お引越し。(2) ~ 家のタイムカプセル ~

引越しするにあたって、家のモノを片付けはじめたはいいが、モノの多さに驚愕した。

・・・・片付かん。

まず、服。
これは覚悟はしていたが、自分のことながら、こんなに服があるとは思わなかった。

見たことない服まで出てきた。
いや、正確には、買ってきたが、次なる新しい服に埋もれて【忘れてしまった】服だ。

服に関しては、ダンボール6箱くらい分を友達にあげ、残りは東京都ゴミ袋で約20袋分 捨てた。
捨てることができない性分で、1着買うにも思い入れを持って買っており(忘れてい た服もあったが)、できれば誰かにもらってほしかったので、親友が喜んでもらって くれたのはとても嬉しかった。

こんなにあげても、捨てても、実は新居にも入りきれないほどダンボール(服)が積 まれている。
うーむ、これもどうしたものか。後々、考えることとしよう・・・・。

次に食器。
これもヤバイことになっていた。
どうも手軽さゆえについついグラスとか、皿とかを買ってしまうらしく、てんこ盛 りになっていた。

結局、食器に関しては、ほとんどを捨ててしまった。
私がすごくお気に入りの食器と、ママが大事にしていた和食器と、食器棚の奥から 出てきたおでん保温器(コンビニのレジ横にあるやつ)や中華回転皿などの遊び心満 載の料理グッズだけ持っていくことにした。

食器棚の掘り返しは、かなり楽しかった。
おでん保温器、回転皿、チーズフォンジュ鍋、旅館の夕食に出てくるような1人前用 の鍋&焚き火セットなどなど、愉快なモノがいっぱい出てきた。

血は争えず。
きっとママもこういうのが好きだったのだろう。

未踏の地・和室の押入れには、さらなるモノがあふれていて、捨てども、捨てども減 らず・・・・気が遠くなりそうだった。

贈答品とか使っていないふとんとか、こういう何ともしがたい微妙な代物の処理が私 の体力をうばった。

私の子供のときの写真、私の子供のときの通信簿、幼稚園の時に郵便局の交通絵画コ ンクールで優勝したときの賞状など、懐かしいモノもいっぱい出てきた。ついつい脱線をしてしまい、これも私の行く手を 阻んだ。

ママの若い頃の写真も出てきた。
かなり写真を撮るのが好きだったらしく、イベントごとに大量の写真が出てきた。

ママの若い頃の写真をゆっくり眺めるなんてことは今まで一回もなかったので、不思 議な気分だった。
服が好きなのは、どうやら一緒らしい。
今の私の服(古着)みたいな服を着ている。

ランドセルも出てきた。
小学校の6年間をお世話になったランドセルだ。

取ってあった三角パックの牛乳が破れてしまって(ありがち)、大泣きしたこともあ ったっけ。
よく電信柱ごとにじゃんけんして、友達とランドセル運びごっこをしたっけ。





懐かしいもののフィナーレに、幼稚園の時にクレヨンで描いた絵がいっぱい出てきた。

人だかなんだか分からんクレヨン画の画用紙に「ばら組 なるさわりえ」と書かれて いた。

こんな娘の下手っくそな絵までちゃんとママが取っておいてくれたので、数年後に押入れというタイムカプセルを開けた今、昔の私をほのかに思い出し、温か い気持ちにさせてもらった。

すごく感謝している。









■今日のカメ


■ランドセル
お引越し。(2) ~ 家のタイムカプセル ~ _f0232060_11443473.jpg 赤いランドセルです。
至るところボロボロでしたが、しっかりしていました。

ちなみに、あまりに懐かしくて20年ぶりに背負ってみたんですが、結構楽で、実はな んとも便利なバッグだったんですね、ランドセルって。



■パーマネント
お引越し。(2) ~ 家のタイムカプセル ~ _f0232060_11445751.jpg「パーマするやつ」で分かっていただけますでしょうか。
正式名称は知らないのですが、こんなものも家にあります。

まだ動きます。
生前、ママは自分で髪をカールして、この「パーマするやつ」をカッポッとかぶ り、カールを作って出勤というのが、毎朝のスタイルでした。




■まねきねこ
お引越し。(2) ~ 家のタイムカプセル ~ _f0232060_11452375.jpgママが始めたもので、小銭をためて、たまったら一緒に割って、一回で全部使って美 味しいものを食べに行くというのを親子で遊び感覚でやってました。
何を食べに行くかは私が決めさせてもらっていて、ほぼ毎回寿司屋行ってました。

かなりたまっていて、結局ママとは割らずに終わってしまい、5年間手をつけずにいま したが、今回思い切って割ってみました。
1円から500円まで、計16972円入っており、そのお金で引越しを手伝ってくれた親友 と寿司屋に行きました。
by meshi-quest | 2004-12-10 11:43
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン