ブログトップ | ログイン


手帳セラピスト
さとうめぐみ

暦に親しみ、自然と時間に調和していくまったく新しい手帳術「手帳セラピー」を広めるべく活動中。詳細はこちら

  
【重要】手帳セラピーに関するブログでの質問につきまして

ツイッター

オフィシャルサイト

メルマガ

GRANESSコラボグッズ

オフィシャルサイトお問い合わせページへ

New!幸せおとりよせ手帳2020
 
幸せおとりよせ手帳2019
 
幸せおとりよせ手帳2018
 
幸せな人がこっそりやっている手帳の書き方
 
幸せおとりよせ手帳2017
 
1年で100個の願いを叶える
 
たった1行ですべてが叶う 手帳の魔法(文庫版)
 

2008年 11月 09日 ( 1 )

 
081109 10月23日霜降のコーディネート☆_f0164842_19284414.jpg
 
 本の出版という慶事があって、すっかり「二十四節気のお話とキモノ」のコーナーをご無沙汰していましたが、久々にアップします。少し暦を巻き戻して、10月23日霜降(そうこう)のコーディネートをご紹介します。
 霜降は読んで字のごとく、「秋が深まって、霜が降りる頃」という意味です。この頃から朝晩の冷え込みが厳しくなり、日暮れもぐっと早くなって「秋の日は釣瓶落とし」を実感するようになります。その分「秋の夜長」となるわけですが、静かな秋の夜のひと時は自分を見つめ直したり、読書をしたりするのにぴったりな時間といえるでしょう。
 自分を見直す読書といえば、やっぱり『手帳は”完了形”で書く』ですね♪

今回のテーマはスバリ 出版記念!「祝!出版 読書の秋」!です。
 コーディネートの核は「帯」。薄緑色の地に洋書と舶来煙草、マッチ、そして秋の果物の柘榴(ざくろ)がアールデコタッチで描かれた染め帯です。 
 
081109 10月23日霜降のコーディネート☆_f0164842_19304879.jpg

 年代は1920年~1930年代のもので、当時は舶来煙草を吸いながら洋書を読むという生活スタイルは上流階級の人々にのみ許されていた贅沢、一般庶民には憧れの生活でした。
 のちに作家となる佐多稲子が日本橋の丸善に女性店員として勤め、売り子の薄給では到底手に入れることのできない洋書や舶来の万年筆、石鹸などを複雑な気持ちで販売していたことが瑞々しい感性で『私の東京地図』に記されています。彼女を生粋のプロレタリアート作家として世に送り出すことになる、同人誌『驢馬』の仲間たちとの感動的な出会いまではもう少しの時間が必要でした。
 実際に舶来物を手にするのが難しいならせめて日常着の中でそれを味わいたい、そんな庶民の気持ちに応えるに当時のデザイナーたちはこのような面白い柄を考え出したのでしょう。大衆の要請とデザイナーの冒険心が一致して、着物の大原則「花鳥風月」に囚われない自由な発想が花開いたアールデコの着物たちは、時代を超えて着る者を元気にする力強いエネルギーを秘めているように思います。
 
081109 10月23日霜降のコーディネート☆_f0164842_1929679.jpg

実はこの帯、もともと帯地として作成されたものなのに、なぜか長襦袢に仕立てられていたものを骨董市で見つけ、自分で洗って帯屋さんに仕立て直してもらった、という私にとって思い入れの強い帯なのです。
081109 10月23日霜降のコーディネート☆_f0164842_19292778.jpg

 煙草が好きで本が好きな人と会うときに〆めたら話の種になるかしら、と妄想しながら帯を作って3年〆る機会がなくずっと寝かせたままでしたが、ちょうど柘榴の季節に自分が本を出版することになり、出版記念の食事会や手帳セラピー講座で〆る機会を得たのですから面白いものです。本当に「想像が現実を創造する」のですね。妄想で帯を仕立てておいて良かった~☆しかも煙草の銘柄は「Venus」女神です053.gif

 帯が「本」なので、帯留は「柿」にしてみました。秋の果物だから「柿」、そして本を「書」いたから「柿」と洒落たのです049.gif
081109 10月23日霜降のコーディネート☆_f0164842_1931347.jpg

 着物はうっとりするような手触りの縮緬に、八重菊。菊は「聞く」にかけて、手帳セラピーで「自分の心の声を聞く大切さ」を表してみました 
081109 10月23日霜降のコーディネート☆_f0164842_19312085.jpg
 葉っぱの緑のグラデーションがいかにも大正ロマンの雰囲気を醸しています。
 この雰囲気に合わせたのが帯揚げ(写真…帯留の下に敷いています)。今は閉店してしまった赤坂の「あやはた」という伝説のアンティーク着物店オリジナルの商品です。店主の綾秦節さんが長年の経験から「アンティークの着物に絶対に合う色」という色が何色かあることに気づき、自ら色を指定して染屋さんに作ってもらったのだとご本人から伺いました。
081109 10月23日霜降のコーディネート☆_f0164842_19392467.jpg

 履物はヨーロッパのファブリックを使用した現代の草履です。アールデコの帯は舶来への憧れで作られたけれど、時は流れ今は身分の関係なく自由に海外を行き来出来る時代になりました。そんな自由な時代を生きる喜びをコーディネートしてみました。 時代の荒波に揉まれつつ自分の足でしっかりと立ち続けた佐多稲子のように、自分の足で立ちたいとの思いを込めて。 
 「読む」「聞く」「書く」。そして、この着物を纏う私が「話す」こと、おしゃべりすることが大好きなので、このコーディネートで「読む・聞く・話す・書く」と自己表現のすべてが揃う、というわけです。洒落倒す楽しみもまた着物の楽しみなのです。

072.gif着物…縮緬鴇色菊柄着物
072.gif帯… 塩瀬アールデコ柄染め帯
072.gif帯留…白蝶貝彫刻 柿柄
072.gif履物…ヨーロッパのファブリックを使用した豆千代モダンオリジナル製品
by migumeutosa | 2008-11-09 19:47 | 手帳 | Trackback | Comments(4)

カテゴリ

全体
日記
手帳
新月のお願い
着物
事務局からのお知らせ
手帳セラピー公式手帳
質問&回答
□一日一緑カード

最新の記事

201029 今夜は十三夜で..
at 2020-10-29 18:45
201028 明日は十三夜で..
at 2020-10-28 19:35
201027 「幸せおとりよ..
at 2020-10-27 19:57
201026 10月30日発..
at 2020-10-26 16:31
201025 第44週の手帳..
at 2020-10-25 00:00

最新のコメント

有希さん コメントあり..
by migumeutosa at 22:53
こんばんは。 発売決定..
by 有希 at 20:22
有希さん おはようござ..
by migumeutosa at 08:52
おはようございます。 ..
by 有希 at 08:47
有希さん 健康を気遣う..
by migumeutosa at 00:36
こんばんは。いつもご指導..
by 有希 at 23:43
ご質問はこちらへどうぞ!
by migumeutosa at 22:42
> 真由美さん 回答ア..
by migumeutosa at 19:20
二度もお返事して頂き有難..
by 真由美 at 12:44
> 真由美さん 1912..
by migumeutosa at 00:25

以前の記事

2021年 01月
2020年 12月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
more...

検索

記事ランキング