タグ:HAARP RING 白い輪 ( 1 ) タグの人気記事

みなさん、こんにちわ☆

今年の夏は世界中が本当に大変なことになっています。
b0213435_1553613.jpg


九州では豪雨により大被害を受け、25万人もの住民の皆さんが避難を余儀なくされました。
また日本全国で連日の猛暑にたくさんの方が熱中症で倒れています。

インドは干ばつと洪水という極端な災害に今も苦しんでいます。
アメリカ南西部、南東部の気温などはとんでもない高温状態が続いているようで、7月から殆ど雨が降ってないそうです。

b0213435_1544135.jpg

トウモロコシなどの穀物は壊滅的な状態。
またオクラホマ州、アリゾナ州、アーカンソー州、コロラド州、ユタ州などでは大規模な森林火災が発生しています。

気象庁のデータによると米国では7月だけで領土の56パーセントで12年ぶりとなる非常に暑く乾燥した天気が続いていたとあります。

中国北部、北西部では豪雨によって黄河の水があふれ出し、4万人を超える市民が洪水を逃れて避難しました。

先週北朝鮮を襲った洪水および嵐は、8万4千名以上の家を破壊し、3万人以上が死亡。
シベリアのオムスク州では、30を超える森林火災が発生、非常事態に陥っていました。

南極の氷河もほとんど溶けてしまったというニュースにも驚きました。

南極の氷河の下でグランドキャニオンほどの大きさの谷発見

26.07.2012, 11:26
 英国の学者らは、南極西部の氷河の下で巨大な谷を発見した。
 谷は、南極南部の氷河の下に位置している。イタル・タス通信が伝えた。  調査を率いるアバディーン大学のロバート・ビンガム教授は、「我々は氷層の下に大きな谷があることをつきとめた。この断裂の発見では、氷河表面の氷の厚みが低下しているという情報と一致していることが特に重要だ。私たちはこの地域での氷河融解を人工衛星から20年にわたって観測していた」と述べた。学者らによると、氷河や棚氷が融解した結果、2003年から2010年にかけて世界の海面水位は1.5メートル上昇した。


このようなニュースを数えたらきりがないほど、今年は天候が自然発生現象的ではありません。
何億年も前から生命を育んできた惑星「地球」が、わずか1年の間にこのような打撃を星自体に与えるとは考えられません。

前回の記事で少しだけ書きましたが、古代マヤの人たちが見ていたものは何だったのか?!についての続きです。

b0213435_1585921.jpg

前回の記事:古代マヤの予言とプラズマの関係w

多くの人が様々な角度から、色々な知恵を絞って地球を救うべきときがきています。
それが「いま」です!

科学者や研究者だけが考えることではない。
私はそう思います。

出来る限りの可能性を考えつ古代の知恵を紐解き、現代人が犯してしまっている科学の過ちを正すべきでありまた地球を救うべきだと思うのです。

★古代マヤの人たちは空に「ある不思議なもの」を見ていた!

マヤ神話―チラム・バラムの予言 (1981年)

新潮社

マヤの予言書です

スコア:


それはチラム・バラムの予言書にある太陽の神官の予言にでてきます。
b0213435_15141277.jpg


神に仕える太陽の神官は、神聖な予言者であり不幸の重荷がどのようにして到来するかを知っていた神託を授かる神人です。

チラム・バラムを含めた5人のマヤ大神官のうち、2人の神官がこう告げています。


「地は燃えるだろう。天にはいくつも輪が浮かぶだろう。」

大空には白い輪がいくつも浮ぶだろう。大地は、カトゥン3アハウと最悪のカトゥン、カトゥン1アハウの間、燃えるだろう。」

「汝らが崇めていたものを棄てよ! 汝らの滅ぶべき神々、哀れな神々を忘れよ!天や地にすべてを創られた神はすべてのものを支配されるのだ。然り、真実の神を崇めよ!」



天に浮ぶ輪とは何だったのでしょう?!
あの中南米のジャングルの空に浮ぶもの・・・
雲でしょうか? それともUFOでしょうか?!

b0213435_15165363.gif

英語では次のように書かれています。
There shall be a white circle in the sky.」

いくつもの白い輪・・
b0213435_1519963.gif


それはピラミッド内部のエネルギーが、天から注がれる太陽放射線や宇宙線、電磁波などと共振しあうときにできる「HAARP RING」と同じものなのではないでしょうか?!

b0213435_1519555.gif


b0213435_1520307.gif


神官らは、天に生じるわずかな徴(しるし)をよみ知るために、星空の観測を怠りませんでした。
古代マヤ人は空に不思議なものが出現したら、そこには意味があり、何かがおこると知っていたからです。

もちろんピラミッドの大きさによって、蓄えられる地熱エネルギーや鉱山エネルギーの量は異なるでしょう。
エジプトやボスニア、海底に沈んでしまったピラミッドも同じ働きをもっているのだと思います。

春セミナーではお話したのですが、マヤのチチェン・イッツァにあるククルカンピラミッドからビームが出ているのを捉えた映像があります。
b0213435_152226100.jpg


また最近になって、ボス二アのピラミッドが発掘されたとき、太陽のピラミッドの頂上からエネルギー・ビームが直接放出されていた。という記事が出てきました。

b0213435_15225274.jpg


ピラミッドの頂上からはエネルギーが放出されています。

http://mitchey179.quazen.com/arts/architecture/impossible-energy-beam-detected-at-bosnia-pyramids/

私たちの祖先はエネルギーを利用したり、放出したりするためにピラミッドを造ったのでしょうか。新たな発見がその答えを見出そうとしています。物理学の国際的な研究チームは、ボス二アのピラミッドを発掘したとき、あり得ないことを発見しました。
太陽のピラミッドの頂上から直接的にエネルギー・ビームが放出されていたのです。
エネルギー・ビームの特徴は:ビームの半径が4.5m、ビームの周波数が28KHZ。

ビームは継続的に放出されており、ビームはピラミッドから遠ざかるにつれて次第に強く放たれていました。物理学の法則からすると、これはあり得ないことなのです。

引用元記事:日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51839643.html


前回の記事にも書きましたが、HAARPは、気象兵器として巨大な暴風雨を発生させ、火山を噴火させ、巨大地震を誘発します。
また、地球のイオン圏を操作し、重力や時間まで操作するとも言われています。
b0213435_15281726.gif


ピラミッドの構造を探り続けた結果、その構造体は巨大なコンデンサや発電機として機能する天然エネルギーの蓄電装置である。そのことを証明するために同じようなピラミッド模型を造った科学者もいるそうです。
b0213435_1529222.jpg


太陽が昇り沈む方位も精密に計測され、大きさも角度も計算されて造られた石造物であるピラミッドには、プラスとマイナスのように相反する磁気力が含まれているはずです。



古代ピラミッドは大地の地磁気を安定させ干ばつから人類を守るため、食物が実るよう大地に雨を降らせるために造られた「古代HAARP」のようであったのではないかと考えられます。

そしてそのことを知るに至った現代科学者がセオリーとして発表をし、世界中の国家プロジェクトとして取り組んだのが現代HAARPなのではないでしょうか。

空に白い輪をみたマヤの神官は、それが豊かな雨を期待・想像させるよりもはるかにずっと恐ろしい天候(異常気象)になると知っていた。
偉大な王国を象徴するピラミッドが完成し、人々は喜んだことでしょう。
これで必ず雨が降る。大地は潤い、収穫は約束されたと王は思ったかもしれません。
しかし、思った以上に激しい天災がおこり、古代人は天の怒りをかってしまったと考えてしまったのではないでしょうか。
だから終末を予感させるような文言を、予言として記したのではなかったかと考えるのです。
b0213435_15304218.gif


今年のような干ばつや大洪水がきて、空の様子に気を留めるようになった方は少なくないと思います。
そしてそれが自然発生的ではなく、何か別の誘因によって気象変動がおきていると感じている人も増えているように思います。

真実はまだわかりません。
それが磁場の逆転(ポールシフト)現象によるものなのか、彗星や惑星Xなど宇宙・天体間の影響なのか、あるいはHAARPのような人為的な操作なのか・・・

原因は明確ではないにしても、今はそのような視点に立って、チラム・バラムの予言の一部を読んでみてください。

〔チラム・バラムの予言〕

「おお、父よ!13アハウはイツァの民の時、マヤパンの時が終わるカトゥンである。唯一の神・フナブ・クの徴は天に現れている。おお父よ! 今やワオム・チェの樹(神の礼拝に立てられる柱)を立て、それが光り輝くことを世界に示す時がやってきた。・・・
天にその徴を上げよう! ワオム・チェの樹を立てよう!今日、告げられる不和は大きい。・・・大地の兄弟たちよ、汝らにのしかかる荷は三倍も重いだろう!・・・然り、心に準備せよ。つぎのカトゥンの間、心に信仰を受けいれるすべての人々にとって、世界は眠りから覚めるだろう!
これは悲しみに充ちた私の言葉である。私はチラム・バラムであり、神に代わり大地全体にゆきわたる、真実の神の御言を伝えたのだ。」

b0213435_153314.gif


古代人の頭脳や知識は現代人のそれと比べて、劣るどころか逆に優れていたのだと古代人の記述書を読めばわかります。
古代人の頭脳を侮るなかれ!
現代科学者たち!