
中目黒「大阪串かつ 二代目 殿金」へ行く。_f0232060_0302782.jpgお通しがキャベツなのは、単にソースに合うからだと思っていたら、ソースをキャベツですくう、「スプーン」の役割もあるんですね。便利。








■もちろん・・・
中目黒「大阪串かつ 二代目 殿金」へ行く。_f0232060_032496.jpg二度付けは禁止です。










■目の前で揚げてくれます。
中目黒「大阪串かつ 二代目 殿金」へ行く。_f0232060_0325325.jpg注文が入ってから、スタッフのお兄さんが手際良く衣を付けて、揚げてくれます。









■串かつ、登場。
中目黒「大阪串かつ 二代目 殿金」へ行く。_f0232060_0343113.jpg出来たて、アツアツの串かつ、登場。

ここでは、お一人様1本までの10円串というのがあり、しゅうまいが1本10円でした。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新の記事
新潟・南魚沼「田畑屋」へ行く。
at 2021-12-05 08:05
花修行~波やしさんの晩秋のア..
at 2021-12-05 08:04
新潟・南魚沼「かま炊きめしや..
at 2021-12-04 08:06
京都・木屋町「りょうりや御旅..
at 2021-12-03 08:07
北参道「Sincere シン..
at 2021-12-02 08:07
東銀座「自家製麺 伊藤」へ行く。
at 2021-12-01 08:07
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。
at 2021-11-30 08:08
赤坂見附「さ行」へ行く。
at 2021-11-29 08:08
西荻窪「台湾餃子 西荻窪張記..
at 2021-11-28 08:04
吉祥寺「nomuno cof..
at 2021-11-27 08:05