青森へ行く。② ~魚市場で魚まみれ~

無事に青森に着いた。

4時間半の電車の中、ずっとPSPでゲームやっていた(笑)。

長時間をゲームでつぶせるのは、「ゲーム好きで良かったなぁ」と思う瞬間だったりする。


さて、青森着いて、第一声。

「超寒い!!!!!」

半端なく、寒い。

その場にじっとしていられず、モジモジしながら摩擦熱を出して寒さに耐える。

この日、東京はちょっと春らしい気温で、ダウンなんか着てると暑い感じだったのだが、念のため、そのままダウンで来てホント良かった。ナイス判断、わたし!

最低限、ダウンでなんとか急場はしのげるが、個人的にはマフラーも欲しいところ。

だが、町の人を見ると、寒さに慣れているのかダウンなんて着ている人はほとんどおらず、皆さん春の装い(笑)。この寒いのに、パーカーで歩いている若い子までいる。

こっちの人は寒さへの耐性が高いのだろう。


旅館のチェックインまでまだ時間があったので、まずは「魚市場」へ。

青森駅から徒歩3分くらいのところに、大きな魚市場が2つあった。

「市場」というものが好きで、過去このコラムでも書かせてもらったが、日本の築地市場や海外の市場など、市場があるとつい立ち寄りたくなる。

「市場」に行くと、その土地の雰囲気だったり、食文化だったり、町の人の様子だったりを肌身に知ることができるので楽しいのだ。


やっぱり、「市場」は楽しいなぁ。

詳細は今日のカメで。








■今日のカメ

■青森の町の様子
青森へ行く。② ~魚市場で魚まみれ~ _f0232060_11275522.jpg駅前の大通りも人は少なかったのですが、一本裏に入ると、さらに人がいなくて静かな町でした。







■アウガ新鮮市場①
青森へ行く。② ~魚市場で魚まみれ~ _f0232060_1128825.jpg駅前に「アウガ」という洋服とか化粧品とかを売っているデパートがあって、その地下がなぜか魚市場になっていました。だからビルの一階に入ったとたん、洋服のフロアなのに、海鮮のニオイがして(笑)、不思議なビルでした。








■アウガ新鮮市場②
青森へ行く。② ~魚市場で魚まみれ~ _f0232060_11281772.jpg市場は、ファッションビル内にあるとはいえ、朝は早く6時頃からやっていて、夕方5時くらいに閉まるようです。ビルの地下ワンフロア分なので、そこまで大きな市場ではありませんが、魚介を中心に、お土産なんかも売っています。お店の人ものみならず、地元の人も普通に買い物に来ているようです。








■まだら開き
青森へ行く。② ~魚市場で魚まみれ~ _f0232060_11282765.jpg青森の海鮮は、「たら」「ほたて」「たこ」「うに」「しゃけ」あたりがメインのようです。一匹丸々のこんな大きな真たらの開きが1500円。









■でかいタコ
青森へ行く。② ~魚市場で魚まみれ~ _f0232060_11283746.jpgこちらはタコ。でかい・・。何人分あるんだろう。








■ほたて専門店
青森へ行く。② ~魚市場で魚まみれ~ _f0232060_11284923.jpgほたて専門店もたくさんありました。生のほたて貝以外にも、干したほたてなども売っています。










■ほたて
青森へ行く。② ~魚市場で魚まみれ~ _f0232060_11285624.jpgこっちのほたては、貝にいろんなものがくっついた状態で売られています。









■塩紅鮭
青森へ行く。② ~魚市場で魚まみれ~ _f0232060_11291015.jpg鮭もたくさん売られていました。一本2500円~3000円くらい。










■丸青食堂
青森へ行く。② ~魚市場で魚まみれ~ _f0232060_11291813.jpg昼を食べていなくて、ちょうどお腹が空いてきたので、市場内にある食堂で食べることにしました。カウンターと、テーブルが2席くらいの小さなお店です。かなり昔から営業されているそうです。









■メニュー
青森へ行く。② ~魚市場で魚まみれ~ _f0232060_1129297.jpg海鮮丼がメインで、その他、そばやカレーもありました。










■三色丼
青森へ行く。② ~魚市場で魚まみれ~ _f0232060_11294784.jpg本当は、イクラ、ウニ、ホタテの三色なのですが、イクラが苦手なのでマグロに変えてもらいました。







■三色丼アップ
青森へ行く。② ~魚市場で魚まみれ~ _f0232060_1130195.jpg味は、魚介が新鮮なのでそこそこ美味しいのですが、海鮮の量が少なく、それで1700円なので、ちょっと感動が薄いというか(苦笑)。観光地価格になっているんですかねー。1700円出すのはいいんですが、せめて、「丼から具がはみ出てる」くらいの驚きが欲しいところ。








■二色丼
青森へ行く。② ~魚市場で魚まみれ~ _f0232060_11301239.jpgこちらは、イクラとウニの二色丼。同じく1700円。








■青森魚菜センター
青森へ行く。② ~魚市場で魚まみれ~ _f0232060_11302180.jpgアウガ市場から徒歩1分くらいのところに、もう1つ市場がありました。アウガよりは少し小さめの市場です。









■魚菜センターの様子
青森へ行く。② ~魚市場で魚まみれ~ _f0232060_11303338.jpgこちらも魚介がメインですが、野菜やお惣菜も売っていて、より地元密着型市場という感じでした。









■巨大なタラコ
青森へ行く。② ~魚市場で魚まみれ~ _f0232060_11304610.jpg3500円するこの巨大なグロテスクな物体は、タラコです。いつも見ているタラコが成長すると、こうなるそうです。いつも食べる小さなタラコとは調理法も若干変わるらしいですが、美味しいとのこと。









■お惣菜屋さん
青森へ行く。② ~魚市場で魚まみれ~ _f0232060_11305873.jpg市場の後ろの細い路地裏に数件お惣菜屋さんがありました。魚介の練り物を使ったおでんとか、焼き魚とか、おにぎりとか売ってます。









■食事処「平成」
青森へ行く。② ~魚市場で魚まみれ~ _f0232060_1131741.jpg同じく市場の裏手にあった小さな食堂です。温かい味噌汁が飲みたくて、入ってみました。











■店内の様子
青森へ行く。② ~魚市場で魚まみれ~ _f0232060_11311530.jpgカウンター5席くらいに小さなお店で、すごく親切なおばさんが一人で切り盛りをしていました。









■おしんこ
青森へ行く。② ~魚市場で魚まみれ~ _f0232060_11312833.jpg「できるまで、これでも食べて」とサービスで出してくれた大根のおしんこ。魚介でだしが出ていて、臭みはなく、さっぱりしています。










■たらのじゃっぱ汁
青森へ行く。② ~魚市場で魚まみれ~ _f0232060_11313660.jpg青森の郷土料理らしく、たらを使ったあら汁です。最初に言ってしまうと、この旅で食べた中で、これが一番美味しかったです。味噌味で、見た目からの想像より味は薄めですが、ちゃんとたらのだしが出ていて、すごく美味しい。申し訳ないが、今回の旅館の料理より美味しかった。
by meshi-quest | 2009-03-31 11:26 | 旅行_国内
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新の記事
新中野「湯気」へ行く。
at 2024-05-28 08:08
住所非公開「裏新進気鋭」へ行く。
at 2024-05-27 08:08
日本橋「Cafe黒澤文庫」へ..
at 2024-05-26 08:06
西荻窪「麺尊RAGE」へ行く。
at 2024-05-25 08:07
赤羽「CRAFT MEAT&..
at 2024-05-24 08:07
京都・市役所前「中国菜Guu..
at 2024-05-23 08:08
銀座「銀座大石」へ行く。
at 2024-05-22 08:07
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。
at 2024-05-21 08:08
三鷹「kuval」へ行く。
at 2024-05-20 08:07
神戸・元町「洋食クアトロ」へ..
at 2024-05-19 08:07