懇意にさせていただいている室田シェフによる


ジビエフレンチの名店「LATURE ラチュレ」で食事。


ちなみに今日は、熟成肉を扱う室田シェフに、


熟成鮨を扱う「熟成鮨 万」大将の白山さんをご紹介する食事会なのだが、


どちらも大好きなお店だけに、どんな熟成化学反応が起きるのか楽しみ。


f0232060_050711.jpg


f0232060_0502893.jpg


f0232060_0504193.jpg















1品目のアミューズは、枝に見立てたチーズパイ


f0232060_0513726.jpg


f0232060_0515071.jpg















2品目のキノコの図鑑の中に入っているのは、


ジロール茸イノシシ肉のタルト。


茸の風味と濃厚なイノシシ肉が合ってて、とても美味しい。


f0232060_0533171.jpg


f0232060_0534276.jpg


f0232060_054126.jpg


f0232060_054976.jpg















3品目は熟成させたキジのコンソメ。


ジビエ独特の、ものすごく芳醇な香り。


このコンソメも素晴らしい味。


f0232060_0552636.jpg


f0232060_0553936.jpg


f0232060_0555359.jpg
















4品目は、たまたま捕獲されて、入荷できた時に、


常連さんだけに特別に出してくれる???肉のタルタル。


いろんなフレンチに行ってるが、


この???肉の生を食べさせてくれるのは「ラチュレ」さんだけ。


高級なマグロの赤身を食べているような味わいで、ものすごく美味しい。


諸事情あって伏字にしてるが、???を知りたい方は直接私にw。


f0232060_0592252.jpg


f0232060_0593554.jpg















5品目は、「ウフアンムーレット」という料理。


自家製イノシシベーコンと半熟卵と原木茸と赤ワインの組み合わせ。


濃厚な食材とソースに、半熟卵がすごく相性良く、好みの味。


シンプルだけど、美味しいなあー、この料理。


f0232060_122654.jpg


f0232060_123445.jpg


f0232060_151863.jpg















6品目は、チュルボーというドーバー海峡の平目を使った魚料理。


「熟成鮨 万」の白山大将に合わせて、


寿司ネタでもよく使われる平目を題材に、フレンチらしい一品を。


ちなみに、このチュルボーは火を通すと美味しくなる平目で、


室田シェフ曰く、寿司や生には相性が良くないのだそう。


f0232060_15621.jpg
















ソースが面白くて、旬のホタルイカを潰して使っている。


どこのお店もこの時期は、ホタルイカをそのまま焼いたり、


ボイルしたりして出してくるので、似通ってて、ちょっと飽きてくるが、


ソースの調味料のように使うお店は初めて。


そして、このチュルボーという平目とホタルイカが合う!


さすが、室田シェフ!!


f0232060_154761.jpg















7品目は、「リエーブルアラロワイヤル」


フレンチの中でもものすごく作るのが難しいと言われるウサギ料理。


今回は1ヶ月熟成の超濃厚なウサギを使って、


上からは香りの良い黒トリュフを合わせている。


ザ・ジビエという感じで、ものすごく香りも味も強いので、


好き嫌いは分かれると思うが、赤ワインにはものすごく合う。


この料理も「ラチュレ」さんだけだなあ、出してくれるの。


f0232060_1111520.jpg


f0232060_1112355.jpg


f0232060_1113067.jpg















8品目のデザートは、


千葉県産のイチゴ春菊を使ったもの。


色鮮やかで、すごく爽やかで、口直しにピッタリ。


f0232060_11342100.jpg


f0232060_1135761.jpg
















9品目のメインのデザートは、


沖縄県産島バナナのキャラメリゼ。


これがめちゃくちゃ美味しくて、


ここ最近食べたコースデザートの中でピカイチ。


付け合わせのアルマニャック風味のバニラアイスと、


スペキュロスのチョコクリームも絶品で、パティシエ岡本さんホント最高!


f0232060_1181454.jpg


f0232060_1184014.jpg















食後はTWGのスペシャルフレーバーティーと、


ヒノキの香りのエッセンスを入れたフィナンシェに、


スフォリアテッラというナポリの伝統菓子をイメージした


イノシシ脂で揚げた焼き菓子。


小菓子もめちゃくちゃ美味しくて、一気に食べてしまったw。


前菜、メイン、デザート、最後の小菓子まで


いつも本当に素晴らしい、すごいフレンチ。


f0232060_1233714.jpg


f0232060_1235991.jpg








■「LATURE ラチュレ」
http://www.deco-hygge.com/deco/








# by meshi-quest | 2019-05-24 08:08 | 渋谷・神泉







神戸出張







神戸のオリエンタルホテル内にある


大好きな鉄板ステーキハウス「ミディアムレア」でディナー。


f0232060_10581551.jpg


f0232060_1159788.jpg















今日はラッキーなことに、ここ「ミディアムレア」で一番人気の、


神戸港の夜景が見れる特等席に座ることが出来た。


何度も「ミディアムレア」は来てるが、


人気店なのでいつも予約でいっぱいで、


思えば、鉄板越しに夜景が見れる席に座れたのは初めて。


f0232060_10585586.jpg


f0232060_10592295.jpg


f0232060_10594294.jpg


f0232060_10595035.jpg















「ミディアムレア」では、


1組のゲストに付き、1人の専属シェフが付く。


鉄板も1組独占で使うので、プライベート感満載の贅沢なひと時が過ごせる。


f0232060_112347.jpg















本日は、神戸牛のオリエンタルコース(19000円)を注文。


1品目は、の湯引き。


生海苔のソースがとても美味しい。


f0232060_11325256.jpg


f0232060_11332245.jpg
















2品目は、前菜の盛り合わせ。


若竹煮、イサキのから揚げ、淡路どりの巻物など。


鉄板焼き屋さんのメイン来るまでの前菜は、


鉄板までの繋ぎという位置付けなのか、


あまり力入れず、美味しくないところも多いのだが、


「ミディアムレア」はメインの肉の鉄板焼きだけでなく、


前菜の魚や野菜にも凝ってて、丁寧に美味しく作られてるのが素晴らしい。


f0232060_11363071.jpg


f0232060_11365461.jpg


f0232060_1137353.jpg















3品目は、フォアグラと長芋のソテー。


上からかかっている甘辛の海苔ソースが絶品で、すごく美味しい。


フォアグラを海苔のソースで食べたのは初めてかも。


f0232060_11411533.jpg


f0232060_1141323.jpg


f0232060_11414615.jpg















4品目は、活オマール海老キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


f0232060_11424724.jpg
















じっくり火を通して、少し中にレア感が残るくらいの上手な火入れ。


海老の甘さを感じ、プリプリしてて、とても美味しい。


f0232060_1144519.jpg


f0232060_11441510.jpg


f0232060_11442617.jpg


f0232060_11443614.jpg















5品目は、口直しのミディアムレアサラダ


周りの特製ドレッシングは兵庫県淡路産玉ねぎを使ったもの。


f0232060_11453598.jpg
















そして、6品目のメインディッシュ、


神戸牛ロースキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


ついでに、本当はランチのみのメニューなのだが、


神戸牛や飛騨牛のいいお肉の切り落としを使った


私が大好きな自家製ハンバーグも特別に焼いてもらうことになった。


いいビジュアル、めちゃくちゃ楽しみ!


f0232060_11465584.jpg


f0232060_11481458.jpg


f0232060_11482364.jpg
















鉄板の周りにいい香りが広がる。


神戸牛もいい塩梅に焼けてきた。


f0232060_11501654.jpg


f0232060_11503084.jpg
















神戸牛ロースステーキと自家製ハンバーグ。


神戸牛はさすが肉の王様だけあって、


濃厚で、肉の旨味をガッツリと感じる。


30gだが、味と脂が濃いので、満足感がすごくあるステーキ。


ハンバーグも、高級和牛をふんだんに使ってて、


淡路産玉ねぎの甘味も加わり、ものすごく美味しい。


f0232060_11533083.jpg


f0232060_11534060.jpg


f0232060_11534743.jpg


f0232060_11535879.jpg


f0232060_1154736.jpg
















7品目の〆は、定番のガーリックライス以外に、


関西オリエンタルホテルならではのお好み焼きが選べる。


このお好み焼きが生地からこだわってて、


ちゃんと〆でも食べられるような軽さで、ものすごく美味しい。


ソースは濃厚で、関西風というよりは関東風だが、私はこのくらいが好き。


f0232060_11571474.jpg


f0232060_11573571.jpg


f0232060_11574370.jpg
















8品目のデザートは、


鉄板で作るさくら餅イチゴのソルベ。


シェフが器用に鉄板でさくら餅を作る様子は見ててワクワクする。


イチゴのソルベも、甘さ控えめでイチゴが濃厚ですごく美味しかった。


f0232060_121420.jpg


f0232060_1211855.jpg


f0232060_1214470.jpg


f0232060_1215870.jpg


f0232060_1221142.jpg


f0232060_1221929.jpg


f0232060_1222890.jpg









昼でも夜でも、どちらでも素晴らしい鉄板焼き。


最近神戸に行く度に予約が取れれば寄らせてもらってるヘビロテ店の1つ。







■「ステーキハウス ミディアムレア」
https://www.orientalhotel.jp/restaurant/mediumrare/









# by meshi-quest | 2019-05-23 08:08 | 旅行_国内









懇意にさせていただいている大好きな鮨屋、


「波やし」でいつもの癒しのオア鮨


f0232060_19353720.jpg
















辛口日本酒と焼物3種


マグロほほ肉、エイヒレ、ほっき貝のヒモ。


f0232060_1937395.jpg


f0232060_19372114.jpg


f0232060_19372965.jpg















毛ガニは、カニ味噌付き甲羅とカニ身のセットで。


さらに、大きなカニ身が入った茶碗蒸しも。


甲殻機動隊としてはカニ尽くしで嬉しい限り。


f0232060_193828100.jpg


f0232060_19384060.jpg















口直しの一口和牛ステーキとウニと青海苔の酢飯リゾット


f0232060_19411370.jpg


f0232060_19412788.jpg


f0232060_19413397.jpg















美味しい海鮮納豆ばくだんと、


大好物のスモークサーモンハラス


f0232060_20101523.jpg


f0232060_20102875.jpg


f0232060_20104646.jpg















大将林さんの特製つまみ、のお腹の部分の酒蒸し。


脂が乗ってて、何もつけなくてもこのままで美味しいー。


f0232060_20113588.jpg


f0232060_20114763.jpg















にぎりは、赤身と三重の真鯛から。


f0232060_20121153.jpg


f0232060_20122670.jpg















こはだとさよりとアジ


f0232060_20131766.jpg


f0232060_20133083.jpg


f0232060_20133860.jpg















縞えびの卵乗せと白えび。


f0232060_20144032.jpg


f0232060_20153100.jpg















名物のサバの千枚漬けとカマトロ


f0232060_20153952.jpg


f0232060_20155438.jpg















ヤリイカと海苔なしのネギトロ


f0232060_20164883.jpg


f0232060_20165978.jpg















ウニイカと穴子。


f0232060_20173448.jpg


f0232060_20174218.jpg
















〆の巻物は、大好きなエビマヨ


今日も楽しく、美味しい「波やし」さんだった。


f0232060_20182858.jpg


f0232060_20183848.jpg










■「鮨 波やし」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13070215/








# by meshi-quest | 2019-05-22 08:08 | 高円寺








東京の知り合いの日本料理の大将からとても勧められ、


ずっと行きたかった日本料理店「研覃ほりべ」にようやくお邪魔できた!


「研覃」は「けんたん」と読み、深く追求するという意味があるのだそう。


f0232060_1963398.jpg


f0232060_1971051.jpg













大通りから1本奥に入った静かな通り沿いにあり、


店内はとても清潔で美しく、中庭もあり、素敵な店内。


f0232060_198339.jpg


f0232060_1984774.jpg













昼から京都の地酒「京乃辛口」をいただく。


名の通り、辛口でスッキリしてて、日本料理に合いそうな味。


夏前なのに、すでに汗かくほど蒸し暑い京都で、


氷でキンキンに冷やした冷酒を出してもらえるのは嬉しい。


f0232060_19112898.jpg


f0232060_1912664.jpg













1品目は、5月の端午の節句にちなんで、


和紙で作られた菖蒲


京都に来て良かった・・・。


ああ、日本料理って本当に素晴らしい。


季節に合わせてこんな出し方がサラッとできるのは日本料理だけだと思う。


f0232060_19163730.jpg













中は、今が旬のうすい豆葛豆腐と初物のじゅんさい


体がすっと吸収してしまう、とても優しい味わい。


器も5月にちなんであやめが描かれていた。


f0232060_19194629.jpg


f0232060_19195829.jpg


f0232060_1920894.jpg













2品目は、3年熟成にゅうめんのお椀。


中にはスズキ梅干しが入ってて、初夏らしいさわかやな味わい。


f0232060_19213251.jpg


f0232060_19221035.jpg













3品目はお造り


初鰹は黄身醤油で、ハリイカは塩で。


ハリイカが甘みあって、ものすごく美味しかったな。


f0232060_19233258.jpg


f0232060_192498.jpg













4品目は、ぐじ(甘鯛)の焼き物。


木の芽酢と共に。


ウロコがパリッパリで、めちゃくちゃ美味しい!


f0232060_19253411.jpg


f0232060_19254814.jpg













5品目の煮物は、端午の節句にちなみ、なんとの揚げ煮。


鯉は久しぶりに食べたが、臭みは全くなく、とても食べやすく出来てた。


トロトロの賀茂茄子もものすごく美味しい。


f0232060_19285258.jpg


f0232060_1929644.jpg













6品目のご飯は、ぐじ(甘鯛)の身をたっぷり使った土鍋ご飯。


ぐじのいい香りがして、何杯でも食べれてしまう。


お新香赤だしも、京都らしくていい感じ。


f0232060_19305673.jpg


f0232060_19312015.jpg


f0232060_19313636.jpg


f0232060_19314664.jpg


f0232060_19315957.jpg













7品目の水物は、季節の果物と、


すだちシャンパンを使ったシャーベット。


f0232060_19332264.jpg












その後にもう1品、くず餅


口直しの練り昆布、煎茶も出てくる。


昼からとても満足度が高い、素晴らしい日本料理だった!


夜の会席をいただいているような気分。


季節がまた変わって、どんな料理になるのかすごく楽しみ。


ゆっくり出来る時の、自分へのご褒美ランチにぜひ。


f0232060_19362454.jpg


f0232060_19363475.jpg








■「研覃ほりべ」
http://www.kyoto-horibe.com/









# by meshi-quest | 2019-05-21 08:08 | 旅行_国内









旬のホワイトアスパラガスをいただきに、


銀座帝国ホテル内のフレンチの名店「レ セゾン」へ。


4月から5月にかけてのこの時期はフランス直輸入の


巨大な甘くて美味しいホワイトアスパラガスが食べられる。


f0232060_18273982.jpg


f0232060_18274990.jpg















「レ セゾン」入店にはドレスコードがあるが、


店内は意外とアットホームで、スタッフも気さくなので、居心地がいい。


ゲヴェルツトラミネールで乾杯。


1つ目のアミューズは、ゴボウラディッシュ


ソースはポワロー葱を使ったクリームソース。


f0232060_1830427.jpg


f0232060_18311179.jpg


f0232060_18311966.jpg


f0232060_18312637.jpg















2つ目のアミューズは、生のホタテ新玉ねぎのエスプーマ。


上には、パールオニオン、オリーブオイルの玉、


ほうじ茶醤油のパウダーがかかっている。


f0232060_18364060.jpg


f0232060_18365538.jpg
















本日は、スタッフにおすすめを聞きつつ、アラカルトで注文。


まずは、1品目の前菜は今回楽しみにしていた


フランス直輸入の巨大なホワイトアスパラガス!!!


の「レ セゾン」のホワイトアスパラガスの料理は


卵とバターの濃厚なムースリーヌをかけるシンプルで王道料理だったが、




今回はまるで別人が作られたかのように、色鮮やかで、


めちゃくちゃかわいらしいアスパラ料理が出てきて驚いた。


f0232060_1844131.jpg















味は、クラッシックな美味しい王道フレンチなのだが、


そこに日本の食材の柚子などを使い、日本人が好む味付けになっている。


緑のソースはレタス、赤いものはパンチェッタのチップ。


f0232060_18455312.jpg


f0232060_1846965.jpg


f0232060_18461891.jpg















2品目は、サザエの薄切りのソテー。


上から菜の花のスープを注ぎ、上には日向夏の泡が乗っている。


見た目は春らしく華やかな雰囲気、


味はサザエの旨味がしっかり出てて、見た目以上に食べ応えある一品。


f0232060_1850106.jpg


f0232060_18501979.jpg


f0232060_18502782.jpg
















4品目は、本日のおすすめの魚料理で、


駿河湾産赤座海老のシンプルロースト。


ソースは海老のクリームソース、風味良い天然茸のソテーと共に。


この赤座海老が甘味があって、プリプリで、


火入れが上手で程よく中がレアになっていて、絶品だった!!


パンは魚料理用に追加され、四万十川の青海苔を練り込んだパン。


f0232060_18534779.jpg


f0232060_18552433.jpg


f0232060_18553555.jpg















4品目は、天然茸のクルートで覆ったフランス産シャラン鴨胸肉。


付け合わせは、鴨の腿肉のパテと春野菜を入れたブイヨン。


メインに同じ食材を使ながらも、


全く違った調理法の2種の料理を出してくれるのは「レ セゾン」流。


f0232060_18591887.jpg


f0232060_18593849.jpg


f0232060_18594742.jpg
















5品目のアバンデセールは、


マンゴー、ココナッツ、パッションフルーツの


口直しにピッタリな爽やかなデザート。


f0232060_191537.jpg


f0232060_1911992.jpg

















6品目のメインデザートは、


ブラッドオレンジ風味のルバーブのコンポート。


グリオットチェリーのソルベとクリームと一緒にいただく、


甘味と酸味のバランスがいい食べやすいデザート。


f0232060_193127.jpg


f0232060_1933442.jpg















食後の小菓子と、チョコレートは好きなものを好きなだけ。


f0232060_1942074.jpg


f0232060_1942961.jpg


f0232060_1944147.jpg










以前「レ セゾン」に来た時には、


かなりクラッシックな王道フレンチで、


今回は前の料理とあまりに違うので、


メインシェフが変わったのかと思ったら、以前と同じフランス人の方で、


京都などに頻繁に行かれて、日本の文化や食材に触れたことで、


料理も日本に合わせてガラッと変わったのだそう。












前はこんな色鮮やかでかわいらしいフレンチではなく、


どちらかと言うと、カッコいい感じの風格のあるフレンチだった。


日本の食材もあまり使っていなかったので、ガラッと変わって驚いた。


もちろん王道も良かったけど、個人的には今の方が好きかな!







■「Les Saisons レ セゾン」
http://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/restaurant/5









# by meshi-quest | 2019-05-20 08:08 | 銀座
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン