銀座「瀬里奈」へ行く。

ご招待いただき、銀座「瀬里奈」へ行った。

肉とカニ料理をメインとしており、六本木、新宿などに数店舗を構えるレストランだ。

店内はウエイトレスさんも着物を着ており、雰囲気は静かでちょっと固めの印象だが、お料理はとても美味しかった。

今回はしゃぶしゃぶとカニをいただいたが、今度は他のメニューも試してみたいと思う。




■瀬里奈
http://www.seryna.co.jp/








■今日のカメ

■銀座「瀬里奈」
銀座「瀬里奈」へ行く。 _f0232060_1537988.jpg東京メトロ「銀座駅」から徒歩3分ほど。ティファニーの路面店があるビルの地下1階。











■前菜
銀座「瀬里奈」へ行く。 _f0232060_15371836.jpg白身魚の刺身とナスの上に、トマトのイタリアンソースが乗っている冷菜です。白身とトマトが合ってて、美味しいです。












■豆腐とウニの小鉢
銀座「瀬里奈」へ行く。 _f0232060_15373437.jpg豆腐の上に、ウニと湯葉が乗っています。これもさっぱりしていて食べやすかったです。











■じゅんさいの酢の物
銀座「瀬里奈」へ行く。 _f0232060_15374378.jpgしっかりとした、美味しいじゅんさいを使われていました。












■ソフトシェルクラブ
銀座「瀬里奈」へ行く。 _f0232060_15375162.jpgこのソフトシェルクラブのから揚げ、サクサクで、カニの濃厚な味もしっかりあって、かなり美味しかったです。ちょっとビックリ。










■カニ身グラタン
銀座「瀬里奈」へ行く。 _f0232060_15375953.jpgこれもかなり美味しかったです。カニの甲羅の中にカニ身がぎっしり詰まってます。ブラウンソースをかけて食べます。











■賀茂茄子のチーズ焼き
銀座「瀬里奈」へ行く。 _f0232060_1538104.jpgこれも美味しかったです。加茂茄子のうまみと甘みがしっかり出ていました。










■毛ガニ
銀座「瀬里奈」へ行く。 _f0232060_15381768.jpg毛ガニで美味しいと思ったのは、初めてかも。安い毛ガニだと、身が小さく、パサパサしていて、食べにくいという印象だけが残るのですが、この毛ガニは身もしっかりしていて、かなり美味しかったです。










■ナマレモンくん
銀座「瀬里奈」へ行く。 _f0232060_15382438.jpg毛ガニ登場後にウエイターさんが持ってきてくれたグッズ。これ、生のレモンにキャップを取り付けてあって、レモンの部分を握ると、レモン汁が出てくる仕組み。手に付いたカニのにおいを消すためのもので、フィンガーボールのような役目を果たしてます。個人的にかなりお気に入り。








■ナマレモンくんはこんな感じ
銀座「瀬里奈」へ行く。 _f0232060_15383292.jpgこんな感じでキャップがレモンに取り付けられています。











■しゃぶしゃぶ
銀座「瀬里奈」へ行く。 _f0232060_15384262.jpgテーブルにコンロが付いていて、こんな感じの鍋でしゃぶしゃぶをします。すき焼きもできるようです。










■黒毛和牛
銀座「瀬里奈」へ行く。 _f0232060_15393770.jpg宮崎県産黒毛和牛・・だったと思います。茹でても味が落ちないほど、かなり濃厚で、それでいて柔らかく、美味しいお肉でした。











■たれ
銀座「瀬里奈」へ行く。 _f0232060_1539588.jpgごまとポン酢です。ごまだれは、すりごまたっぷりの薄味で、個人的にはもっとクリーミーで味が濃い方が好きでした。










■〆のうどん
銀座「瀬里奈」へ行く。 _f0232060_15394971.jpgしゃぶしゃぶのスープを使って、〆のうどんです。












■ゆずシャーベット
銀座「瀬里奈」へ行く。 _f0232060_15395774.jpgデザートのアイス、シャーベットはここの手作りとのことで、甘さ控えめで、ゆずの香りもしっかりしていて、美味しかったです。










■焼酎
銀座「瀬里奈」へ行く。 _f0232060_15401419.jpg名前は忘れてしまったのですが(苦笑)、しっかりとした味の芋焼酎でした。
by meshi-quest | 2009-06-10 15:35 | 銀座
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン