タグ:Mayan calender ( 3 ) タグの人気記事

何やら気になることが多くなり始めました。
どーも意味ある偶然のように思えるのですが・・・

猛毒コブラがベトナムで4つのカバンから発見される!

猛毒を持つキングコブラなどの蛇が入ったかばんが、ベトナムのホーチミン市からハノイへ向かう列車の中で見つかったそうです。
26日はヘビトレセーナの始まりで「ヘビ・1」のナーカルサインの日でした。

ヘビナーカルの具現化?!_b0213435_13353796.jpg


CNNニュース
元記事:

蛇の入ったかばんは26日、途中駅のクアンガイで列車が停車した際に、車内を調べていた警備員と車掌が発見した。全部で何匹入っていたのかは不明。警備員と車掌にけがはなかったが、蛇がいると聞いた乗客はパニック状態になったという。
見つかったのはベトナムの法律で保護されている蛇だったため、27日に森林保護当局に引き渡され、野生に戻された。当局者によれば、中には体重が1キロ以上ある蛇もいたという。

そればかりか・・・

フロリダで神秘紫色のくらげが大量発生!

元記事:
米フロリダ州中部の海岸でクラゲが大量に発生し、28日から30日にかけてのメモリアルデーの連休中に刺される人が続出した。
(CNNニュース)
同州ブレバード郡の担当者によると、ココアビーチからケープカナベラルにかけての一帯では800人以上が刺されたという。被害報告は27日から入り始め、連休に入って激増した。
ヘビナーカルの具現化?!_b0213435_13583865.jpg

海岸には紫がかった色のクラゲが無数に打ち上げられているが、普段この地域で出没するクラゲとは違う種類のようだという。

クラゲに刺されると痛みやかゆみを伴い、アレルギー反応を引き起こすこともある。当局によると、今回刺された人のうち2人は呼吸困難を起こして病院に運ばれた。クラゲが直接の原因なのか、既往症によるものなのかは不明だとしている。

  関連記事:蛇-チクチャン-のトレセーナ

翼あるヘビ・ククルカンの帰還というマヤの伝説は、アセンションに向かうこの周期、猛毒ヘビを4つの箱と一緒に具現化させたようです!


マヤではガラガラ蛇を最高度に重視していたようです。
蛇は文化的に重要なものを体現する存在だったため、マヤ族は念入りに観察しました。
蛇の歯が20日ごとに生え替わることからウィナルという周期が生まれました。「ウィナル」を表す文字は、蛇の開いた口で、そこには日本の牙があります。
蛇は脱皮によって生まれ変わります。
そして脱皮する度に、ガラガラが増えていくのだといいます。このガラガラは、人間の心臓のような形をしていて、マヤ人はこのガラガラを見つけると取っておくのです。それは幸運のお守りなのだといいます。

野生では蛇の脱皮は年に一度。ですからガラガラの層の数は、蛇の年齢を示しているのです。

また、天の星団を観測していたマヤ族は、52年ごとに山に登ってプレアデス星団がちゃんと運行するかどうか見守っていたといいます。このプレアデス星団をマヤでは「ツァブ」と呼びますが、これは「蛇のガラガラ」という意味だといいます。

ククルカンピラミッドのデザインは、蜷局(トグロ)を巻いたガラガラヘビを象徴しています。
そして「チャン」というマヤ語には二通りの意味があるそうで、1つは「蛇」そしてもう1つは「天」という象形文字なのだといいます。


クラゲはポルトガル人によって「海月(海の月)」と表記され、また「水母」とも書かれます。
「水母」の語源を紐解いてみると、水母は98%を水で構成しているクラゲが死んだ後、海に還る様をイメージしているといいます。

仏語、伊語だとmedusaメドゥーサで、ギリシア神話に出てくる髪の毛がすべてという怪物の名前ですね。
 ・メデューサについて
ヘビナーカルの具現化?!_b0213435_14532127.jpg

その目を見ると石になる怖いメデューサは、もとは怪物ではなくギリシアの先住民族ペラスゴイ人の崇める女神(大地母神)であったと言う説が有力なのだそうです。メデューサの名前もギリシア語で「女王」「支配する女」を意味するもので、すなわち彼女がかつて神々の中心にあったことを示しています。

偶然とは思えないこのニュースの一致では、ヘビと変容、毒がキーワードとなっています。
私たち人類に「ククルカン」は蛇と天の具現化として、その象徴を表しているのではないかと思えてなりません。
みなさん、こんにちわ。
マヤカレンダー今日は「シカ・3」ナイトロード「G3」です。

今朝から東京も雨がしとしと降っています。
週末から来週にかけて日本列島は大荒れになりそうですね・・

福島の今にも崩れそうな残骸と化した原子力発電所建屋が、嵐で吹き飛ばされてしまわないよう祈るばかりです(・_・;)

今日は娘の中学校は運動会の予定だったのですが、やはり延期となりました。
う~んnn 延期といっても嵐のSPEEDYによりますよねぇ~(~_~;)
いつになることやらww

雨は癒しと許しと浄化のエネルギーをもっています。
そんな日はゆっくりまったり、好きなことをしながら過ごしましょう^^♪

26日からヘビのトレセーナに入り、マヤ暦とアセンションの共時性的事象にアンテナを集中させている私ですが、今日は気になるアレコレをご紹介してみます。

★ 巨大津波の問題は「本当に起きるのか」ではなく「いつ起きるのか」である
天使と悪魔 神の粒子と宇宙の幽霊_b0213435_11245892.jpg
YouTube映像
もしも巨大津波が発生したら tsunami strike

今みてみると、現実感がある映像です。

★面白い映像が飛び込んできました!^^
やっぱりUFOニュースです^^ だってあまりにもGood timingなんですもの。
天使と悪魔 神の粒子と宇宙の幽霊_b0213435_11274159.jpg
You Tube映像
●MASSIVE UFO Mothership On The Peruvian News! May 26th, 2011

ペルーのフアンカヨ市内で撮影された映像だそうです。
うーんww アナウンサーの個人的感想は「フェイクでしょー」らしいですが、それにしてもすごい迫力あるUFO♪ May.26ってヘビ周期の始まりの日で「ヘビ・1」の日ですから(・o・)!
アセンション・デイに向けてククルカンの飛来といいたくなるほどオンタイムですよね。。

ここではこの映像が真実かどうかは問題ではないんです。
この日にこの映像が飛び込んでいることに意味があるんです!

★「神の粒子」の有無、2012年末までに判明 CERN!

世界最大の粒子加速器「大型ハドロン衝突型加速器(Large Hadron Collider、LHC)」を運用する欧州合同原子核研究機構(European Organisation for Nuclear Research、CERN)は17日、2012年末までに「神の粒子」とも呼ばれるヒッグス粒子(Higgs Boson)の有無に関して結論が出るだろうとの見解を示した。
CERNのロルフ・ホイヤー(Rolf-Dieter Heuer)所長が英国王立協会(Britain's Royal Society)で会見を開き、「2012年の終わりまでには、ヒッグス粒子のシェークスピア的な問い、『あるべきかあらざるべきか』に答えが出るだろう」と述べた。
(元記事:(c)AFP/Richard Ingham)

★極小ブラックホール、地球を毎日通過?

極小のブラックホールが、“宇宙の幽霊”のように日々地球を高速で通り抜けている可能性が明らかになった。なお、人体に影響はないという。
天使と悪魔 神の粒子と宇宙の幽霊_b0213435_1134113.jpg

Photograph courtesy Claudia Marcelloni, CERN

元記事:ナショナルジオグラフィック ニュース

どうです?
「神の粒子」「宇宙の幽霊」のコラボレーション!

面白そうじゃないですか?
神の粒子が表の顔なら宇宙の幽霊は裏の顔かしら。

おっと・・・もう1つ恐ろしい共通ワードがありました。

★「セルン ( 欧州合同素粒子原子核研究機構・CERN ) 」

◇表の顔は。。 
欧州原子核研究機構(おうしゅうげんしかくけんきゅうきこう、CERN) は、スイスのジュネーヴ郊外でフランスと国境地帯にある、世界最大規模の素粒子物理学の研究所
ウィキペディア セルン

◇裏の顔は。。
”CERNアセンション”

・素粒子・原子核物理学研究
日本時間2010年3月30日、7兆電子ボルトで陽子を衝突させる実験を初めて成功させた。 (加速エネルギーが3.5兆電子ボルトの陽子同士を正面衝突させた。)
・情報技術
文献の検索および連携のために考案された言語であるHTML 、インターネット通信のために定めた規則(Hypertext Transfer Protocol 通称:HTTP)、 World Wide Web(通称: ウェブ)発祥の地としても知られる。この発明はいずれもイギリス人技術者ティム・バーナーズ・リー(Tim Berners-Lee)によって考案された。当初、彼は各国に散らばっている実験者が瞬時に情報にアクセスできるように、しかも同時に多くのコンピュータ間で同じ情報が共有できるようにと願ってWebを開発したのであるが、彼のもたらした効果は今やCERNのみに留まらず、全世界に拡がっている。

CERNは裏ではタイムトラベルの実験を行っている。
CERNの背後はイルミナティ、フリーメーソン、300人委員会。

元記事: ASCENSION


それで。。。!
天使と悪魔 神の粒子と宇宙の幽霊_b0213435_11384597.jpg

【天使 VS 悪魔】

映画『ダ・ヴィンチ・コード』の続編で、主人公も同じという映画

400年前に弾圧された秘密結社「イルミナティ」が復讐を開始!2匹の蛇のナイフで“正しき人々”を襲う悪魔団。“正しき人々”は、このナイフ以外の方法で死を迎えると、その瞬間に地球上の別の場所で転生してしまう。。。
街を吹き飛ばすほどの破壊力を持つ反物質を、ローマのどこかに隠したのだった。。
というストーリー。

主人公となるトム・ハンクスらも、2009年にCERNを訪れているようです。
やっぱり表の顔は天使で、裏の顔は悪魔ですね。。2匹の蛇が登場していることに驚きですが。

CERN Press Release

★おまけに!

6月開催「エネルギーサミット」

カナダ・オンタリオ州ウォータールーで6月5日から9日まで、「エキノックス・サミット:エネルギー2030(Equinox Summit: Energy 2030)」を開催する。同サミットは最先端の科学と技術が、どうすれば持続的エネルギーの将来の戦略決定に利用しうるかという世界会議である。

(元記事:nejinews.co.jp 産業ニュース)

アセンションに向けて、蛇ククルカンは人類に何の奇跡をもたらそうとしているのでしょうか?!
死の直感が冴えてきた感じがしているこの頃です(^_^;)

★人に優しくなるアセンションの光
天使と悪魔 神の粒子と宇宙の幽霊_b0213435_11504855.jpg

ユーチューブ『最後だとわかっていたなら』
原作 / ノーマ・コーネット・マレック(訳 / 佐川睦)

今日があなたにとって、いい日になりますように。

The world approaching Year ZERO

Excite telephone fortune telling service allows users to communicate
with fortune tellers using telephone or email. Using the Excite system,
the users and fortune tellers can communicate without exchanging their
telephone number and email address.
If you need instructions on how to use and which fortune tellers are
available in English, go to
https://sec.excite.co.jp/help/support?feid=01839&service_id=denwa_uranai

and send us your question.



2011 is just months away, and the year 2012(Year ZERO), widely rumored to be the end of the world, is fast approaching.
Why do we hear this rumor, and what really, is going to happen?

On December 22, 2012, the Mayan cycle of 5012years will complete. Some scholars believe that this indicates the end of the world.
But Mayan scholar Miloq has a different opinion.
“To ancient Mayans, the number zero was more of a symbol of mathematical action, ‘carrying’, rather than ‘nothingness’.” She explains.

-The world will be carried to the next level, and people’s minds will start to change.
What does it mean that the world will be ‘carried’?
Miloq explains that change will happen within people’s minds. Materialism may collapse. People will once again be able to understand the wisdom of mankind that is embedded into arts and myths. As a result, mankind will once again be able to sense the unity of love and nature.

-The key of the year is ‘earth’ and ‘northeast’
In 2011, everyone will be affected by the guardian Jaguar. The anger of the Jaguar, the goddess of earth, will shake the land and cause earthquakes, volcanic eruptions, and territorial conflicts.
It is best to find amicable solutions to any problems involving land and earth in order to avoid the Jaguar’s wrath.
In the heavens, there are frequent movements in the northeast. Throughout 2011, a trip northeast may bring about good inspirations.


-The world will experience peace from April to August
Until March, time is guarded by ardent guardians, such as Wind and Eagle. Activities involving change and gambling should be done before March. Activities needing steadiness, such as moving and buying houses should be done from April to August.


-Japanese politic will experience a hard year
Naoto Kan and Ichiro Ozawa are both members of the Alligator clan. This clan is strongly influenced by the trend. During hard times, the members of this clan tend to wane. The only ones who can help are the members of the Jaguars. If a strong Jaguar comes into the political scene, both economy and politic may make a better turn. We can only hope…


★This article was posted on Nov.29, 2011 on Excite telephone fortune telling service.

More to Message from the Mayans:

ブログトップ | ログイン