お店の常連さんの食事会に呼んでいただき、


麻布十番の予約の取れない鮨の名店「鮓ふじなが」へ。


f0232060_1243318.jpg


f0232060_1244949.jpg














テーブルセットに、酒に合いそうな各種が並んでいて、


これは日本酒飲まないとダメだこりゃw。


大きな自家製カラスミ、ズワイガニ、白えびのづけ、


まぐろのなめろう、自家製の海苔の佃煮など。


日本酒は、新潟県の辛口スッキリ「麒麟山」。



f0232060_1295034.jpg


f0232060_1295932.jpg


f0232060_1210741.jpg


f0232060_12101880.jpg















まずは、大将が「名刺代わり」と言って出してくれた


ボストン産の絶品大トロから。


中にすき身も入ってて、口でとろける美味しさ。


f0232060_12122219.jpg















脂ノリノリののどぐろ炙りに、カツオのづけ。


f0232060_1216287.jpg


f0232060_12163837.jpg














のどぐろ松茸のお椀。


・・・と思いきや、なんとこの出汁には


5kgしじみ甘鯛カツオの旨味が全部入ってるとのこと。


まるで旨味のプール!


上品かつ複雑な味が絡まるお椀。


f0232060_12193558.jpg















北海道のウニいくら、あおやぎの小柱の贅沢な3種丼。


次の日本酒は、愛知県山忠本家酒造の「義侠」。


切子の酒器がとても美しい。



f0232060_12205095.jpg



f0232060_12225091.jpg















今年豊漁でとても美味しい秋刀魚に、松茸を挟んだにぎり。


f0232060_12243433.jpg
















ここで、なんとフカヒレ登場!


鮨屋さんでフカヒレをいただいたのは初めてかも。


大将曰く、「中華料理のフカヒレを超える」という一品は、


30匹ののどぐろ、ズワイガニ、ホタテなどを使った


鮨屋さんでしかできない魚の旨味たっぷりのあんかけ。


f0232060_12272712.jpg


f0232060_12291024.jpg
















ボタン海老。ねっとりした甘味と旨味。


f0232060_12284222.jpg















つぶ貝肝バターソース。


通常捨てられてしまうというつぶ貝の肝を、


お酒が止まらなくなるようなバターソースに。


f0232060_12301845.jpg















ボストン産まぐろ赤身に、竹岡の太刀魚


f0232060_12311028.jpg


f0232060_12311889.jpg















とろたくは、とろとたくあんが混ぜられた状態で軍艦に。


上には、スイス・ジュネーヴの高級食材ブランド


「キャビアハウス&プルニエ」のキャビアがたっぷり。


f0232060_12332541.jpg















塩穴子に、


ボタン海老の頭、のどぐろ、キンキ、キンメを使った濃厚なお味噌汁。


f0232060_12362888.jpg


f0232060_12364517.jpg














最後は、大将が笑顔で「猫バスです」と出してくれた(笑)、


蝦夷ばふんウニのにぎり。


だんだん本当に猫バスに見えてきたw。


大人だけしか乗れない麻布十番発、私の胃袋行きの直通バス。


大将のご厚意で2回猫バスに乗車させていただきました。


ご馳走様でした!!


f0232060_12392866.jpg


f0232060_12393810.jpg











■「鮓ふじなが」
https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13209440/

















吉祥寺に美味しいイタリアンがあるということで、


知り合いのイタリアンのオーナーさんにご紹介いただき、


「ヴィネリアハーベスト」へ。


f0232060_11203070.jpg















結論から言うと、駅からもこんなに近い場所にあるのに、


何度も前を通っていたのに、なんで今まで行かなかったんだろ・・と後悔するほど、


料理がとても美味しくて素晴らしいイタリアンだった。













まずは、豪華な9種の前菜の盛り合わせから。


シェフが選んでくれた、このドラゴンの赤ワインがめちゃくちゃ美味しい!


f0232060_11222065.jpg


f0232060_11284430.jpg














黄桃とブラータチーズのカプレーゼは、


黄桃の甘味とチーズの相性が抜群。


黄桃の周りには香りの良いアールグレイの粉がかかってる。


f0232060_11243662.jpg














今年豊漁で脂ノリノリのサンマのカルパッチョ。


下にはクスクスが敷いてあって、サンマ鮨のような感じに。


f0232060_11262793.jpg















鹿のテリーヌや、焼き茄子と真蛸のマリネなど、


この最初の前菜の盛り合わせだけでも十分ワインが楽しめてしまう。


f0232060_1128921.jpg


f0232060_11281774.jpg















2品目は、黒豚のソーセージとじゃがいものグラタン。


黒豚ソーセージも肉汁が溢れ出て、とても美味しかったが、


サラッと添えられてるじゃがいものグラタン


また美味しくてビックリ!


f0232060_1130427.jpg
















3品目は、椎茸とつみれのカツレツ。


ソースが珍しく、なんと鮎熟鮓を使ったクリームソース。


実は、鮎熟鮓がずっと苦手で、今もそのままだと食べれないのだが、


「ハーベスト」の鮎熟鮓ソースはチーズのような味わいになってて、


チーズっぽいけど、魚の風味もあって、不思議だけどものすごく美味しい。


f0232060_11343052.jpg














椎茸もとても肉厚で、旨味が凝縮されてて、美味しかったな。


まるでハンバーガーみたいな絵面だww


f0232060_11353980.jpg















4品目は、フィレンツェ風鶏バター


鶏バターが大好きで、あると必ず注文するのだが、


なかなか吉祥寺で本格的な鶏バターを食べさせてくれるところがなく、


いやー、嬉しいったらありゃしない。美味しいなあ!!


f0232060_11381236.jpg


f0232060_11382348.jpg


f0232060_11383341.jpg















5品目は、ポルチーニの貧乏人のスパゲッティ。


「貧乏人のパスタ」という、嘘のような本当の料理があって、


パスタの上に目玉焼きを乗せて、チーズと胡椒を振りかけるパスタ。


いつでも冷蔵庫にあるものを使うことから来ているそうだが、


シンプルだけど、シンプルだからシェフの腕と味が際立ち、とても美味しい。


f0232060_11435694.jpg














「貧乏人のパスタ」は結構好きなので、


お店のメニューにあるとよく頼むのだが、


今まで食べた貧乏人の中で、一番リッチかも(笑)。


ポルチーニ茸に、白トリュフの香り付けもされてて、


金持ちのパスタにw。


f0232060_11452980.jpg







ワインも美味しいし、料理もどれも素晴らしく、


メニュー全部制覇したい。


またぜひお邪魔させてもらおうと思う。美味しかった!









■「ヴィネリアハーベスト」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13205088/









# by meshi-quest | 2018-10-15 08:08 | 吉祥寺









世界中で展開をする大人気会員制倉庫店「COSTCO コストコ」


倉庫店というだけあって広大な土地が必要なため、


私の住んでいる近くにはなく、かつ、免許のない私が行くのも困難で、


人生で1回くらいしか行ったことがない。











海外旅行に来たような気分が味わえるこの雰囲気が好きで、


大学時代にホームステイをしていたオーストラリアの大型スーパーを思い出す。


近所にあったら頻繁に行ってしまうだろうな、コストコ。










たまたま車で幕張に来ることがあり、


コストコ幕張店があったので連れてきてもらった。


f0232060_014216.jpg


f0232060_0144080.jpg














わーい、超楽しいーーー。


ガイコツいるやーーーーーん。


f0232060_014243.jpg













というわけで、早速、大人の即決お買い上げ。


目も光るよーーーーー。


f0232060_0154455.jpg


f0232060_015579.jpg














ちょっと小腹が減ってきたところ、


コストコのフードコートに行ってみることに。


メニューも結構いっぱいあって、どれも安い。


オーストラリアにいた頃に通ってた大学の食堂を思い出す。


なんか日本にいながら海外に遊びに来た気分になれて楽しい。


f0232060_0181610.jpg


f0232060_021391.jpg


f0232060_0182995.jpg















ジュースやケチャップなどの味付けもセルフサービス。


f0232060_0195840.jpg


f0232060_020843.jpg


f0232060_0202768.jpg














イートインコーナーもそこそこ広い。


分別をしない大雑把な大きなゴミ箱も海外っぽい。


f0232060_0233472.jpg


f0232060_0234758.jpg















ここで、コストコ美味しかったモノランキング!!


第6位は、ガーデンサラダ(280円)。


葉物だけでなく、豆や人参やトマトなども入ってて


種類は豊富なのだが、ドレッシングが薄かったのが残念。


f0232060_026657.jpg














第5位は、


クォーターパウンドホットドッグ(180)円。


このボリュームで180円は驚異の安さ!


f0232060_0285876.jpg














味付けは、ケチャップやマスタード、ピクルス、オニオンなどを


自分で好きなだけ乗せて、ホットドッグを作る。


海外製のマスタードやピクルスの味により、マクドナルドっぽくなった。


f0232060_0291937.jpg














第4位は、プルコギベイク(420円)。


ゆうに2人分はありそうなロングタイプのボリューミーなパン。


カロリーは相当高そうだがw、


中にたっぷりプルコギが詰まっていて、なかなか美味しい。


f0232060_0311649.jpg


f0232060_0312655.jpg


f0232060_031339.jpg















第3位は、チーズバーガー(680円)。


コストコの安いフードの中でそこそこの値段するだけあって、


パテもしっかり2枚入り、食べ応え十分、なかなかのバーガー。


このままだとちょっと味が薄いので、


ケチャップやマスタード、ピクルスを足すと、いい感じに仕上がる。


f0232060_0342490.jpg














第2位は、ピザ(300円)。


3種から選べてサラミやオニオンなど色々入ってる「COMBO」を。


かなりボリュームもあり、ピザ自体もなかなか美味しい。


値段と内容のバランスがいいフード。


f0232060_036569.jpg














そして、栄えある第1位は、クラムチャウダー(300円)。


これ、普通にちゃんと美味しい!


しかも、具沢山でたっぷり来るので、スープ好きには嬉しい。


f0232060_0383698.jpg















というわけで、コストコはやっぱり楽しくて。


子供より、大人の方がはしゃいじゃいそうな場所。


近所に出来ることを心から願うばかり。


f0232060_0393610.jpg










■「COSTCO コストコ 幕張店」
https://www.costco.co.jp/p/locations/makuhari?lang=ja








# by meshi-quest | 2018-10-14 08:07








吉祥寺のランドマーク・ハモニカ横丁にある


「あひる ビアホール」でランチ。


f0232060_1650227.jpg














ハモニカ横丁は夜の飲み屋街のイメージがあるが、


一見昼は閉まっているように見えても、


昼から飲めるお店もあったり、居酒屋ランチも結構やってる。


f0232060_1652238.jpg













トマトハンバーグランチ。


味は普通だけど、サラダも付いてて、リーズナブルで食べ応えあり。


駅からも近いので、行きやすいランチ。


f0232060_16582027.jpg


f0232060_16583399.jpg








■「あひる ビアホール」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13105108/








# by meshi-quest | 2018-10-13 08:05 | 吉祥寺








日本一と言っても過言ではない、


全国に名前が知れ渡る鰻の名店「かぶと」へ。


去年の秋に行って以来、1年間待ちに待ったこの日到来!!


f0232060_1672891.jpg













今回は私がいつもお世話になっている人達4名をお誘いして、


大将目の前のアリーナカウンター席を5人で陣取る。


晴れの良き日に、それぞれが飲みたいもので乾杯。


まずは、私はくくみ酒から。


f0232060_1611725.jpg


f0232060_1611201.jpg


f0232060_16113493.jpg


f0232060_16124254.jpg













大将の鰻捌きと焼きを見ながら、豆腐を食べて、串を待つ。


いい香りがしてきて、至極幸せなひと時。


f0232060_1616767.jpg


f0232060_16162398.jpg


f0232060_16165390.jpg


f0232060_1617620.jpg


f0232060_16171739.jpg














まずは、鰻の頭である、えり焼きのタレから。関東風


f0232060_16184029.jpg


f0232060_16191545.jpg













続いて、えり焼きの塩。関西風


f0232060_1620997.jpg















続いて、一番鰻で美味しいという


腹びれや背びれを巻いたひれ焼き


f0232060_16213580.jpg














「かぶと」名物のまだ動いている鰻の心臓


心臓は取り出して10分ほどで止まるので、


動いているのを食べれるのは捌きたて、新鮮である証拠。


苦いので丸飲みするのだが、すごく貴重な体験。


色々行ったけど、心臓食べさせてもらえる鰻屋さんは「かぶと」だけだなあ。


f0232060_16232570.jpg












胃、小腸、肝臓など色々巻き込んだ肝焼き


残念ながら、私は苦手なので、写真だけ。


f0232060_1626090.jpg













日本酒が止まらず、ぬか漬けつまみながら、追加。


f0232060_16264626.jpg


f0232060_16265764.jpg













本日は養殖鰻だけでなく、天然鰻の入荷もあったので、


大将が天然うなぎを捌き始める。


太さ(養殖は青いけど、天然は黄色い)、勢い香り


すべてにおいて違う。


f0232060_16291099.jpg


f0232060_16292941.jpg













「かぶと」恒例の鰻の生首嗅ぎ比べw。


左の養殖鰻はやや生臭いが、右の天然鰻は自然の香りがする。


魚の匂いではあるが、天然はあまり嫌な匂いじゃなくて、


生首も最後まで元気に動いていたりする。


f0232060_16314993.jpg















鰻のミニ蒲焼と、しっぽの部分。


鰻の肝臓は、1つ1つが1匹分なので、1串で10匹分ほどの貴重なもの。


f0232060_1635227.jpg


f0232060_16354483.jpg


f0232060_1636614.jpg


f0232060_16361688.jpg














いよいよ白焼き、登場!!


大将がお客さんの分の大量の串を作って、焼いてくれている。


f0232060_16381842.jpg


f0232060_16382935.jpg


f0232060_16384326.jpg













こちらが養殖


脂が乗っていて、何の違和感もなく、普通にすごく美味しい白焼き。


f0232060_16395554.jpg













こっちが天然


天然は入荷が少ない貴重なものなので、5人で少しづつ分ける。


手前が静岡、奥が岡山。養殖よりもサッパリしていて、弾力がある。


f0232060_16412630.jpg


f0232060_16413957.jpg













そして、フィナーレ。


待望のかば焼き登場!!!


養殖は1人1本、天然はみんなで少しづつ。


かば焼きの神様、かば焼きの最高峰。


この照り、たまらん!!!


f0232060_16433168.jpg


f0232060_1644823.jpg


f0232060_16441665.jpg













実に1年待ったかいのある美味しいかば焼きだった。


心からありがとう、「かぶと」さん。


f0232060_1645058.jpg


f0232060_16451287.jpg








■「かぶと」
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13016660/







プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン