カフェの条件

私は好んでよくカフェに行く。

そんなにコーヒーを知っているわけでもなければ、コーヒーにやたらこだわりがあるわけでもない。
人によっては、家で飲んだほうが安く済むのに、と言うだろう。

値段だけで考えれば、その通りだ。
どこのカフェに行っても、必ずコーヒーの量を半分以下に減らしてもらい、「95%牛乳」という状態で飲む私みたいな人は、家で飲んだ方が安上がりだ。だって、ほぼ牛乳なのだから。

私がカフェに行くのは、本格的なコーヒーを楽しむためではない。
もちろんコーヒーは美味しいほうがいいに決まっているが、それ以上に、カフェという場所、カフェという存在が好きなのだ。その雰囲気とそこで過ごす時間に対して、お金を払っているのだ。

このコラムを書くにあたって、私が好んで通っているカフェを思い浮かべてて、ふと、いく つかの共通点があることに気が付いた。

1.「外が眺められる」
一人で考え事をすることが多いので、窓が大きく外がゆっくり眺められるようなところが多い。
外に川や公園などの自然があり、オープン席もあると、なおグッド。

2.「街はずれにある」
表が騒がしかったり、客の出入りが激しいと落ち着かないので、繁華街からちょっとはずれたところにあるようなカフェが多い。

3.「テーブルや椅子の統一感がない」
私が行くカフェは、店の統一感がない。色だったり、質感だったり、形だったり、全部が違う。
一見するとマイナスに聞こえるかもしれないが、そのカフェのカラーを無理矢理押し付けられることなく、そのときの気分で場所を選べるので、すごくいいのだ。
逆に、うちは白がテーマですとか、花がモチーフですとかが前面に出ていると、白や花気分じゃないときに行くと、イラッとくる(笑)。
私みたいな気分に波のある人間は、雑多なほうがいい。

4.「融通が利く」
これも大事。コーヒーを好んで飲むくせに、大量に飲めないという非常に面倒な体質のため、必ずコーヒーの量を半分以下に減らしたカフェ・オレを注文する。
これもお店によっては、面倒なのか、すでに機械で混ざってしまっててどうしようもないのか、コーヒーの量を減らしてくれないところもあり、融通が利くカフェの方がいい。

5.「タバコ臭くない」
これも重要。客層だったり、店内の換気だったりの影響もあるのだが、やたらタバコ臭いカフェは絶対NG。

6.「店員が楽しそう」
「このカフェが好きなんです」という感じで店員が楽しそうに働いているお店はいい。
店員も愛しているようなお店は、やっぱりお客にも愛されるのだ。

7.「どこか懐かしい」
これ、とても説明しにくいのだが、子供のときに見たおじいちゃんの家だったり、田舎の親戚の家だったり、なんだか自分の関係者の家でくつろいでいるような錯覚を覚えるカフェが好き。
実際、そのカフェと同じ家を見たわけでも、行ったわけでもないのだが、「行った気がする」「そこにいた気がする」そんな気持ちにさせてくれるカフェは、不思議とつい足を運んでしまう。

8.「知り合いに遭遇しにくい」
別に何かやましいことをしているわけではないのだが(笑)、一人でカフェにいるときは全く別の自分で、誰も自分のことを知らない状態でいたいと思っている。
普段、人とよく会ったり、しゃべったりしている仕事をしているせいか、休日は極力「素の自分」でいたいのだ。そのため、あまり知り合いがいなさそうな場所を選び、結果として、割とよく行くカフェは仕事場からも、家から離れていることが多い。

とはいえ、長く通っていると、だんだんお店の人とも仲良くなって、ある程度「知り合い」になってしまうのだが、まぁ、それはそれ。
お店の人も気を遣ってくれて、あだ名で呼んでくれたり、必要以上、自分を探るようなことはしないでいてくれる。

カフェでの付き合いは、人と猫のような感じが望ましい。
無理に膝の上に乗せたり、頭をなでることなく、猫が寝っころがっていたいときはそのままそうさせておく。
自ら近寄って、頭を擦り寄ってきたとき、初めてなでてくれればいいのだ。


と、まぁ、こんな感じなのだが、今日はそんな私が気に入っているカフェの中の1つを紹介したいと思う。
もし同じ場所で遭遇した場合には、どうか「人と猫の関係」を思い出して、そっとしておいてやってほしい(笑)。








■今日のカメ

コラムでもご紹介した美しい目黒川沿いにあるカフェです。
家からはちょっと遠いのですが、川を散歩したくなったときに立ち寄ってます。


■上目六(かめろく)
  さくらショッピングセンター
カフェの条件 _f0232060_1120753.jpg今では雑誌でもよく取り上げられて、かなり有名になってしまったお店ですが、サクラの木が生い茂る目黒川沿いにひっそりと建つお気に入りの場所の1つです。












■二階がカフェバーになってます。
カフェの条件 _f0232060_11201897.jpg一階にレストランとパン屋、二階にカフェバーがあって、ここは二階の入り口です。











■オープンテラス
カフェの条件 _f0232060_11202821.jpgオープンテラスからサクラ並木と目黒川を見ることが出来ます。さらに奥には目黒川に向かって設置されたカウンター席もあり、目の前にコーヒー、眼下に目黒川という最高のシチュエーションになってます。










■店内
カフェの条件 _f0232060_11204079.jpgソファ、木の椅子、様々な席があります。
ちなみに、1階のパン屋さんの出来立て手作りパンやデザートをここの2階で食べることもできます。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新の記事
六本木「鮨西むら」へ行く。
at 2024-07-23 08:07
井の頭公園「stream」へ..
at 2024-07-22 08:07
京都・河原町「ジャパニーズア..
at 2024-07-21 08:07
京都・烏丸御池「お茶と酒 た..
at 2024-07-20 08:07
花修行~大きなマムのアレンジ..
at 2024-07-20 08:06
表参道「メゼババ」へ行く。
at 2024-07-19 08:08
西麻布「鳥さわっつ」へ行く。
at 2024-07-18 08:08
吉祥寺「中町氷菓店」へ行く。
at 2024-07-17 08:08
京都・神宮丸太町「日本料理 ..
at 2024-07-16 08:07
赤坂「USHIYA KITC..
at 2024-07-15 08:07