ボルネオ島へ行く。⑭ ~シーフードの町~




コタ・キナバルは港町だけあって、


いたる所に、シーフードレストランがある。






特に大きなシーフードレストランでは、巨大な生簀(いけす)を持っていて、


客は生簀の中で泳いでいる魚やエビやカニを見ながら選び、


好みの調理法を伝えて、作ってもらう。







まるで、水族館のようだ。








上海に行った時に、同じような方式のシーフードレストランに行ったことがあるが、


ここは、規模と、熱気が違う。





タワーのように目の前に積まれた水槽は圧巻だ。







そして、シーフードは、それはそれは、美味しかった。







さて、1つだけ、心残りが・・・。


「アイツ」が食べたかったんだが、その大きさと値段にヒヨってしまった。




またいつか大人数でマレーシアに来ることがあったら、


その時こそ、食ってみたい。



















■今日のカメ

■「ポート・ビュー・シーフードヴィレッジ」
ボルネオ島へ行く。⑭ ~シーフードの町~_f0232060_22531172.jpg港の目の前に位置し、夜景を見ながらシーフードが食べれるレストランです。









■半オープンエア
ボルネオ島へ行く。⑭ ~シーフードの町~_f0232060_22544278.jpg完全に室内と、半オープンエアの席に分かれます。

こちらは、半オープンエアの席。目の前が港です。

席と港の間を、夜景を見に来ている観光客やカップルが往来するので、ちょっと食事中は気になります。




■水槽タワー
ボルネオ島へ行く。⑭ ~シーフードの町~_f0232060_22571188.jpgこの店のウリは、5段に積まれた巨大な水槽タワーです。

サバっぽいものから、熱帯魚っぽいちょっと色付いた魚まで、いろんなのがいます。
カニやエビなどの甲殻類もいます。





■気になる「アイツ」
ボルネオ島へ行く。⑭ ~シーフードの町~_f0232060_23262699.jpg5段タワーの最上段に1匹しかいなかったデカイ魚。おっさんのような顔している(笑)。

うん万円するようです。







■ベビーロブスターに決定
ボルネオ島へ行く。⑭ ~シーフードの町~_f0232060_2329979.jpg悩んだ末、最下段にいっぱいいたベビーロブスターに決定。

1kg(約3匹)で3500円くらいです。
日本で食べるより、ずっと安いです。






■こっちは、大きいロブスター
ボルネオ島へ行く。⑭ ~シーフードの町~_f0232060_23332288.jpg「いっちょ、大きいのいっとくか!」と思いましたが、ベビーの2倍くらい違ったので、やめました。









■ヤシガニ
ボルネオ島へ行く。⑭ ~シーフードの町~_f0232060_23364060.jpgヤシガニや上海ガニなどもいました。










■ベビーロブスター、登場!
ボルネオ島へ行く。⑭ ~シーフードの町~_f0232060_23375722.jpg待望のベビーロブスターが登場!

調理法はよく分からなかったので、「このエビが一番美味しくなるやつで!」とお店にお任せしました。







■ロブスター、アップ
ボルネオ島へ行く。⑭ ~シーフードの町~_f0232060_23391845.jpg白湯スープのあっさり塩味で蒸されていました。

身はプリプリで、甘みもあり、とても美味しかったです。






■空芯菜の炒め物
ボルネオ島へ行く。⑭ ~シーフードの町~_f0232060_23411681.jpgニンニクがきいていて、なかなか美味しい青菜炒めでした。

これで600円くらいかな。






■海鮮炒飯
ボルネオ島へ行く。⑭ ~シーフードの町~_f0232060_23424219.jpg八角の風味が若干強めですが、ご飯もパラッとしていて、なかなか美味しいチャーハンでした。









■「オールド・ヴィレッジ」
ボルネオ島へ行く。⑭ ~シーフードの町~_f0232060_23445613.jpg水槽ご飯に味をしめ、別の日に、また別の「オールド・ヴィレッジ」という大型シーフードレストランに来てみましたが、まさかの休憩中・・・(泣)。

ランチはやっておらず、15時から深夜まで営業、だそうです。





■店内の様子
ボルネオ島へ行く。⑭ ~シーフードの町~_f0232060_234724100.jpg1軒のレストランではなく、複数のレストランの集合体です。

フードコートの水槽付きシーフードレストラン版、とった感じ。






■エビはこんな感じで収納
ボルネオ島へ行く。⑭ ~シーフードの町~_f0232060_23491514.jpgケンカしてしまうからなのか、病気にかからないためなのか、大エビは1匹づつペットボトルの中に入っています。

カプセルホテルのよう(笑)。
by meshi-quest | 2010-09-13 23:54 | 旅行_海外
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新の記事
早稲田「旧雨(キュウウ)」へ..
at 2024-07-24 08:07
六本木「鮨西むら」へ行く。
at 2024-07-23 08:07
井の頭公園「stream」へ..
at 2024-07-22 08:07
京都・河原町「ジャパニーズア..
at 2024-07-21 08:07
京都・烏丸御池「お茶と酒 た..
at 2024-07-20 08:07
花修行~大きなマムのアレンジ..
at 2024-07-20 08:06
表参道「メゼババ」へ行く。
at 2024-07-19 08:08
西麻布「鳥さわっつ」へ行く。
at 2024-07-18 08:08
吉祥寺「中町氷菓店」へ行く。
at 2024-07-17 08:08
京都・神宮丸太町「日本料理 ..
at 2024-07-16 08:07