恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。



先日、ご招待いただき、恵比寿にある


「Joel Robuchon ジョエル・ロブション」へ行った。









言わずと知れたフレンチの巨匠、


ジョエル・ロフション氏のミシュラン三ツ星のレストランだ。










本店はパリにあり、日本には5店舗。


うち、恵比寿ガーデンプレイス店は、国内最大規模を誇る。










恵比寿ガーデンプレイスの中にある、デカイ屋敷のようなレストランの中は、


1階が「ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブション」というモダンフレンチ、


2階が「ガストロノミー ジョエル・ロブション」という


世界で初となるロブション氏最高峰ブランドのフレンチ、


3階がガストロノミーの個室サロンと分かれている。







今回は、2階の「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へご招待いただいた。











まず、全体として、正直な感想を書くと、


「美味しいものもあったが、美味しくないものもあった」











いろんなサイトで最高点をたたき出し、絶賛されている名店だが、


もちろん、私の個人的な嗜好もあるが、満点ではなかった。











料理詳細は、下記「今日のカメ」でご覧いただくとして、


ざっと感じたことを書かせてもらう。











■良かったこと


①スタッフの皆さんの対応が丁寧でいて、気さく。





「ミシュラン三ツ星!」と聞くと、どうも堅苦しく、


「食事中、お話してはいけません」的な印象があるが(私だけ?)、


実際はとても楽に食事が出来て、スタッフの方とも食事の感想を言ったり、


食材を聞いたり、気軽に話が出来る良い雰囲気だった。


ただし、ドレスコードがあるので、男性は短パン&サンダル等はNG、要上着だが。





②ワゴンサービスが楽しい。





「今日のカメ」でぜひご覧いただきたいのだが、チーズやデザートワゴンの他、


バターのワゴン、ハーブの植木鉢のワゴンなどがあり、


目の前で好きなものを選んだり、作業の様子が見れる。


いろんなレストランへ行ったが、特に、バターのワゴンは初めて見た。







■あまり良くなかった点



①料理の統一が出来ていなかったこと




大きなレストランのため、前菜はこのシェフ、


メインはこのシェフと言った担当分けがあるのかもしれないが、


皿ごとにバラバラの味付けになっているというか、


同じシェフが通じて作っているようには思えなかった。








今回アラカルトで料理を頼んだのだが、


一流レストランは、お客が選択した料理に合わせて、構成を組み立て、


通してコースのように食べたときに、味が統一されるように


バランスを取ってくれるのだが、どうも全部がバラバラに感じた。







②味のきついものが多い。





これは多少好みにもよるが、全体的に、味が強い。


たとえば、パン1つ取っても、単体では味がしっかりしていて美味しいが、


料理と一緒に食べようとすると、料理の味が消されるような感じがする。


サラダも付け合わせも、同じような感じだった。








また、今回アジア料理にインスパイアされたフレンチになっていて


パクチーやら、レモングラスやら、エストラゴンやら、


香りや味が強いものが多用されていたのも、よりそう感じた原因かもしれない。










お料理は、「今日のカメ」で。









■「ジョエル・ロブション Joel Robuchon」
http://www.robuchon.jp/


















■今日のカメ

■Joel Robuchon
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_222254.jpgJR恵比寿駅から徒歩10分ほど。
恵比寿ガーデンプレイス内にあります。












■テーブル
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_2231962.jpgナプキンを縛っているリボンは夏らしく水色になっていますが、季節によって、変わるそうです。









■テーブルの上のオブジェ
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_2271519.jpgろうそくのようなものは本物ではなく、電球で明るくなっています。









■店内の様子
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_225842.jpgワゴンの移動などのため、部屋の中央が広く空いていて、周りにテーブルがあります。

テーブルの間隔は割と空いていて、ゆっくり食事が出来ます。






■食前酒
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_2284390.jpg食前にミモザのカクテル。
味は普通かな。












■バターワゴン、登場!
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_22101144.jpg白く山のように見えるのが、バターです。










■バターを取り分け
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_2211429.jpgスタッフの方がバターをスプーンですくって、取り分けてくれます。









■バター
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_22115183.jpg香り良く、コクもあって、美味しいバターでした。










■自家製パン
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_22124313.jpg酸味があり、味の濃い、固いパンです。

最初はこれがでますが、以後はパンのワゴンから選べます。

丸い部分は、オリーブオイルとバルサミコ。





■アミューズ
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_22151565.jpgすごく酸味の強いレモンムースのような1品。

胃を刺激するためとはいえ、ちょっと酸味が少し強すぎるかな。

ちなみに、左側の茶色のシナモン、赤いバラなどは飾りで食べれません。




■1品目:「とうもろこしのなめらかなヴルーテ仕立て
           カレー風味のオイルをまとわせて」

恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_2219159.jpgとうもろこしの冷製ポタージュです。やさしい味。

オレンジ色の部分が、カレーオイルと、ウニ。
ほのかにカレー風味で、とても美味しかったです。







■ポップコーン
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_2220307.jpgたまご型の器の中にポップコーンが入っています。

クルトンの代わりに使います。








■ポップコーン、イン!
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_22214542.jpgとうもろこしのスープにポップコーンがすごく合います。

ちなみに、ポップコーンもカレー味です。







■パンのワゴン、登場!
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_22235998.jpgパンのワゴンが登場。

すごい種類のパンがあり、パン好きにはたまらないワゴンかもしれません。







■選んだパンはコレ
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_2225791.jpgワゴンから3種選びました。

上から左周りに、ローズマリーのデニッシュ、濃発酵のバケット、ミルクパンです。

ローズマリーが一番美味しかったですが、料理と一緒に食べるには強すぎるかも。




■2品目:「旬の甲殻類三変化」
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_22283260.jpg見た目もとってもアジアですが、香りもパクチーやレモングラスでとってもアジアです。









■海老アップ
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_22302253.jpg「車海老をカダイフ揚げ、グリーンカレーのソースと」というお料理。

海老は甘くて美味しいのですが、この海老の衣といい、以下、ブイヨンの中に麺が入っていたり、炭水化物が1品の中に多く、ちょっとくどいかな。





■タラバ蟹アップ
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_2234473.jpg「タラバ蟹と小柱をスパイスとフレッシュハーブのブイヨンに浮かべて」というお料理。

パクチー苦手な私には、厳しい1品。
まさか、フレンチでパクチーに遭遇するとは・・・(泣)。





■ズワイ蟹アップ
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_22363175.jpg「ズワイ蟹にクルジェットをまとわせて オレンジエッセンスと」というお料理。

蟹の周りの緑の部分は、ズッキーニだそうです。
これは蟹の風味が感じられて、美味しいお料理でした。





■3品目:「自家製塩漬豚バラ肉 柔らかくブレゼしてからロースト
       季節の野菜のフリカッセとバルサミコ酢のエッセンス」

恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_2241691.jpg見た目にも中華っぽいですが、味も中華っぽい、不思議なフレンチでした。









■豚アップ
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_22423150.jpg味は、ラフテーに似ています。

柔らかいのに、ローストしている分、外の皮などはパリパリ。
見た目ほど濃くなく、美味しいお料理でした。






■4品目:「特選和牛 グリエにし、黒コショウのクリスタリーヌ
       本しめじのペニエ、レフォール入りマスタード添え」
       
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_22441951.jpgこのお料理は、正直、美味しくなかったです。

「ペニエ」はフレンチ用語で「衣を付けて揚げること」、つまり、野菜のてんぷらが付け合わせになっているのですが、肉にてんぷらで、かなり脂っこいです。





■肉アップ
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_22503799.jpg牛肉は、とても柔らかく、良い肉なのですが、塩コショウの加減を間違えたのか、とてもしょっぱい・・・。

水欲しくなるほどでした。残念。






■サラダ
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_22512599.jpg牛肉と共に、ハーブ満載のサラダが付いてきましたが、このサラダがまるで香水のように強い香りと味を放ちます。

口直しどころか、料理の味が分からなくなる・・・。





■チーズワゴン、登場!
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_22532019.jpgワインのお共にチーズが登場。










■なんだろ・・・コレ
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_2254352.jpgでかい甘夏のような丸い物体。










■ミモレットでした。
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_22554041.jpg中をあけて、スプーンで削り取ります。










■ドライフルーツ
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_22564654.jpgいちじくや、アプリコットなどのドライフルーツもあります。









■チーズ
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_22573725.jpgワゴンからハードタイプを3種いただきました。










■ハーブワゴン、登場!
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_2259061.jpgハーブティー用の生ハーブです。

ここから好きなものを選ぶと、葉を切り取って、ブレンドして、ハーブティーを作ってくれます。







■切ります。
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_2302972.jpgスタッフが生のハーブをはさみで切ってくれます。










■洗います。
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_2313573.jpg水に浸して、洗います。










■ちょっと、つぶします。
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_2322475.jpgすり鉢で軽くつぶします。










■ハーブティー、完成
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_233181.jpgお湯を注いで、ハーブティーの完成です。

生なので、若干、葉の青臭さはありますが、香り良く、美味しかったです。







■デザート①:「温州みかんのシャーベット」
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_235177.jpg口直しにピッタリなさっぱりとしたシャーベットです。









■デザート②:「巨峰のシュクル 赤ワインのジュレと
         ヴィオレットのクリームと合わせて」

恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_2365990.jpg巨峰に見立てた飴細工の中に、巨峰のシャーベットが入っています。

見た目にとてもキレイなのですが、巨峰のシャーベットが甘すぎ、飴細工も甘すぎ・・・。






■プティフールワゴン、登場!
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_2392377.jpg食後の一口菓子のワゴンです。

すごいいっぱい種類があります。








■こんなのとか
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_23102623.jpgローズ、マンゴー、ピスタチオなどの色鮮やかなマカロン。









■あんなのとか
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_23112648.jpg生キャラメル、メレンゲ菓子など。










■そんなのとか
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_23123497.jpgチョコやフィナンシェなど。










■コレにしました。
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_23135846.jpg取り放題のお菓子ワゴンを見て、テンションが上がるところではありますが、かなりお腹いっぱいなので、ちょこっとだけ。

あ、でも、割と取ったかな(笑)。






■ロブション バー
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_23164610.jpgガストロノミーと同じフロアにシックなバーがあります。









■店内の様子
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_23174375.jpg赤と黒の店内。
右はバカラグラスの黒のシャンデリア。









■巨峰のカクテル
恵比寿「ガストロノミー ジョエル・ロブション」へ行く。_f0232060_2319045.jpg生の巨峰をしぼって作っていただいたカクテル。
タグ:
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン