ブログトップ | ログイン


手帳セラピスト
さとうめぐみ

暦に親しみ、自然と時間に調和していくまったく新しい手帳術「手帳セラピー」を広めるべく活動中。詳細はこちら

  
【重要】手帳セラピーに関するブログでの質問につきまして

ツイッター

オフィシャルサイト

メルマガ

GRANESSコラボグッズ

オフィシャルサイトお問い合わせページへ

New!幸せおとりよせ手帳2020
 
幸せおとりよせ手帳2019
 
幸せおとりよせ手帳2018
 
幸せな人がこっそりやっている手帳の書き方
 
幸せおとりよせ手帳2017
 
1年で100個の願いを叶える
 
たった1行ですべてが叶う 手帳の魔法(文庫版)
 

2009年 04月 29日 ( 1 )

今日4月29日は私にとって特別な日なので、今日のブログは心して書きます。
090429 「記念日ウツ」の手帳セラピー的癒し方_f0164842_1221885.jpg

 皆さんの中に、毎年ある時期ある特定の日になると体と心の調子が悪くなる、という悩みを抱えている方はいらっしゃるでしょうか?もし、その傾向がある方はその原因にお気づきでしょうか?
 私の場合は毎年4月29日の数週間前から言いようのない不安と落ち込み、憂鬱感、不眠・体の冷えに襲われることに悩んでいました。「悩んでいました」とこうして過去形で語れるのも手帳セラピーのおかげ。今日は私が「記念日ウツ」と名づけた苦しみから抜け出す方法を書いてみたいと思います。

 「記念日」と言うと素敵な日のようなイメージがするかもしれませんが、その逆で自分の人生に大きな意味・転機をもたらした日のことです。 たとえば、恋人と別れた日とか、大事な試験に落ちたとか…きっと誰にでもある思い出したくない、できれば忘れてしまいたい記念日のことです。
 私の「記念日」は忘れもしない4月29日。今からさかのぼること十数年前の4月29日にとある事件に巻き込まれ、九死に一生を得るという大変な体験をしたのでした。
 その事件について詳しくは書きませんが、事件後は家族や友人たちに支えられなんとか日常生活が送れる心の平穏を取り戻すことができ、その後も事件で一番傷ついた部分をダイレクトに癒してくれる素晴らしい人との出会いがあり、そして「時の流れ」というなによりの良薬も得て、事件で生じた心の傷も「人生いろいろあるけれど、まずは生きていられるだけで幸せ」と考えられるくらいまで癒えたように思っていました。

 でも…毎年その「記念日」が近づいてくると眠れない、心細い、憂鬱になる。落ち込むだけ落ち込むのに、ゴールデンウイークが終わる頃にはスーッと気持ちが晴れ元気を取りもどす、というサイクルがずーっと続いていたのです。 2005年から手帳セラピーをはじめて丸3年、このサイクルが見えてきて「あっ!」と気づきました。理性ですっかり整理できているのだけれど、体がまたあの事件を記憶しているのだ、ということに…。
 生身の体は正直です。理性では前向きに事件を整理・消化できていても、体が事件の恐怖を覚えている。4月末の風の匂い、陽射しの明るさ、気温…などに体が反応、条件反射的に「記念日」が蘇り、時計の針が巻き戻ったような錯覚に陥り、憂鬱になる。脳ではなく体が「記念日」を記憶しているとしかいえない感覚が確かに私の中にあるのです。
 人は生命の危機を感じると条件反射的に体中の筋肉が硬直するといいます。身を硬くして体を守ろうとする。そして同時に体温も一気に下がる。怖い思いをすると「ヒヤッ」とする仕組みがそれ。きっとその強烈な感覚が体の記憶として残っているのでしょう。

 理性で整理がついていると思っている分、不調の原因に気づきにくくなっているからいっそう性質が悪いのですよね…まさかあんなに昔の出来事が今も自分に影響するなんて、とも思いますが、毎年繰り返される不調を手帳というデータで見ると原因は明らか。そこであえて私は手帳に「記念日」をマークすることにしてみました。さすがに「記念日」とは記入しませんが、緑のマーカーでしっかり囲って塗りつぶし徹底的に自分が楽しいことをする日ゆっくり自分をいたわる日053.gifに決めました。
 そして、身近な人にも
「この時期はこれこれこういう理由で心身が不安定になることを知っておいて欲しい(知っておいてくれるだけでいい)」
と前もって伝えて、できるだけ心穏やかに「記念日」を過ごせるように協力を仰ぎます。ナーバスなお願いごとを正直に打ち明けられる人がいること自体、幸せなことだといつも思います。

 「記念日」のショックが大きい分、完全に気にならなくなるのはかなり難しいことかもしれませんが、残念ながらそれが事実だとしたら、その割り切れなさとうまく付き合っていく方法をとったほうがきっとプラスになるはずです。思い出したくないからといって、すべて癒えたことにして心の奥底に閉じ込めておくと、逆に不調の理由が見えなくなり、新しい不調を抱え込むことになるかもしれません。それよりは荒治療ではあるけれど、さりげなく手帳に記して「見える化」しておいたほうがいい、私はそんな風に考えて工夫をはじめてみました。

 そして、もうひとつの「記念日ウツ」の対処法は、「記念日」の時の自分と今の自分の違いを紙(手帳)に書き出してみることです。辛い出来事に打ちひしがれて時が止まったように思えても人間生きている限り、なにかしらの変化はあるはず。 「あの時の自分はああするしかなかったけれど、今の自分ならこうできる!」
という違い(進化)に気づければ、「あの時は何もできなかった」と自分を責める気持ちが「あの時よりも確かに成長している、今は支えてくれる人もいる」とプラスの見方へと変わります。
 過去という事実は変えられないけれど、過去に対する考え方、抱え方が変われば心はぐっとラクになるはずです。「記念日ウツ」に苦しめられている方、心に余裕があるときにぜひこのワークをやってみてください。ひとりでやるのが辛いなら信頼できる人に近くにいてもらって、見守ってもらいながらやってみるのがいいでしょう。ひととおり紙に書き出し見える化して「あのときの自分とはもう違う」ことがわかったら、そのまま「記念日ウツ」の卒業式を!
「いままで辛い気持ちを封じ込めていてごめんね、今度はちゃんと気づきました、そしてあの時の自分よりも確かに成長しているから今なら消化できます。もう大丈夫です」
と自分に語りかけ、紙に「祝!卒業!おめでとう!」と書き込みます。安易な気休めのようですが、この儀式意外と効き目がありますよ!
 今日はかなり重たい話題になってしまいましたが、私自身こうして書いて整理することでまた心が軽くなります。書いて伝えるという機会と場が与えられていることに感謝。ありがとうございます053.gif 
by migumeutosa | 2009-04-29 12:21 | Trackback | Comments(9)

カテゴリ

全体
日記
手帳
新月のお願い
着物
事務局からのお知らせ
手帳セラピー公式手帳
質問&回答
□一日一緑カード

最新の記事

201022 Web連載・京..
at 2020-10-22 16:01
201021 神無月の五日月..
at 2020-10-21 23:25
201020 十月の子どもの着物
at 2020-10-20 23:59
201019 二十四節気「蟋..
at 2020-10-19 00:00
201018 第43週の手帳..
at 2020-10-18 10:59

最新のコメント

有希さん コメントあり..
by migumeutosa at 22:53
こんばんは。 発売決定..
by 有希 at 20:22
有希さん おはようござ..
by migumeutosa at 08:52
おはようございます。 ..
by 有希 at 08:47
有希さん 健康を気遣う..
by migumeutosa at 00:36
こんばんは。いつもご指導..
by 有希 at 23:43
ご質問はこちらへどうぞ!
by migumeutosa at 22:42
> 真由美さん 回答ア..
by migumeutosa at 19:20
二度もお返事して頂き有難..
by 真由美 at 12:44
> 真由美さん 1912..
by migumeutosa at 00:25

以前の記事

2021年 01月
2020年 12月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
more...

検索

記事ランキング